仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2015/9/12 Saturday

夏着物

Filed under: - site admin @ 22:51

今年の夏は、たくさん着物を着た。

七月には、いただいた絽の着物と、小千谷縮をもって、京都の祇園祭に出かけた。浴衣も持っていったが、祇園祭の場所だけ、大阪松竹座には、絽の着物、廬山人展には、小千谷を着ていった。

考えれば当然ながら、夏の着物は思ったよりも涼しい。軽やかで、風を通して、着ていないような涼しさ。

八月も、異常な暑さが続いたが、夏大島、夏塩沢、夏十日町などの夏仕様の着物で、快適だった。着物ライフを始めたとき、だれも夏着物については、教えてくれなかった。母も夏は着ない人なので、今年になって初めて体験することが多かった。

夏には夏の着物である。帯も羅漢のざっくりしたもの、帯揚げも帯締めも夏のものは、軽やかで、涼しい。帯枕はへちまで自作。

わからないことは教わるのがいちばん。知らないということで、暑い思いもした。
九月も白露からは、単になる。単の紬は、結構と暑い。気温や天気を見ながら、着物を選ぶのは頭を使うが、苦労が実ると充実感がある。

21 queries. 1.119 seconds. Powered by WordPress ME