仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2014/3/11 Tuesday

大震災の三年後

Filed under: - site admin @ 17:05

あれから三年経ちました。石の上にも三年という言葉があるように,これが一区切りです。いまだ復興のできてない福島の方々を思うと胸が痛みます。

三年過ぎて、こちらも変わりました。今日、せっかくだからと、無用になったメイルマガジンを停止し、情報も選択して、持ちたいと思います。三年間、一度も使わなかったサービスは手放し、新しいことを受け入れる準備をします。

大震災のとき、活躍したツイッターは、今は流れが速すぎて、仲良しを見つけることができません。同じ趣味、同じ括りの仲間というのは、心地よく、また、相互に思いやることができて、身内のような気がします。

三年前になかったこと、珈琲は豆でお取り寄せして、毎回電動ミルで挽いて入れています。ネルドリップ、カプチーニの用の牛乳も、牛乳用鍋で沸かします。手間はかかるけれど、これが最後の珈琲になるかもしれない、といつも覚悟していれています。

着物を着るようになったのも、震災以後。いただきものも増えました。今年からはようやく二重太鼓も結べるようになり、いままで苦手だった色無地や訪問着も楽しめるようになりました。お稽古にも通いましたが、最後はインターネットで見つけたサイトで、練習しました。

Sora Feti Clubに入って、空の写真を撮るようになったもの、人生を広げました。ここで出会った人びととの交流も心を豊かにしてくれます。会ったこともないのに、心をふるわせる方がいるのですね。

歌舞伎座は、震災後、新装開館され、毎月の演目はきらきらとすばらしい。三階席を取るには、一般では売り切れのこともあって、昨年、歌舞伎座会員になりました。専用のクレジットカードを作り、ここから引き落としになります。毎年の購買実績で、カード会員の格付けも上がり、一般発売前に、購入できます。

三階席のために会費を払って、会員になるのです。そうしないと取れないくらいの人気演目が続きます。

三年経って、会えない友だちも出てきました。おたがいの目指すところが違ってしまったのでしょう。ご縁がなくなったことを悲しむ前に、新しいご縁を大切にしたいと思います。

食材を大切にいとおしく思うようになったこと。特に鮮魚は地元では、数が減って、山陰にお取り寄せしています。安心した食材を使って料理をする。家族の健康を守る、を基本にしています。

洋服、宝飾品の買い物を吟味するようになりました。昔、色違いで大人買いしていた自分が、恥ずかしいです。

スゴ本オフという、本を読む会に入りました。新しい世界が広がり、読みたい本がどっと増えました。知合いから、大型の本棚をいただき、その中に増えた本を収納していますが、すぐに一杯になりそうです。

ロックコンサートは、卒業して、能楽、オペラには積極的に参加しています。芸術というのは、二度と再現性がないから、その時間を共有するしかない、はかないものに時間とお金を費やすのが贅沢。贅沢はすてきです。

毎年、黄金週間に訪れていた、ラ・フォル・ジュルネとイタリア映画祭、昨年から行くのを取り止めました。音楽はもっと濃密に聴きたいし、映画も居心地よくみたいのです。

今年は家族と親戚を大切にしようと決めています。すてきな友だちはたくさんいるけれど、帰るところは家庭です。兄弟も少ないし、従姉妹たちとも長くつき合っていこうと思います。

コメント »

この投稿へのトラックバック URI
http://blog.madio.jp/j/wp-trackback.php/1570

この投稿には、まだコメントが付いていません

このコメントの RSS

Leave a Comment

改行や段落は自動で挿入されます
メールアドレスはブログ上には表示されません
利用可能な HTML タグ : <blockquote> <code> <em> <i> <strike> <strong>


←お手数ですが、スパムよけのために 12345 を左右逆にした数を記入して下さい。

22 queries. 1.039 seconds. Powered by WordPress ME