仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2005/5/31 Tuesday

期間限定 Hanako編集部日記

Filed under: - site admin @ 22:33

近ごろ都に流行るもの、といえば期間限定のビジネスブログである。マガジンハウスでもHanakoが、ブログを採用。ココログとのタイアップである。

今号のブログ特集ページ内で「ブログを立ち上げる」企画を実施しました。どうせ立ち上げるなら、Hanako編集部でも作ってみよう! ということで、本誌のウラ話、制作秘話などをお届けするブログ「Hanako編集部日記」を作っちゃいました。6月30日までの期間限定で、編集部スタッフが「この特集、撮影のときにこんなことが……」など日々のあれこれを、写真とともにお伝えします。今号本誌と連動した、スタッフ6人の日記がすでに公開中。

編集者のウラ話がどこまでお届けできるかが、鍵になると思う。ブログの簡易性、即効性などのすぐれた面は使ってみないとわからないから、タイムリーな企画だと思う。限定といわずに、ずっと続けてほしいと思った。

2005/5/30 Monday

総務省の出したブログ・SNSの現状分析および将来予測

Filed under: - site admin @ 22:38

2005年5月18日付けで総務省が発表した『ブログ・SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の現状分析及び将来予測』について書き留めておこう。

國領二郎 (慶應義塾大学環境情報学部教授)率いる「情報フロンティア研究会」の検討事項の1つとしてこの調査が行われた。

ポイントだけ述べてみたい
1. 2005年3月末までで国内ブログ利用者は約335万人。このうち、実際にブログを書いている人は95万人。
2. 2004年度のブログ市場6.8億円が、2006年度には140.6億円に、
  また、関連市場は2004年34億円から2006年度には1377億円に達する
3. SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)のアクティブユーザは、2004年に80万人が2006年に751万人に達する

ブログ:
ウェブサイトへのリンクを張り、そこに個人の評論を書き加えた情報が時系列に表示されるウェブサイトで、ある程度頻繁に更新されるもの
 
SNS:
新たな友人関係を広げることを目的に、参加者が互いに友人を紹介し合い、友人の関係、個人の興味・嗜好等を登録していくコミュニティ型のウェブサイト

報告書 PDF版

おかしいのは報告書の中にSNSの認知度 聞いたことがないひとが55.3%と過半数を越えている、とあること。

本日、法律事務所に打合せに出かけたが、弁護士の方はSNSのことをまったくご存知なかった。

2005/5/29 Sunday

第3回 Webクリエーション・アウォード

Filed under: - site admin @ 22:31

第3回 Webクリエーション・アウォードニュースBlogが5/24から始まった。これは(社)日本広告主協会 Web広告研究会が開催しているもので、今年で第3回目になる。

第1回からの、各分野で活躍された「人」にスポットを当てる、という独自のコンセプトを継承し、急速に進化するWeb業界の原動力となる「エン人(engine)」たちを、敬意を持って称えたいと存じます。
(中略)
本アウォードが、Webの世界における人材の発掘・育成に繋がることを念じてやみません。

イベントに対して、webページだけでなく、ブログもスタートさせるのはよい試みだと思う。ただ、始めたからには、更新ももっともっと頻繁にしてほしい。webサイトが日々変わらないのだから、せめてブログで最新状況の説明があってもいいのではないか。

2005/5/28 Saturday

6/15開催 今日から始めるa-blogセミナ

Filed under: - site admin @ 22:02

ビジネスブログセミナでも紹介した松坂屋本店日記を作っている(有)アッブルッブルが、初めて東京地区でa-blog紹介セミナを行なう。料金は無料、特典あり。

a-blogという名前はまだ知られていないが、Movable Typeの日本発進化版と考えると分かりやすい。弊社セミナで紹介するために実際に使ってみたが、写真と文章をレイアウトするのが、簡単にできてうれしい。

2005/5/27 Friday

What Professional and Citizen Journalists Can Learn From Each Other

Filed under: - site admin @ 21:04

米国のジャーナリスト・ブログの第一人者であるDan Gillmor、彼のブログは平易な言い回しをしていて、穏やかだが、力強さと真実がある。ソウルで開催されるWorld Editors Forumでの基調講演の内容を珍しく全文載せている。長いが分かりやすい文章だ。

特に最後の部分で語っている言葉が印象的である。

But money is not the major push behind citizen journalism. It is the entirely human desire to tell each other our stories, to help each other navigate through this complex and often insane world.

2005/5/26 Thursday

ITConversation

Filed under: - site admin @ 22:00

New Ideas Through Your Headphones
IT Conversationはリスナーのためのwebサイトである。
ここでは多彩なゲストが講義もしている。英語だけだが、聴いている勉強になる。

たとえば、スタンフォード大学の社会学者であるSusan Kriegerが講義をして、それをわれわれは無償で聴くことができる。それぞれのPCの環境を配慮して、Windows:: WinAmp, Sonique, Zinf
Macintosh: MaCast, SoundJam, Apple’s iTunes, Linux/Unix: MPG123, Zinf をサポートしている。これらの記事がすべてブログ形式でまとめられているのだ。

2005/5/24 Tuesday

Mac Rumors blog

Filed under: - site admin @ 22:23

Macに関するニュースと噂話を取り上げているブログがある。昨日のニュース、アップルがインテルプロセッサーを採用か、が気になったので、こちらもチェックしてみた。

さすがに515ものコメントが入っている。ランキングでは、賛成186 vs 反対602。これだけのコメントをどう処理しているのかと気になって調べてみたら、コメントできるのは登録されたユーザのみである。登録するとemailにURLが送られてきて、それをクリックして初めて使えるようになっている。

Welcome to Mac Forums! というメイルをもらってメンバになると、真面目にコメントしようと思うから不思議だ。全部のコメントを読む時間はないが、ひとつひとつは短いので、今、みんながなにを考えているかを知るよい機会になる。マーケティングを考える立場としては、こういうユーザブログが新鮮だ。

まさに今を切り取った情報というブログの特性を活かしている。

2005/5/23 Monday

livedoor 外報記者ブログ

Filed under: - site admin @ 22:56

あのライブドアが海外からの通信ニュースを配信している。名付けて livedoor 外報記者ブログ。ニュースだけにチーフディスク増谷さんの経歴も公開されている。

5/23のMacの話はなかなか興味深い。長年Macを愛用しているので今後の行方が気になるところだ。

引用始め

米アップル、マックにインテル製チップ採用を検討か
【ライブドア・ニュース 23日 東京】 − AFX通信によると、米パソコン大手アップル・コンピュータは、同社のパソコン、マッキントッシュに、米半導体最大手インテル製チップを採用することを検討している模様だ。米経済紙ウォールストリート・ジャーナルが、業界筋の話として23日付で報じた。また、同紙は、アップルが、長らく同社にチップを供給してきたIBMとの関係を打ち切るかどうかは不明とした。 【了】

ライブドア・ニュース 城塚愛也記者
(記者ブログ:http://blog.livedoor.jp/acowslip/)
(参照:http://blog.livedoor.jp/emasutani/)

Copyright 2005 livedoor. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed. Xinhua Finance Ltd.contributed to this report.

引用終わり

さらに ライブ記者cowslipのストレンジ・ニュース ということで、こちらはもっと個人的なブログが展開されている。ライブドアから見た、ニュースをチェックすると、どんなところに関心があるのかが分かって、新しい視点を見つけたような気がする。

2005/5/22 Sunday

Stanford Law School Blogs

Filed under: - site admin @ 22:43

スタンフォード大学は、シリコンバレーの中心に位置する総合私立大学である。そこのLaw Schoolが作っているブログは興味深い。

ここは各教授たちの法律に関するブログが並んでいる。それもシリコンバレーだけあって、FCCの規制の判決などテクノロジーに結びついているものが多い。ブログからニュースを遡るのはアメリカのサイトを見る楽しみのひとつである。それぞれのブログにはbio(経歴)も載っているので、どんな人がどんな考え方をしているのか、一目で分かる。

シリコンバレーのニュースを裏側からチェックするときのひとつの視点になるだろう。

2005/5/18 Wednesday

the 2005 bloggies

Filed under: - site admin @ 22:45

The Bloggiesが主催する weblog awardsが今年も発表された。ルールはみんなで投票するのだが、対象は2004年に継続してあるblogsとなる。

Voting closed at 10:00 PM EST on Thursday, February 3. The winners were posted on Monday, March 14.
投票は2月3日に締め切られ、3月14日に受賞者が発表された。
これは賞金も少額で(2005年にちなんで2005 US cent)、どちらかというとお祭りの要素が含まれている。south by southwest festivals + conferences 授賞式がセミナとセットになっているのが、アメリカらしい。それでも愉しいサイトがたくさんあって、全部チェックしてみたくなるのだ。

日本のブログ大賞は、もっと重かった気がする。コンテストに置ける日米比較も面白い。

2005/5/17 Tuesday

IBMもコーポレイトブログを開始

Filed under: - site admin @ 23:10

Early next week IBM will introduce the largest ever corporate blogging initiative in a bid to encourage any of its 130,000 staff to become online evangelists for the company.

SiliconValleyWatcherによれば、いよいよ来週からIBMが全社的にブログを採用するという。IBMは15000人のlayoffsを計画していて、欧州では13000人以上の人が失業する。 そして、ブログがこれらを補完していくれるのではないかと期待している。これを知ったのはsunのジョナサンのブログからである。

新製品についてのお知らせはニュースリリースだと信じていたら、ブログの方が早いことがある。それだけ読んでもらっているということなのかもしれない。普通の人は企業のリリースなど読むことがないのに、それがブログ形式になってしまうと、興味津々で読んでしまう。だから流行るのだ。 

2005/5/16 Monday

Creative Commons Blog

Filed under: - site admin @ 22:42

クリエイティブ・コモンズとは、スタンフォード大学のローレンス・レッシグ教授らが提唱している活動で、簡単にいえば、クリエイターが著作権で保護されたクリエイティブな作品を他者が使いやすくするための条件付けについて、著作権者自身が、誰にでもわかる形で宣言できるようにするとともに、それを他の人々が使いやすくしたものである。

日本でも活動が始まっていて、グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)がクリエイティブ・コモンズ・ジャパンを立ち上げている。

ここのweblogがおもしろい。リンク先に新しい世界が開けていき、いつも発見がある。

2005/5/15 Sunday

Bayosphere

Filed under: - site admin @ 22:29

Dan Gillmor が新しいコミュニティを作り、citizen journalismを前進させていくことになった。typepad とも決別して、ブログの機能も強化し、コメントのルールも規定している。

すなわち、サインアップしたひとがコメントを書けるようになっている。その目的はコメントスパム対策もあるが、正々堂々と議論がしたいからだという。

わたしもさっそくゴックマークを訂正した。これから先、どんな発言がでるのか、楽しみである。

2005/5/14 Saturday

Good Morning Silicon Vally

Filed under: - site admin @ 11:18

Good Morning Silicon Vallyは、siliconvalley.com が作っているブログだが、シリコンバレーからの最新情報がリアルタイムで知らされていて興味深い。

日本のマスメディアがなかなか紹介しないようなニュースが満載だ。これが毎日更新されているのがすごい。また,中の記事にもいたるところにリンクが付けられていて、これを辿ってニュースの詳細を知ることもできる。週末にここを見るのは極上の時間の過ごし方かもしれない。ただし、ITマニアの人にとってである。

2005/5/10 Tuesday

New York Times がブログを開始

Filed under: - site admin @ 22:04

2/20に紹介したが、New York TimesがAbout.com を取得し、5/16からいよいよブログを始める。そして、別の記事によれば、紙面をブログ形式にするのではないかといわれている。

いずれにしても、ブログのもつ、リンク性、影響力などが、大新聞といえども無視できないところまで来ていることを表している。EPIC 2014の予言もそう外れていないのかもしれない。

イギリスのガーディアン紙はすでに2つのブログを始めている。
news blog 
observer blog 

ブログを使って、効果的に学ぶマーケティング・コース

Filed under: - site admin @ 18:22

1月から始めたビジネスブログ・セミナはおかげさまで盛況です。自分の関心事をみなさまと共有したいと考えてスタートしましたが、毎日、あちこちでブログの話題が取り上げられています。

そんなある日、長年温めていたプランを実行する日が来ました。題して【ブログを使って、学ぶマーケティング・コース】。
これは仕事で必要だが、忙しすぎてスクール通うことのできない方を対象としています。もちろん、密かにマーケティングの基礎を学び、次の仕事へとステップアップすることも可能です。

対象はすべての方に当てはまると思いますが、できたら若い方に受講していただきたい。若さという感性は、マーケティング的な物の見方の重要な要素のひとつです。もちろん、40代の方でも学ぶことはできます。その場合は、自分の立場や地位を忘れて、素直な,初心を見つめる心が大切です。

このコースはインターネット上の特設サイトにアクセスし、週二回のメイルマガジンで送られた課題を完了させるようになっています。もちろんブログには分からないこと、感想など書き込むことができます。インターネットにアクセスできる環境であれば、会社でも自宅でも、そして出張先からでも学ぶことができます。

期間は三ヶ月、このくらいの時間があると習慣として物の見方が定着します。ご興味のある方は、まずメイルをお送りください。不明な点などにも回答いたします。費用は65,000円、この価格が高いか、妥当か、ご自身のキャリアプランに合わせてお考えください。

詳しい内容はこちらのサイトをごらんください。共に学べますことを楽しみにしております。

2005/5/6 Friday

candidate blogs at the UK 2005 election

Filed under: - site admin @ 22:42

英国の総選挙が終わった。開票結果はブレア首相率いる労働党の勝利である。こんなときは、英国のブログが面白い。
選挙の候補者ブログの中から、Labour と書かれているブログをチェックしてみる。

ロンドン市中心部のCities of London & Westminster Hywel Lloydは、 Decisions, decisions と投票者に決断を迫らせている。

ford & Woodford GreenのJohn Beanseはとてもわかりやすい。10 good reasons to vote Liberal Democrat: WE OPPOSE: BUSH & BLAIR ON IRAQ
ブレアとブッシュを一括りにして反対していた。

意見はちがっても、テンプレイトがBloggerなのには笑ってしまう。ここでは政治的な対立がないらしい。

HenleyのBoris Johnson は保守党だが、Labour has run out of hope, money and ideas と訴えて彼は議席を確保した。コメントが69も付いていて、Congratulations Boris! と書かれている。

2005/5/5 Thursday

AIBO 開発者 Blog

Filed under: - site admin @ 22:18

AIBOが発売されて6年になるという。それを記念して4/25から5/31までの期間限定でブログが始まった。担当しているのは、AIBO開発者の2人。

この6年間でソニーという会社のポジションもずいぶんと変わってしまった。前回のVAIOのときもそうだが、ブログは、期間限定で5週間ととても短い。コンセプトは悪くないのだから、お客様の声を取りたいなら、最低2ヶ月は続けてほしいと思う。aibo

みなさん、こんにちは!
本日より5月31日までの期間限定でスタート致しました、

AIBO 6th Anniversary 『AIBO 開発者 Blog〜北品川の仕事場から〜』

この Blog では AIBO の開発に関わる担当者の生の声を中心に、AIBO の機能紹介、開発裏話やアニバーサリーイベントに関する話題等をお届けして行きたいと考えています。

2005/5/4 Wednesday

NECのwisdom Blog

Filed under: - site admin @ 22:03

NECのブログを探していたら、こんなところに複合ブログができていた。16名による『明日のビジネスを創りたい人へ』のメッセージである。

NECはビジネスリーダーのために、各方面からの智慧や知識を提供する戦略らしい。16もあるので、自分の好きな師匠を見つけてそこに毎日お邪魔することになる。続き物の読み物は前後に移動するのがちょっと面倒だ。カレンダーがあったほうがよくわかるのだが。

それから気になったのはコメントの書き方、いまどき、コメントスパム対策がなされていないのに驚く。online casinos なんかにコメントされて、ずっと放っておくのはいかがなものか。

2005/5/1 Sunday

cafeglobe デジログ日誌

Filed under: - site admin @ 22:07

cafeglobe.com は有名な成功した女性サイトだが、ここのデジカメ日誌がデジログ日誌に変わって、4月からブログが始まっていた。

見たところ、カレンダーも表示されていないし、レイアウトも前のバージョンをそのまま使っている。違っているのは、編集側の更新の容易さ、そして、お客様側が記事についてのコメントをトラックバックできるという双方向コミュニケーションが始まったということだ。

まだ場所が場所だけに、サイトマップでOthersの下の新・デジタル日誌、まだ知られていないのかもしれないが、アイデアとしては、悪くない。トラックバックのみ受付けているのも賢い。他の記事もこれから、続々とブログ化していくのか、愉しみである。

40 queries. 1.808 seconds. Powered by WordPress ME