仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2012/8/29 Wednesday

今できないことは、五年後にはもっとできない

Filed under: - site admin @ 23:05

少し時間ができたら、こんなことをしたいとか、お金が貯まったら、パリに行こうと、考えていてはだめ。それらが、実現することはまずない。

時間がなくても、気になることは始めよう。今できないことは、五年後にはもっとできない。クローゼットの棚を片付けていたら、以前買ったハイヒールが出てきた。ヒールが8cmくらい。こんな靴は普段用ではなく、会社に置靴として備品しておくもの。

ハイヒールは、履くと気分がしゃきっとして、仕事モード全開になるのだが、地下鉄やバスを乗り継いでの外出には向かない。あくまでも、平らなオフィス用である。これを履いて、駆け足で社内を飛び回っていたのは、いつ頃だろうか。

旅行、とくに海外は、お金を貯めていくところではない。行くと決めて、ホテルと飛行機を押さえ、あとはスケジュールに合わせて、仕事をこなしていくもの。やりたいことは、待つ必要がない。今、始めればいいのだ。

そして、旅先では、心を無にする時間を持とう。何か、新しい発見や出会いが待っている。だから、旅や冒険は楽しいのだ。

2012/8/28 Tuesday

月光 〜草食動物の思考〜

Filed under: - site admin @ 23:14

8/24は、代官山で、すてきなイベントがあった。以下、引用させていただく。

池谷剛一 三年ぶりのLIVE&エキシビションのオープニング・パーティー。「草食動物の思考」をテーマに絵と音と食のコラボレーション。珠玉のデュオ、ブラウンライスwith 児山の演奏や「そして僕は天使になった」のLIVE朗読。池谷剛一によるLIVEペイント…絵本に登場する犬の立体展示やBAR。シェフによる絵本に登場するメニューの再現、モリパンの天然酵母パンなど。

前回の渋谷での個展から、もう三年も経っているのか。本当にエネルギッシュで、充実したオープニングだった。

作品展示は、8/24から9/1まで。

ikeya1ikeya1

2012/8/22 Wednesday

8月はなくしたものを見つけるとき

Filed under: - site admin @ 10:45

八月は、長い休みがあったり、人が集ることが多いから、なくしたものを見つけるのに最適だ。12月ほどせわしくなく、四月ほど緊張していない。

昔のSNSはハンドル名で投稿していたから、FACEBOOKになって、そのひとを特定するのは、かなり難しい。趣味、読書、音楽や、食べ物の話から、偶然、昔の話題になって、その人を見つけることができたりする。昔、仲良くしていた人は、ご縁があったから、また、出会うことができるのだ。

人だけでなく、モノやサービスも失せものが見つかる。いままで、ごく身近にあって気がつかなかったようなものも、具現化する。そんなときも五感をすませて暮らしていないと、気づかずに通り過ぎてしまう。

2012/8/21 Tuesday

宿題がまだ終わらない

Filed under: - site admin @ 23:25

夏のうちに、やりたいこと、やらなければいけないことがいくつかあって、それを課題に決めていた。学校は卒業したが、宿題はまだ終わらない。

一週間が、暑いからといって特別みじかくなるわけでもないのだから、忙しいからという言い訳はやめよう。好きなこと、楽しいことのためには、全力を注ぐのに、宿題は、見ないようにして暮らしている。とりあえず、やりたいことから、まず始めよう。夏が終わる前に、やり残したことがないか、もう一度見回してみるとよい。

宿題が終わらない小学生のように、頼りなく、甘えていてはだめだ。自分で決めたことは、少しでもいいから手を付けなくちゃ。

2012/8/18 Saturday

夏の日の銀座

Filed under: - site admin @ 23:18

シャネルのコンサートを聴きに、銀座まで出かけた。土曜日なので、歩行者天国を実施している。夏の日の銀座は、さぞかし暑いかと思ったら、午後にはビルの日陰になって、日傘もいらない。地下鉄から出て、銀座四丁目に立つ。和光のとなりは、きむらや、その先にアップルストアがあり、いつも大勢の人で溢れている。

シャネルのコンサート開場まで、マロニエ通りに並んで待つ。20分前に着いたのに一番だった。実川風さんのピアノは、まるで帽子からウサギを出すように次々と新しい曲を披露する。ご本人は小品祭りだといっていたが、ここまで、多様な音楽家の曲を紹介するのも珍しい。若さゆえの大胆な発想なのか。

帰り道、きむらやで、バゲットを買ってくる。いつも一本だけしか買えないものを二本入手して、ちょっと幸せ。他にも、麻布ナショナルマーケットで求めたチーズなど、荷物がたくさんあるので、銀座から三越前まで地下鉄で、そして、三越前からJR新日本橋に乗り換える。運よく直通の快速が来て、乗換なしで帰れた。

銀座はいちばん好き。夏の日は敬遠していたが、午後なら日差しが陰るのでお薦め。歌舞伎座があるときは、二月にいちどは出かけていた。近いのだから、毎週、立ち寄ろう。

2012/8/17 Friday

夏を楽しむには,続き

Filed under: - site admin @ 23:32

暑い夏に、窓を閉めて、冷房の中で暮らす生活だと、季節の移り変わりを、感じ取れない。日本人なのに、風の音、空の雲の流れなどを知らずに、歳を重ねてしまう。

今年は、積極的に夏を楽しもうと、冷房を止めて、扇風機を回し、自然の中で暮らしている。夜になって、風が涼しく感じられることや、朝晩のゴーヤの水やりは、不思議と生きる力のようなものを与えてくれる。人間は知的な動物というよりは、生き物なのだ。

暑いが、だからといってごろごろしていてはつまらない。この時期、都心ではイベントが目白押しである。明日はシャネルのコンサートに行く。帰りに久しぶりに広尾に出て、麻布ナショナルマーケットで、チーズを買ってきたい。外に出ると、必ず発見がある。

それは、普段の日々では思いつかないようなアイディアを気づかせ、増幅してくれる。夏の町歩きも、それなりに楽しい。ペットボトルに水をいれて、明日もでかけよう。

2012/8/10 Friday

海辺で過ごす日

Filed under: - site admin @ 23:26

上総の国に、別宅があって、ときどき出かけている。山の上なので、風がそよそよと涼しい。日中は直射日光を避けて、南側の雨戸を締めてしまう。この家は四方が窓なので、明るくて気持ちよい。

そんな山の上の家から、ちいばん近い海岸まで30分足らず。道が混んでないのと、信号がないから。着く先は、それほど混んでいなくて、海もきれい。子どもを遊ばせるのには十分なくらい。

今年の発見。江戸の手ぬぐいを重宝に使っているが、海でも威力を発揮する。砂をはたくのにちょうどいい。タオルだと、砂が中まで入ってしまうのに、手ぬぐいだと、砂を払ってくれる。こんな使い方があったのだ。
shinmaiko-beach

大きなテントを持参したので、日焼けもせず、本を読んでいた。昔は泳いだが、いまは、海岸に座って本を読むのが楽しい。夏の日に、海風を感じながら過ごす一日は、特別だと思った。

2012/8/4 Saturday

8月の過ごし方

Filed under: - site admin @ 23:29

気がつくと八月だった。例年のことだが、祇園祭から戻り、江戸の古文書講座のが続く。

こちらは八月は休講だから、七月の最終週まで忙しく過ごす。そして、突然、八月がやってくる。暑いのは夏だから、当然のこと。

さて、この月をどうやって過ごすか、人生にかかわるような大げさなことではないが、対処法を毎年考えてみる。

サッカー観戦、そのあと、懇親会。これは文句なく楽しい。仲間と久しぶりにあって、わいわい騒いで、元気をもらって帰ってくる。

夏のバーゲンに出かけるというのもあり。早朝から並んで、目当てのものをお安く手に入れて、うれしさにあふれて帰還する。暑さなんて、忘れている。

歌舞伎やオペラの観劇。暑いけれど、おしゃれして出かける。こちらは背筋がぴんとするような気がしていい。

以上は、これまで、やってきたこと。

今年はもう少し、優雅なことをやってみたいと、知り合いを誘って、銀座でお寿司の会。暑い日におしゃれして出かける。予約のとりずらいお店だが、知り合いからのご紹介で、運良く入れた。

こじんまりとしたお店のカウンターにすわり、大将のお任せで、お寿司をたべる。お料理も美味しく、生き返る気持ちだ。日本人に生まれてよかったと、二人でいいあう。こういう夏の日もすてきだと、思った。

週末には、いつも日帰りする上総の山の家に、午後から出かけた。木々の間をそよそよと風が吹き、気持ちがよい。夏の夜を過ごすのもうれしい。きっと、早くに目覚めるから、涼しいうちに本が読めるだろう。

夏の日も楽しみがあれば、暑さに負けずに過ごせる。

28 queries. 1.208 seconds. Powered by WordPress ME