仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2007/1/30 Tuesday

制約があるからよい仕事ができる

Filed under: - site admin @ 23:12

建築家の安藤忠雄さんの講演の後で質問コーナーがあった。そのとき、「もし予算も制限も無くて、好きな所に好きなものを建てられるとしたら、どこに何を作られますか」と尋ねた人がいた。

安藤さんいわく、建築というのは敷地や地形、予算などの制約、制限が必ずあって、その中で工夫して最高のものを作ることに喜びを感じている。だから、制限の無いという注文は受付けないだろう。

仕事は制約があるから、そこに工夫が生まれる。時間がない、予算がない、人出が足りないと嘆いていても誰も助けてくれない。だから、自分で考えてみるのだ。何がいちばん大切なのか、何が急ぎなのか。

時間も予算もたっぷりある仕事を成し遂げたときよりも、制約の中で何か結果を出した方が何倍も喜びがある。もし、締め切りという制約がなかったら、ほとんどの仕事は未完に終っている。

2007/1/27 Saturday

土曜の夜の過ごし方

Filed under: - site admin @ 23:35

土日が休みだと、週末は普通金曜日の夜から始まる。それは仕事から解放され、好きなだけ起きていられる夜だ。

すると、土曜日の夜はどんな過ごし方があるのだろうか。二日続けての夜更かしも悪くないが、今の季節だとスキーに出かけたり、あるいは箱根の温泉に浸かったりと、旅先で過ごすのもすてきだ。

そういいながら、夜、近くの大型商業施設に出かけてみた。道路が混んでいる。給料日後の週末だからなのだろうか。こんなにたくさんの車を見たことがない。

併設のスーパーメルカートで、一週間分の食材を調達し、白菜が安くなっているのに感激する。冬の野菜、冬の魚を楽しむには、自分で調理するのがいちばんだ。白菜があると、鍋にしたくなる。

明日は残った仕事を片付けよう。

2007/1/25 Thursday

建築家 安藤忠雄さんのセミナ

Filed under: - site admin @ 23:42

六本木ヒルズでアーク都市塾のセミナがあった。本日の講師は安藤忠雄さん。

これまで書かれた文章しか知らなかったので、話された時、大阪弁だったのに驚く。東京の人だと信じていたのが可笑しい。創造力は好奇心の仲間で、前に進むことばかり考えている人だ。

日本だけではなく、世界中を文字通り飛び回っている人だが、疲れは感じない。建築家は体力が頼りだと言われていたが、根気も必要。建築家は、制限のある土地に制限のある条件が出されて、初めて燃えるのだという。理想と現実のギャップを埋めて行くのか、諦めてしまうのか。

沸々と沸き立つような情熱にあてられ、自分の事業でも応用できないかと考えている。人は相手を尊敬できると、心を動かす。

2007/1/23 Tuesday

webマーケティングセミナ、ユニクロサイトの事例研究

Filed under: - site admin @ 23:18

マーケティングセミナは、参加された方が満足されるのがいちばんだと思っている。

本日のセミナに時間を割いて、受講料を払い、集まっていただいたお客様が、その場で何かヒントとなるものを掴んで帰ってくれたらうれしい。

ユニクロサイトについては、定点観測を続けてみようと思った。なにかと話題になる企業だが、このようなアプローチはまだないようだ。

マーケティングの理論は時代の空気により、変化するが、変わらないものもある。モノを売るための仕組みが今では、お客様のニーズを察知し、サービスを提供することになっている。

2007/1/21 Sunday

21インチの液晶モニター

Filed under: - site admin @ 22:27

2002年にナナオのFlexScan L565を購入して以来、気に入って使っている。最近、DVDでオペラなどをみる機会が増え、サイズ的に物足りない場面がでてきた。

ナナオの直販webサイトでは FlexScan S2111W が9万円を切って販売している。この際、21型にするか、それともその上の24型にするか、悩ましいところだ。

これって新車を選ぶよりも難しい。毎日、何回となく利用するものだし、仕事上の大切なツールの1つである。大きな画面だといくつも同時に仕事ができて、効率もあがるはず。

新製品が2月には出るのだろうか。スペックを比較するには時間がたりない。こんなときは、期限を区切って結論をださないとだめだ。一応、一月末までとしよう。

2007/1/20 Saturday

愉しみは少しつづ、先に用意して、仕事を続ける

Filed under: - site admin @ 23:45

久しぶりに会った薬剤師の友人から、『仕事に全力投球して頑張りすぎると、癌か鬱になる危険が高い。また、我慢や辛抱を続けるのもよくない』などとアドバイスを貰った。以前はともかく、起業してからは仕事を選んで、自分が愉しいことしか、受けないようにしている。

無理はいけない。実力以上のパフォーマンスを出し続け、燃え尽きた人を何人もみてきた。だから、仕事を続けたいと思ったら、それと同じくらいの愉しみを用意する。イタリア語でいうdivertireだ。

好きなことだけしていたいが、仕事も片付けなければ、というときに、時間を区切って仕事をすると効率が上がる。11時からは好きな番組があるから、それまでに仕事を終えてしまおうと、自分で励ます。

また、愉しいことが終ったら、次の愉しみを考える。それを頼りに次の仕事をこなす。よく遊び、よく学べ、なのだと思う。仕事人間は、豊かな趣味を持たなければいけない。それを老後に取っておこうなどと考えると、身体も頭も働かなくなっている。

若いうちから、芝居やコンサートや絵画展に足を運んで、感性を磨く努力をしよう。

2007/1/19 Friday

ワーク・ライフ・バランス 2007

Filed under: - site admin @ 15:04

労働者の仕事と生活のバランス(ワーク・ライフ・バランス)について、労働政策研究・研修機構が特集を組んでいるが、特に女性にとって、キャリア形成を考える上で働く企業、業態などが大きな差となって現れるような気がする。

外資系では、専門職であれば男女の差は原則的にない。仕事が終われば上司の動向を気にすることなく帰れる。

仕事と家庭の両方ですべてを完璧にしようと思ったら、たぶん病に倒れてしまうだろう。協力者が必要なことなのだ。
企業における女性の戦力化について、労働政策研究・研修機構が主催の
セミナ
が2/2に開催される。

コーディネーターの藤井 龍子さん、いちどお目にかかって名刺交換したことがある。さっそく申し込みをした。

2007/1/18 Thursday

第4回アカデミーヒルズセミナ

Filed under: - site admin @ 23:29

岐路に立つジャパンファッション、グローバル市場のニッポンの今後、という題名のセミナを受けてきた。講師はイッセイミヤケの社長である太田伸之さん。

内容は実際の経験を踏まえた観点からの話で、どれも興味深かったが、ファッションも国際化の波の影響を受けているのだということを改めて考えさせされた。

Fashion is the game named Business. この言葉に尽きるという。そもそもブランドというのは、それを購入されたお客様が満足して着てもらうことになのだそうだ。

2007/1/17 Wednesday

広告を作る仕事

Filed under: - site admin @ 23:39

独立する前は米国系企業で23年間、宣伝広報、販売促進に携わってきた。その中で、いちばん愉しかったのは、広告制作の時代である。

気難しいエンジニアを呼んで、製品の説明をしてもらうが、こんなにたくさんの機能がありますというのは、なにもないも同然だと理解させるのに時間がかかった。何をもっとも伝えたいのか、どこと違うのか、などとチェックリストを自前で用意して、確認していく。

広告担当は若手の新人が多かったので、広告の愉しさを伝えるために撮影現場に連れて行ったりもした。うちのエンジニアたちは、お客様のところで叱られ、営業からはプッシュされ、広告打ち合わせの一時間がいちばん心のくつろげる時だと言われたこともある。

雑誌や新聞の広告担当はよく遊びに来た。世間話をして、最後に広告資料を置いて帰る。まわりの人に恵まれていたのて、一月に何本もの広告を作るのが愉しかった。カメラマンからいきなり怒鳴られ、なぜだろうと思っていたら、気の効かないスタイリストだと思われていたのだ。

やがてバブルがはじけて、潤沢な予算が取れなくなるが、それに変わるものがwebだった。そのとき、まだ誰も気がついていなかったのだが、やる人がいなくて、仕方なく担当したwebサイトの構築が今も役立っている。この仕事は総合的なマーケティングの知識が必要なので、リストラにも合わずに残ることができた。

わたしの後に広告担当になった人は二年足らずで予算が取れずに会社を去って行った。予算がなければ広告はなにもできない。その点、webは10分の一の予算でかなりのことができる。

2007/1/13 Saturday

大阪、京都へ出張

Filed under: - site admin @ 23:47

金曜日に大阪のお客様のオフィスを訪問することになっていて、その合間に無理やり歌舞伎鑑賞を入れて、難波の松竹歌舞伎座に行ってきた。というのも、ここでは、團十郎と藤十郎が300年ぶりに共演するという二度とない演目を上演している。

團十郎の弁慶、藤十郎の義経、そして富樫は海老蔵である。こんな贅沢な、そして精魂込めての芝居に心を打たれ、頑張って仕事せな、あかんなあと思う。

大阪のお客様との会合を早めに切り上げて、京都に戻る。知り合いのイタリア料理店があって、そこでの食事を楽しみにやってきた。牧野シェフの作る繊細で、芳醇味わいの料理にまた、感激する。充実した一日だった。京都は思いのほか暖かい。泊まったホテルから205番のバスで荒神口下車、こんなに便利な場所だとは思わなかった。次回も京都に来たら寄りたい店だ。イルパッチョコーネ 075-256-7223

2007/1/11 Thursday

Weblio

Filed under: - site admin @ 23:15

ご存知の方もいると思うが、Weblioは統合型の辞書として、知らない言葉を調べるときに効果的だ。

昨日から【ベルテッド】はなんだろうと思っていた。1/23に行なう事例研究で取り上げるユニクロの商品の中に出てくる言葉である。洋服の種類なのか、それとも化学繊維の名前なのか、ファション関係の言葉は命名した人のモノだからと、さっそく探したみた。

ベルテッド(ジャケット、コート)
ベルテッドとは、「ベルトの付いた」という意味。トレンドのジャケットは細いベルトの付いたもの。

そして、ここにちゃんと、ユニクロの宣伝が出ている

新ユニクロサイト誕生
uniqlo.jp
最新トレンドを取り入れたアイテムの旬コーディネートをご提案

こういうサイトに広告を出すの戦略の一つだと思う。検索サイトで、検索した結果の表示と宣伝はセットになっているのだ。

このweblioの優れた点は、専門性の高い分野での検索ができることだろう。ただ検索結果が表示されても、その中か
本当に必要なものだけを取り出す作業がある。これが面倒だからと検索を使わない人もいる。

2007/1/10 Wednesday

渋谷、六本木

Filed under: - site admin @ 23:41

渋谷で仕事を終えて帰ろうとしたら、目の前にバス停があって、六本木経由新橋行きのバスが停まっていた。

渋谷から六本木行きのバスは途中、西麻布の交差点を通る。このあたりは、以前よくお昼に出かけた場所でとても懐かしい。というわけで、予定を変更して、六本木ヒルズのライブラリーで午後を過ごす。年末年始は慌ただしく、今年になって初めての六本木詣でだ。

ライブラリーでは、好きな本を探して、景色の良い場所を選んで本を読むことができる。一冊読むのにだいたい3、4時間かかるから、一日ここで過ごしても三四冊が限度だろう。それでも目が疲れたら、海を眺めることができるし、夕方の茜色に染まる空を眺めているだけで、心が休まる。

佐渡も大好きだが、やはり都会にいると落ち着く。首都高や高層ビルや信号だらけの町だと安心するのだ。昔々、仕事でアリゾナのフェニックスに三ヶ月滞在したことがある。フェニックスは砂漠に作られた人工の町で、道路も碁盤の目ように整備されている。ふたこぶラクダのようなキャメルバックという山があって、オフィスからの景色は異国にいることを意識させた。

それがニューヨークに小旅行をしたとき、都会の騒音の中に身を置いて懐かしさがこみあげてきたのだ。Catsを見た帰りは、まるで新宿にいて、山手線でかえるような気分になっていた。

日頃、都心で働いているが、人形町、日本橋、銀座、新橋、恵比寿、渋谷くらいで、上野から先にはほとんど出かけない。横浜には行くが大宮には行かない。そういう偏った生活をしているのに、都心が好きだというのは、ただのわがままなのかもしれない。

2007/1/9 Tuesday

京都に行くなら近畿ツーリスト

Filed under: - site admin @ 23:46

金曜日から一泊で大阪、京都に出張するが、まぎわになって飛行機から新幹線に変わった。

こんなとき頼りになるのはJR東海ツアーだと、サイトをみると一週間前に受付を終らせなければいけない。行きは新大阪、帰りは京都発となると、正規の切符を買うしかないのかと、諦めていた。

すると、銀行に出た帰りに事務所の近くで近畿ツーリストの店舗を発見。JR往復とホテル付きのプランがあって、新幹線やホテルは自由に選ぶことができるのだ。往復のぞみにしても、この関西プランはお得だ。

これまで京都に出かけるときは、まずホテルを抑えてから、チケットを買っていた。今後はもう少し時間に余裕をもってツアーを選ぼう。

2007/1/8 Monday

事例研究webマーケティングセミナ、1/23開催

Filed under: - site admin @ 23:29

マーケティングセミナにふさわしい事例研究がないかと、ここ数ヶ月頭を悩ましていたのだが、ようやく決まった。

事例研究 マーケティングセミナ:  ユニクロのサイト運営」

10月頃から毎日のようにチェックして、実際に買い物もしてみた。商品のクオリティ、納期、梱包状況などの基本はもちろんのこと、どのようなマーケティング戦略に基づいているのかも研究してみた。

きっかけは、知り合いのバイヤーから、今年のユニクロは違うというコメントである。これも口コミマーケティングの一種なのかもしれない。実際に確かめたことも多く、他では聞けない内容だと自信をもってお薦めする。

2007/1/7 Sunday

モノに執着しないほうが、幸せになれる

Filed under: - site admin @ 23:25

昔から、モノを大切にしないと言われ続けてきた。モノやヒトに執着心がないのだ。

手に入らないものは縁がなかったもの。必要なものは必ず向こうからやってくると、信じて暮らしている。まわりを見渡しても、友だちはみな、モノに無関心だ。持っているものが増えれば増えるほど、在庫管理に時間が取られるし、いつも頭を悩ますことになる。

松の内に、捨てるものはないかと靴箱をチェック。結局、ヒトは気に入ったものだけを繰り返し使っている。いつか使うだろうと取っておいたものは、最後まで使わない。

仕事も同じだ。自分がやるべきことは、向こうからやってくる。ご縁があったお客様と、本当にやりたい仕事ができれば、それで幸福。お金では、幸福は買えない。これは昔からの正論である。

2007/1/6 Saturday

年賀状は松の内に出せばよい

Filed under: - site admin @ 23:24

メイルや携帯メイルのある今、年賀状を書くのは本当に数少ない知り合いとお客様に限っている。今年は大晦日に出したので、二日や三日に相手先に届いたはず。

知人も同じことを考えているらしく、正月に入って、毎日、賀状が届く。すると、慌ててこちらも返事を書いている。結局、毎日、賀状を書いていた。

昔から思っているのだが、年末の慌ただしさの中で書くよりも、新年の静まり返った清々しい朝に書いた方が、ご利益があるような気がする。そんなわけで、遅れて賀状が届いた方、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今年の年末は11月頃から、年賀状プロジェクトを作って、人並みに頑張ります。

2007/1/3 Wednesday

寿初春大歌舞伎を歌舞伎座で鑑賞

Filed under: - site admin @ 23:44

お正月らしい出し物がたっぷりで、今月の歌舞伎座は、二倍愉しい。どの演目もたっぷりで、その替わり幕間が一つしかなくても文句を言う人はいない。

歌舞伎の楽しみ方は、地下鉄を銀座で降りたところから始まる。松坂屋からゆっくりとデパートや専門店を冷やかしながら、きむらやで食料を調達し、東銀座まで、人ごみを避けながら歩く。まだ三日は店が休んでいるから、お弁当は銀座で用意した方がいい。

銀座や歌舞伎座は、晴れ着を来た人が多く、男性の着物姿も目立っていた。毎年、お正月は歌舞伎座に行くことにしているが、今年は席もよく、演目も充実していて、大満足だった。

特に踊りを習っている人はみな行くべきだと思う。今回は女形が中心で活躍するのが愉しい。久々の玉三郎も哀しさと艶なる表情をみせて、さすがに円熟している。

2007/1/1 Monday

新春の静けさ

Filed under: - site admin @ 23:19

一日違いなのに、大晦日から新年を迎えると心が静まる。

重箱にお節料理を並べ、佐渡の純米酒の生を片口に注ぎ、無名異焼きのぐい呑みで新春を祝う。器だけでも、各地から取り寄せたものばかりだ。今年は、元日早々、来客があるのでお節を手作りした。伊達巻き、栗きんとん、黒豆、鰆の照り焼き、筑前煮、厚揚げとタコの炊いたもの、レンコンの酢漬け、豚ロースのローズマリーとワインで蒸したもの。

伝統的な料理も一部残して、洋風なものも取り混ぜて用意する。マグロの刺身や、おぼろ豆腐などに人気があったのもおかしい。手の込んだ料理よりも、シンプルで飽きないものがよいみたいだ。

一日、年賀状を眺めたり、新聞をじっくりと読み直したりして過ごす。

もうひとつの楽しみがオペラ鑑賞。椿姫のDVDが二種あって、ひとつはローマで求めたものだが、なんと字幕が、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語と、イタリア語が入っていない。1993年の歌劇『椿姫』全曲 ピッツィ演出、リッツィ指揮、グルベローヴァ、シコフ、ザンカナロ。最近、日本語版も出たようだ。

そして、最近求めたのが歌劇『椿姫』全曲 ゲオルギュー、ロパード。可憐なゲオルギューが演じているので涙をそそる。これをPCの画面で見ているのが、わたしの休日スタイル。手軽で、好きなところで止められるので気に入っている。

38 queries. 1.686 seconds. Powered by WordPress ME