仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2015/1/31 Saturday

幸田文、青木玉に繋がる幸田家の着物たち

Filed under: - site admin @ 22:31

昨年から、参加しているFBの着物コミュで、着物はもう着られなくなる時期を自然と教えてくれるという話しがあった。青木玉さんが書いている『着物あとさき』に載っているというので、気になって、さっそく注文する。

(注)青木玉さんは、幸田文の一人娘。母が離婚して実家に帰り、幸田露伴と三人で暮らす。露伴の思い出も知っている人。

すると、昨年から気になっていた小千谷縮の雪さらしのこともこの本に書かれていた。着物好きなら、必ず読む名著らしい。読んでいると、『幸田文の箪笥の引き出し』という箇所が出てきて、気になっていた。

昨日、役所に書類を提出した帰り、いつもは通らない場所のBook○○に立ち寄る。すると、『幸田文の箪笥のひきだし』が並んでいた。こちらを最初に読む本がいいのかもしれない。

読んでみてわかることは、幸田家のひとは、物の価値を分かっていて、大切にするものを知っていた。豪華な着物だから、残すのではなく、その着物を身に付けた人の思い、場所や時間を共有することで、手に入れる豊かさのようなものを知っていたのだ。

たまたま、家にも祖父や祖母、そして父の残してくれた着物がある。それを活かして、身にまとい、子どもたちに繋げていきたい。昔の上質な着物は、色を染め直したり、色抜きしたり、まるで新しい物に生まれ変わることができる。

大量生産で物が余っている今と違って、ひとつひとつの反物や着物を大切に繰り返し使ったのだ。よき日本人の原点みたいな一家だ。

コメント »

この投稿へのトラックバック URI
http://blog.madio.jp/j/wp-trackback.php/1579

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

Leave a Comment

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>


←お手数ですが、スパムよけのために 12345 を左右逆にした数を記入して下さい。

22 queries. 1.049 seconds. Powered by WordPress ME