仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2013/5/29 Wednesday

明治座で五月花形歌舞伎に行ってきました

Filed under: - site admin @ 22:25

5/25 土曜日、30名を超す仲間たちと、昼の部、夜の部通しで、歌舞伎総見をしてきました。
着物のメンバが多く、華やかな一行。そして、目の肥えた仲間たちと、芝居の話は尽きません。

若手歌舞伎ということで、染五郎、勘九郎、七之助、そして、愛之助が参加。若手は演技も真剣だし、若いから、様子もきれいで見ていて、楽しめます。

歌舞伎の神様というのがもしいるなら、染五郎を連れて行くことはしなかった。あの転落事故も、芸の幅を広げて、陰影のある与三郎を演じていました。何ごともなく過ごしていたら、あの寂しげな元の若旦那にはならなかったような気がします。

勘九郎の生真面目な侍ぶりが役に合っていたし、七之助の藤娘は、余裕さえ感じられます。

愛之助は、少し大人で、舞台を締めていました。鯉掴みの熱演もさすが。壱太郎は、可憐なお姫様がまずまずの出来。歌舞伎座の幹部たちの活躍とは別に、明治座で熱い芝居が繰り広げられていました。

リアルタイムのお芝居を楽しむと、毎月出かけたくなります。一生懸命に演ずる人を見たくなります。危険ですね。

mejiza

2013/5/15 Wednesday

夕陽がきれいな日

Filed under: - site admin @ 23:10

毎日、空の写真を撮り続けている。昨年の夏頃から、空の写真クラブに入れてもらって、飽きずに載せている。

青空は清々しく気持ちがよいが、写真となると物足りない。雲が浮かんでいると、表情がでる。嵐の日、風の日などは、おもしろい空になる。空の写真を撮り始めて、夕陽をじっくりと眺めるようになった。これは新しい発見である。

今日は、夕方、あまりに眩しくて空を見ると、金色に輝く空があった。うれしくて、しばしたたずむ。至福な時間。でも、油断していると数分で変わってしまう。その時を大切にしなければと思う。下手な写真でも、師匠を見つけて、真似すると少しはましになるものだ。 

22 queries. 1.168 seconds. Powered by WordPress ME