仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2006/9/26 Tuesday

芸術監督という職業

Filed under: - site admin @ 23:10

今通っている市民大学芸術文化で、本日の講義は「現代演劇を楽しみ方」だった。

芸術監督制を採用している主な劇場は次の通り。
公共劇場
彩の国さいたま芸術劇場 (蜷川幸雄さん)
静岡県舞台芸術センター (鈴木忠志さん)
世田谷パブリックシアター (野村萬斎さん)
新国立劇場 (栗山民也さん)
兵庫県立芸術文化センター (佐渡裕さん、芸術顧問は山崎正和さん)
富士見市市民文化会館 キラリふじみ (平田オリザさん)

こう見ていくと、芸術監督というの仕事は頼もしくもあり、演劇だけでなく、政策、宣伝、そして企画までを統括する役割だとわかる。

残念ながら千葉県にはこのような有名人を招聘できるだけの施設がない。千葉芸術劇場を建設し、優れた芸術監督を探してこよう。Jリーグではオシムを向かい入れた千葉県だから、芸術文化の面でも頑張ってほしい。

コメント »

この投稿へのトラックバック URI
http://blog.madio.jp/j/wp-trackback.php/517

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

Leave a Comment

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>


←お手数ですが、スパムよけのために 12345 を左右逆にした数を記入して下さい。

22 queries. 1.018 seconds. Powered by WordPress ME