仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2008/11/13 Thursday

リア王@国立能楽堂

Filed under: - site admin @ 23:08

早稲田大国際教養学術院教授の関根先生による『リア王』を見てきた。狂言とオペラの融合と題して、どんなものになるのか楽しみだった。
能舞台の上でシェークスピアの悲劇を演じるのは、前回のハムレットと同様だが、今回の主人公は老王なので、舞台が違和感なく繋がっていく。悲しみというのは、大声をあげて泣くことのできないほど深刻さを増す。

カーテンコールもあって、最後はほっとした。見た後の満足感は大きい。
 
翻案・演出 関根勝

殿(リア王): 善竹忠重[大蔵流 狂言師]
越前守(グロスター公): 井上菊次郎[和泉流 狂言師]
道化: 小山陽二郎[藤原歌劇団 テノール]
《 大鼓 》: 大倉正之助[大倉流 大鼓方]

鮎姫(コーディリア): 土田聡子[二期会 ソプラノ]
時忠(エドマンド): 佐藤融[和泉流 狂言師]
時宗(エドガー): 井上靖浩[和泉流 狂言師]
筑前守/茂山忠義(ケント): 善竹忠亮[大蔵流 狂言師]
《 ジャンベ 》: オザザ[バグースバンド]

祐姫(ゴネリル): 岡村和彦/前川吉也 ※ダブルキャスト
沙夜姫(リーガン): 牟田素之    兵士: 稲垣直

21 queries. 1.123 seconds. Powered by WordPress ME