仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2009/12/10 Thursday

浮世絵百華、平木コレクションから

Filed under: - site admin @ 23:28

渋谷のたばこと塩の博物館で開催中の、浮世絵展に出かけた。当代の最高のような気がする。まるで、今刷り上がったばかりのような保存状態のよいものばかりだ。

平木コレクションは、重要文化財、重要美術品を数多く含む、世界的に有名な浮世絵コレクションです。今回は、日本が世界に誇れる珠玉ともいえる浮世絵の数々、あまり公開されることのない選りすぐりの優品・名品を揃えて展示いたします。

たとえば、あまりにも有名な葛飾北斎の富嶽三十六景だが、その中の波が立っている神奈川沖波裏だが、これまで見たものとまるで違っていた。荒波と空の対比が、本当には空は荒天の始まりのグラデーションがかかった色になっている。他にも写楽などがあったが、印象が違っていた。

渋谷の公園通りは、むかしほどの賑わいはないが、そこにこんな博物館が隠れたように並んでいるのは面白い。

2009/12/7 Monday

イタリア語入門、上々です

Filed under: - site admin @ 23:31

イタリア語入門に真面目に通っている。文句なく楽しい。先生は南イタリア、ウンブリアの出身だが気配りも機転もきく方。生徒も少し減って、教室はさらに居心地よくなった。ロールプレーが多いので、大人数でも当たる。

社会人がイタリア語を習うのは、旅行や買い物で快適に過ごしたいから。ディプロマを取って、大学入学をするためではない。それよりもイタリアの習慣などを知り、無駄なく、無理なく過ごしたいと思う。先生は男性だが、お料理について詳しい。毎回、新しいレシピを教わる。

今日は数について、100までの数字を習って、バールで注文してみる。最後にお会計を尋ねると、実際にコインとお札を出して、渡すところまで習う。バールでカフェを飲んだ時は、最低10セントからのチィップをカウンターに置く。大きなお札では、お釣りをもらえないことがあるから、必ず,コインを用意する。20ユーロも、あまり使い道がないから、両替する時は5と10ユーロにすること。などなど。

聞いているだけで、もう、イタリア旅行の準備を始めているような気分になる。イタリアの文化や暮らし方など、普段、ダイレクトに知る機会が少ないから、とてもうれしい。忘れていた単語も思い出して来て、このまま三月まで上気分が続くことを願っている。

22 queries. 1.138 seconds. Powered by WordPress ME