仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2005/6/30 Thursday

【週刊】キャリアコーチのブログ

Filed under: - site admin @ 22:27

総務省の報告書によれば、ブログは若い人、女性を中心に取り入れられているというが、実際のところ、私の周りでブログを始めた人は、キャリアバーソンである。

語るべき何かがないと、ただの日常日記に終わってしまう。この【週刊】キャリアコーチのブログは、現役のキャリアコンサルタントが週末に更新しているキャリアブログだ。もともとの知合いだが、弊社のブログセミナに参加して、いきなりブログを始めてしまった。ブログが簡易型ホームページ作成ツールとよばれる由縁でもある。

仕事が空回りしている人、また、実力があるのに発揮できない人はコーチングを受けてみるとよいと思う。コーチングの基本は自分で考えて実行することで押し付けはない。その人がもっている力を最大限に活かせるようコーチは心配りする。

コーチングを受ける時間がないひとでも、一通り記事を読んでいるだけで、なにか、ヒントが与えられると思う。

2005/6/29 Wednesday

パレルモの優雅な?生活

Filed under: - site admin @ 22:42

シチリアのパレルモに住まいするKinukoさんのブログ。単なる旅行記ではなく、そこに生活しているから体験する貴重な情報が満載だ。ブログから旅行先を調査するのは、もはや常識になっているが、ここまで丁寧に、かつ、内容の深いブログも少ない。

米国や欧州では、個人サイトがジャーナリストブログとして、情報発信しているが、それに近い。お気に入りのリンク先など、眺めていると嬉しくなる。

2005/6/28 Tuesday

Musical Baton

Filed under: - site admin @ 21:16

知合いの方から『Musical Baton』なるものが渡された。はてなで調べてみると 1本が5本になる不思議なバトン。とある。チェーンメイルの一種なのだが、裏でなにかマーケティングの調査をしているのではないかという匂いがする。

■ 概要
海外のブログに端を発する、音楽に関する企画。
音楽に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら、自分のブログ上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、というルール。
■ 質問*1
• Total volume of music files on my computer (コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)
• Song playing right now (今聞いている曲)
• The last CD I bought (最後に買ったCD)
• Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me (よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)
• Five people to whom I’m passing the baton (バトンを渡す5人)

たとえば iPodのような製品を開発している人が、音楽好きな人のファイル容量を調べて、それに対応する製品を作る。あるいは、今聞いている曲、最後に買ったCDの相関をみて、リメイク版を作る。

この概要を見ているだけで、いくつものマーケティングプランが浮かんでくる。つまり、誰かが、その意図で行なっているのではないか。

音楽好きの人は語り始めたら止まらないが、それは強制されてやるものではなく、自分がやりたいようにやっているだけなのだ。そんなバトンを音楽好きな人に渡すのはちょっとつらいかも。

2005/6/27 Monday

NPOの在り方

Filed under: - site admin @ 22:59

三年程前から参加しているNPOがある。クリエイターを支援するNPOで毎月一回開かれる総会では、ゲストが話をして、また議題を討論して、わくわくすることばかりだった。
それが三年間のうちにNPOを引っ張っていくはずの理事たちが相次いで転職、独立して、毎回、理事会を開くことも困難になってきた。だれが悪いの問題でなく、現実にどこでも起きうる話だと思う。

参加者の合意の元に開かれるはずのセミナもクリエイターたちが、苦労した割にはあまりばっとしない。マーケティングのプロや権利やストリーミングのプロがいるはずなのに、彼らの意見が聞けない。

NPOの核となるメンバーはそれなりの見識が必要だ。今の時代、NPOはどうあるべきなのか、みんな真剣に考えているかが、結論はまだ出ていない

2005/6/23 Thursday

愛・地球博に行きたくなった

Filed under: - site admin @ 22:44

五月に問い合わせをしたオペラ上演の話が公式にリリースされたということで、電話をもらった。2005年7月23日 18時30分から長久手会場EXPOドームでプッチーニの「蝶々夫人」が公演される。

後援は、イタリア大使館、フジテレビ、ニッポン放送、モーストリー・クラシック。これを聞いたら、急に愛・地球博に行きたくなった。イタリア館ものぞいてみたい。この「蝶々夫人」、主演のドイナ・ディミートリゥの蝶々夫人の歌声、そして彫刻家・安田侃(かん)の舞台装置、照明デザイナー・石井幹子の照明という豪華版だ。EXPOドームではスペシャル版が上演されるが、本公演も東京で行なわれる。この時期、名古屋でセミナができたらいいのだが…。

2005/6/21 Tuesday

ラジオNIKKEI from Webmaster

Filed under: - site admin @ 22:14

先日,ラジオ日経の担当者のお話を聴く機会があって、実験的に始めたブログが検索の上位になってお客様からの問い合わせが続いたという。いつの間にか12件ものブログが始まっていた。

どれも面白いが、元webmasterの立場から、アクセス分析などというキーワードに引きつけられてしまう。作りぱなしではなく、こうやって地道にアクセス分析して、反省して次に進むというやり方は、当たり前だが大切なことだと思う。

2005/6/20 Monday

R25.jp

Filed under: - site admin @ 22:36

【R25】はリクルートが毎週木曜日に発行しているフリーペーバーで、あっという間になくなるという評判の無料で読める雑誌だ。そのR25がブログ形式でニュースを発信していることを知った。解説してくれたのはシックスアパートの関信浩さんで、なんと本日のセミナに松葉杖をついて登場した。

このブログのコンセプトは、R25本誌と合わせて読んでください、ということだ。そのため、今週号の見出しなど、フリー雑誌に誘導している。更新は頻繁に行なわれていないが、アーカイブとして、結構楽しめる。

2005/6/19 Sunday

Hanako編集部日記

Filed under: - site admin @ 11:29

5/31にも紹介したが、一か月限定の編集部日記が面白い。裏情報満載というところが、Hanako らしくて楽しめる。女性誌の特集記事ではなく、コラム的にあるいはゲリラ的に好きなことが書けるのがブログのよさだ。

文章をかくのは達者な人々が集まっている編集部だけに、一月と言わずに定番にしてほしいと願うのは、わたしだけだろうか。築地刺身定食、食べてみたいです。

2005/6/17 Friday

鈴木 美潮のdonna blog

Filed under: - site admin @ 22:20

【読売新聞のニュースサイト「ヨミウリ・オンライン(YOL)」をこの5月16日から全面リニューアル、ロゴも一新しました。

中略

(6)ブログからのトラックバックも可能に「エンタメ」の人気コラムコーナー「鈴木美潮のdonna」に、記事に意見を書いている個人ブログがわかるトラックバック機能を、全国紙のサイトで初めて追加。ユーザーと双方向のサイト作りを目指します。】

読売新聞は5/16からで初めてブログを採用、トラックバック機能を付けている。大手の全国紙ではめずらしいことだ。新聞社も読者と双方向のコミュニケーションを考えているらしい。

2005/6/16 Thursday

community arts network

Filed under: - site admin @ 15:11

community arts network
promoting information exchange, research and critical dialogue within the field of community-based art.

このCommunity Arts Network はカルフォルニアに本部のある非営利組織である。なによりもすばらしいのは、奥行きの深さともいうべき、カバーしている内容である。アメリカではこういう団体が多岐に渡って存在するのだ。リンク先もたくさんあって、興味のある分野を眺めていると時間が足りなくなってくる。

About the Community Arts Network

The Community Arts Network (CAN) is a portal to the field of community arts, providing news, documentation, theoretical writing, communications, research and educational information. Headquartered at its Web site on the Internet, CAN is a program of Art in the Public Interest (API), a nonprofit organization based in North Carolina. For a complete explanation of CAN’s mission and activities, see the Welcome page.

2005/6/14 Tuesday

WOMMA: Word of Mouth Marketing Association

Filed under: - site admin @ 23:01

Viral, Buzz, Blog, Evangelists, Influencer, Grassroots, and Word of Mouth Marketing。聞き慣れない言葉だが、あっという間に世の中に広がってしまった。特にこの WOMMA は真面目にその影響力を問いかけている。

世の中の変化により、昔当たり前だったことが次々と変わっていく。広告しても物が売れない時代が始まっている。そんな中で、Viral, Buzz, Blog, Evangelists, Influencer, Grassroots, and Word of Mouth Marketing が無視できない影響力を持ち始めてきた。

このWOMMAであるが、6/13からシカゴで『MEASURING WORD OF MOUTH』というメジャーメントの会合を開いている。

2005/6/13 Monday

Only One

Filed under: - site admin @ 23:21

オシャレなステッキを扱っている素敵屋Alookブログ。まだ今年開業したばかりだが、杖に対する情熱と、お客様に対するきめ細かな気配りがすばらしい。こんな素敵な杖を頼んだら、歩くのも愉しくなるだろう。

1本の杖なのに、ここまでカスタマイズができるのは知らなかった。まさにOnly Oneの杖である。

2005/6/11 Saturday

日産 Cube Blog

Filed under: - site admin @ 23:52

日産といえば、TIIDA Blog が有名だが、実はもうひとつのブログがある。5/24にスタートした「Cube Blog」だ。

「Cube Blog」とは新型Cubeのキーワードである「Comfortable」をコンセプトに、ライフスタイルを快適にする情報を発信していくブログ形式のオンラインマガジンです。–by Cube Blog Master

具体的には担当者が複数いて、それぞれの得意の分野で書き込みをしている。複合ブログといえよう。まだ始まったばかりだが、読みごたえはある。情報発信という形では成功しているのではないか。日産だけに今後の展開が楽しみだ。

2005/6/10 Friday

TSUTAYA online BLOG

Filed under: - site admin @ 22:40

TSUTAYAが出している3つのブログは、それぞれ、VIDEO & DVDMUSICGAMEに分かれていて、お薦めのタイトルを紹介している。

ここを見て気に入った作品があれば、予約することもできる。いずれもスタッフのお薦めなので、はずれはないだろう。TSUTAYA onlineも RSS を生成していて、どこからでも検索しやすいようになっている。

2005/6/9 Thursday

日本サッカーミュージアムブログ

Filed under: - site admin @ 21:40

サッカーミュージアムな日々 その11
サッカーを愛する皆様、ご機嫌いかがでしょうか。

もちろん、ごきげんですよね。みんなで、おめでとうです。
OUR VICTORY YOUR VICTORY

ここは、2002年FIFAワールドカップTMの感動と興奮を味わうために作られたミュージアムのブログである。5/11にスタートしたばかりだ。ここに関わるスタッフがリレー形式で随時ブログ更新していくスタイルを取っている。

日本の勝利の余韻を楽しむのにふさわしい場所なのかもしれない。

2005/6/8 Wednesday

日本、ドイツへの切符を手にする

Filed under: - site admin @ 21:57

98年のフランス大会についで、自分たちで勝ち取ったワールドカップ・ドイツ大会への出場権。日本が世界に先駆けて第一号となった。
この日、あちこちで友が集い、TV観戦をしていたことと思う。野球ではここまで熱くはなれない。サッカーというのは、不思議な魅力を持っている。2 - 0 という堂々とした勝利だった。こんなときは、やはりビールで乾杯がふさわしい。34度で湿気が多い中、頑張った日本の選手たちをこころから讃えたい。

2005/6/7 Tuesday

An Invitation to our Friends at Apple

Filed under: - site admin @ 23:38

アップル関連のブログをもう一つ紹介したい。
Sunのジョナサンが、スティーブジョブズ宛の書簡をブログで公開している。

Steve,

Glad to see you’re considering a new platform for the Mac - seems like together we have a big opportunity.

これによれば、Solaris 10 を次世代Mac に採用しないかと呼びかけている。はたして、それが実現するのか、その後の展開が注目される。

Mac on Intel

Filed under: - site admin @ 23:38

So it is true: Apple is moving its software to the Intel architecture. Here’s MacNN’s coverage of the developers conference, where the announcement was made.

新聞社でも報道していたが、こんなニュースはアメリカサイドで確認するに限る。事件が起きたとき、その近くにいる人の考えと、また、正反対の考えをする人をチェックすることで、より公平なものの見方ができる。

Please post links to the best coverage you see in the comments and I’ll move them up here. Thanks.

Dan Gillmor がジャーナリストだと思うのは、こんなコメントを載せているからだ。真実を追求しようとするとき、自分よりも優れた人を認めることができるのだ。ここに載っているコメントをチェックするのも愉しい。

Keynote speech はこちらだ。

2005/6/6 Monday

MacRumors WWDC 2005 Live Keynote Coverage

Filed under: - site admin @ 22:16

WWDC 2005 がサンフランシスコで明日6月6日から開催される。これはApple’s Worldwide Developer Conference で基調講演を行なうのはステーブ・ジョブズである。この日、いよいよジョブズ本人から、新しいMacのプロセッサーについての話が聞けるとあって、注目を浴びている。

MacRumors.comでは登録メンバが新システムを使って、この基調講演にアクセスできるようになっている。ちなみにこの基調講演、日本時間では午前二時からだそうだ。バーレーン戦とは違うから、見る人も限られているのだろう。

2005/6/5 Sunday

相川の厳常寺窯では100%無名異焼きに挑戦

Filed under: - site admin @ 22:59

本日も真野の大膳神社で薪能をみたが、その合間に金山のあった相川の厳常寺窯に無名異焼きを購入に出かけた。この無名異というのは佐渡の金山から採れる赤土でさらさらしていて、そのままでは使えないので、ふつうは粘土をまぜて使っている。

その無名異の土を100%使って焼き物にできないか、挑戦した人がいる。厳常寺窯の息子の丸山東さんだ。丸山さんは独学で本を読み、バクテリアを働かせることで粘りのある土を生み出して、それを使って無名異焼を作っている。

新潟日報五月十九日号でも紹介されている。この丸山さんの作品は郵送で購入できる。webサイトもあって、紹介されている。

  • 電話0259-74-3185
  • 佐渡市相川坂下町
  • 2005/6/4 Saturday

    6月は佐渡の能楽月間

    Filed under: - site admin @ 21:53

    今、佐渡に来ている。両津の椎崎神社で本日、薪能【橋弁慶】、明日は大膳神社で【羽衣】を鑑賞する。これ以外にも毎週どこかしらの神社で薪能が行なわれるのが佐渡の六月。なぜ、こんな雨の季節に能舞台が開かれるかというと、かがり火を燃やすので、山火事対策なのだそうだ。

    そして、これらの能舞台はすべて無料。地元の方々の持ち出しでまかなわれている。宣伝が下手なのか、どこも混んでいない。三十分前に到着すればよい席が残っている。佐渡には現在も能舞台が三十二棟もあって、そのうちの十数か所で能舞台が行なわれている。

    東京にいるとなかなかわからない佐渡のよさをしってもらいたいと、能舞台の調査、研究を始めたら、能楽関係者の知り合いがたくさん増えた。みな有識者で勉強もしている。こんな高い文化のある都市は少ないと思う。

    夜は温泉に使って、つかれを癒す。極上の週末を過ごしている。

    2005/6/2 Thursday

    第三回アクセス解析カンファレンス

    Filed under: - site admin @ 22:16

    「アクセス解析カンファレンス」実行委員会主催の『ログの日』、今年は6月2日に開催された。
    昔、Webtrendsを使って、毎週ログ解析とレポートを米国に送っていたので、中身についてはよく理解している。
    さすがにこの業界は狭いので、知合いが何人もいた。

    高広さんの『ブランディングのためのアクセス解析有効活用』は特によかった。まず仮説を作り、どんな行動をとるか、それを立証するためにアクセス解析を使う。

    webを作るとき、ストーリーが必要だといわれるが、仮説があって、それが正しいかを検証するためにアクセス解析を活用していた。入口を2つ作って効果を測定したり、お客様の行動分析したりと、少しづつ変えてみる。

    昔のことを思い出して、とても頭が活性化された午後であった。

    42 queries. 1.801 seconds. Powered by WordPress ME