仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2009/8/2 Sunday

江戸の八月はもう秋

Filed under: - site admin @ 23:59

江戸時代、春は一月から始まる。夏は四月、秋は七月、冬が十月だ。もちろん旧暦だから、夏の四月は五月下旬、衣替えにちょうどよい季節である。

八月はすでに秋。俳句の世界でも、八月の盂蘭盆会(お盆)も秋の季語となっている。インターネットや携帯、そして電気さえなかった江戸の暮らし。人々はなにを楽しみに生きていたのだろうか。

文献などで分かっているのは、とにかく集うこと。仲間で集まって、お祝いをしたり、食事をしたり、並外れたお金を使わずに楽しい時間を過ごすことをしていたらしい。夜の明るさが足りない分、音には敏感だったのではないだろうか。音読による美しい日本語。漢文読み下しの格調高い日本語。

技術の進歩と、人々の暮らしは比例するはずなのに、どこか、忘れているものがあるようだ。

2009/2/22 Sunday

変化を楽しむ

Filed under: - site admin @ 23:20

立春が過ぎて、少しづつ日射しが明るくなってきた。最近、身辺でいろいろな変化が起きている。それらを楽しみながら、肩肘張らずに生きていきたい。

去年と同じことをしていて、次のステップに進めるのだろうか。世の中のこんなに予想外の変化を真面目に捉え、自分の立ち位置を知ることが大切なような気がする。

去年までは、できなかったこと、知らなかったことがたくさんあって、それが何らかの形で実現すると嬉しい。

2008/8/4 Monday

雨を見たかい

Filed under: - site admin @ 19:25

暑い日が続いている。あちこちで大雨、落雷の被害が出ているのに、千葉市だけはいつもかすめていて、ずっと雨が降っていない。こんなに暑い夏は、十年ぶりくらいだろうか。

これを書いている今も、西の空が光っている。空が瞬くように、何度も光って、遠くで鈍い音がする。子どもの頃、あんなに怖かった雷も今では,冷静に観察しながら眺めている。

Have you ever seen the rain? Lyrics Rod版・CCR

70年代のCCRをリアルタイムで聞いた後で、こうやってまたビデオを見ることのできる幸せ。

2007/8/1 Wednesday

PHPをちょっと編集

Filed under: - site admin @ 23:23

高校の同窓会サイトの運営を手伝っている。毎日更新するわけではないので、久しぶりに見ると、コメントスパムと、トラックバックが大量に付いていた。

こんな地味なwebページにも、海外からのコメントスパムは来るものらしい。サイト管理者としては、放っておけないから、トラックバックを制限するという項を参照しながら、PHPを編集してみた。webベースで更新できるのもありがたい。これで当分は大丈夫だと思うが、気が抜けない。

仕事でサイト管理を行なっている人の苦労がよくわかる。ブログは便利な反面、悪質な攻撃に対処するには、システム管理者の助けが必要だ。ビジネズフログを立ち上げるには、このあたりもきちんと考えておかないと、苦い目に会うこともある。

2006/8/5 Saturday

BABY NIKKAN 世界一小さい新聞

Filed under: - site admin @ 23:54

日刊スポーツのwebサイトに掲載されているBABY NIKKAN 世界一小さい新聞。話題は政治、皇室、スポーツ、生活など、多岐に渡っている。評価点が高いのは、読者からのコメントを載せている点で、これがまた面白い。

朝日や日経ではなく、日刊スポーツだからできる技なのかもしれない。新聞を斜め読みして、数社を比較せよというのは、新聞学科で教わった基本だが、インターネット時代には、別のアプローチが必要なのかもしれない。

SNSのニュースサイトや、報道写真サイトで、取り上げられているニュースをチェックするのも面白い。

2006/7/13 Thursday

あらかわ画廊の作品紹介

Filed under: - site admin @ 11:26

前にも書いた「あらかわ画廊」が前のブリヂストン美術館裏から、銀座近くに移転した。明日7/14まで、移転記念展を開催している。

たまたまご縁があって、こちらの画廊ブログを手伝っているが、その作品展のアーカイブを作っていて、現代美術の宝庫のような気がしてきた。ご存知のようにブログはデータの収納庫で、カテゴリー、キーワードで中身を好きなように並び替えることができる。

作品展の種類や、作家の名前で必要なデータが瞬時に出てくる。しかも、絵が付いている。ブログは日記として人気が高いが、このような電子カタログとしての使用法をもっと多くのひとに知ってもらいたいと思う。
特にプログラムの知識を持たなくても、データをカテゴリー付けして入れておけば、後から有効な資料となる。

2006/6/26 Monday

Googleのサービス、いくつ使っていますか

Filed under: - site admin @ 23:20

ドリコムの内藤さんがプレゼンテイタだったweb2.0のセミナで、この質問が出た。おもしろいので、自分でもいくつ使っているのかを書いてみることにする。年に数回というのは除いた。

1. 検索エンジン
Google は、検索エンジンとしてお世話になっている方が多いと思う。

2. Gmail
インターネット接続ができる環境であれば、世界中のどこでも手紙のやりとりができる便利なメイルシステムだ。2Gまで、アーカイブできるから、たいていの人はこれがあれば困らない。招待制になっているので、必要な方はご連絡ください。

3. Blogger
ブログ作成ツールで、もともとはサンフランシスコの Pyra Labsが作ったもので、2002年にgoogleに買収された。

4. google マップ
どこかに行くとき、まずここでチェックしてみる。地図の上下左右を自由に動かせるのも魅力的だ。

5. google カレンダー
これもインターネット接続できる環境なら、場所を選ばないので、スケジュールの確認をするとき役に立つ。

6. イメージ検索
たとえば【edo】と入れてみると、江戸時代のイメージ、たとえば安藤広重の浮世絵などが見つかる。

7. アドワーズ
広告を載せるなら、googleの検索結果に広告を載せることができる。細かな料金設定ができるので予算管理も簡単。

こうやって考えてみると、結構利用していることがわかる。ブロードバンドの時代だから、Googleを検索だけに使っていてはもったいない。

2006/1/17 Tuesday

ニュースはブログで

Filed under: - site admin @ 18:44

1月16日、午後5時過ぎ、わたしは六本木ヒルズにいた。正面玄関に大勢の報道陣がいて、またなにか有名人が来るのかしらと、思ったが待つのは好きではないから、通り過ぎて49階に向かった。最近、ここのライブラリーメンバになったので、時間があると立ち寄ることにしている。メンバーズ・ブログにも入れてもらった。

いつもは混んでいる窓際の席で、夜の東京を眺め、メイルを書いた。その後、大手町で勉強会があるので、6時45分頃、ここを出ると先ほどの取材は終わったらしく、みんな興奮気味で地面に置いたパソコンに携帯を繋いで写真を送っていた。後からこれがライブドアの捜索と知った次第である。

ニュースは各社で取り上げているが、どれも大差がない。というか、期待したような話にはなっていない、きっと規制があるのだろう。
こういうときは、ブログをチェックするといろいろな見方ができる。昔、大学の授業で、新聞は複数読まないと、報道の本質に迫ることができないと言われたが、今はブログがこれに当てはまる。個人の見解というのは、ある意味、的を得ていたり、マスコミの取材よりも真実に近かったりする。

というわけでお薦めをいくつかご紹介します。

ちょーちょーちょーいい感じ
極東ブログ
ネタフル
FPN

2006/1/12 Thursday

まだまだ続くSunとDellの闘い

Filed under: - site admin @ 23:14

12/18から3週間ぶりにJonathanのブログが更新された。

始まりはいつものようにユーモアたっぷりに、今年の目標の1つは短いブログを書くことだ。これは禁煙の宣言くらいぽくにとってすごいことなんだ、と語りかける。そしてラスベガスでひらかれたCESに出かけて、新しいテクノロジーに圧倒され、
“All technology ultimately becomes a fashion item" と語っている。

この後で、軽いジョークをいい、最後に By the way, not to pick on my friends at Dell, but any one else seen the humor in their newest Enterprise Offeringsと括っている。このBy the way, はアメリカ人がよく使う手で、わたしもよく長い手紙の終わりの方に、いちばん大切な話を書いた。

you may recall, we were being our shy and retiring selves by making a passing reference to how our competition had heat and power problems with this ad:
sun

But I guess things have gotten a lot worse in Round Rock, where they now feel it necessary to warn customers about their computers before they’re rudely surprised by their datacenter performance…
Dellのサーバは、電力を消費し、性能も劣っている、サイズも大きい、”Slow, Hot and Huge
dellとすでに述べているのをさらに発展させて、今度は燃やしている。PLAY WITH FIREとわざわざ広告に入れている。

最後には、せっかく新年の誓い(短いブログを書くこと)を立てたのに、まずいスタートだった、とコメントしている。

こんな広告を自分のブログに載せるのも、Jonathanだからできるのだろう。もちろん、sunの広報チェックも入っている。

今年もSunとDellのホットな闘いは続くようだ。だからこのブログからは目が離せない。

2006/1/8 Sunday

アルファブロガーを「もっと」探せ

Filed under: - site admin @ 22:00

いつもお世話になっているFPNで、今年も「日本のアルファブロガーを探せ」投票を受付けている。

□応募概要
 あなたがビジネスや事業の未来を想像したり、将来の自分を考えるために、「今年一年間」最もお世話になったブログを3つだけあげてください。

□投稿方法
 下記のリンク先のフォームから投稿するか、皆さんのブログに書いてトラックバックをしてください。

□対象は日本語のブログ、個人を探したいのでサイトではなく、○○のブログといれること。締切は1/20 金曜日。

ということで、投稿します。
【質問】

 (1)職場の同僚に、「仕事やキャリアに役立ちそうなブログを3つだけ教えて欲しい」と頼まれました。 あなたはどのブログを薦めますか?

 ・ブログ名1と(簡単な理由)mediologic.com/weblog 博報堂、電通と大手広告代理店に勤務した後、さらなる飛躍のため、グーグルに移った高広さんのブログ。広告関連の仕事をするひとは必読のサイト。いつもヒントをもらっています。全然、お返しできずにすみません。
 ・ブログ名2と(簡単な理由) パルレモの優雅な?生活 ローマに8年、パレルモに3年とイタリアに暮らすkinukoさんのブログ。毎回、すてきな写真と、ほかでは知ることのできないイタリア事情を教えてくれる。読んでいるだけで、旅をしている気分で、作者の目線がよい。淡々と書いていることが奥が深くて感心してしまう。
 ・ブログ名3と(簡単な理由)小川文明日記 有名なピアノ弾き、あるいは永遠のロッカーである小川文明さんの日記。アーティストの生活が身近に感じられる。また、何ごとにもポジティブな生き方がすてき。大人のブログである。

 (2)友達や家族に、「何か『面白いブログ』を教えてくれない?」と言われました。 あなたはどのブログを薦めますか?

 ・ブログ名 La Nuit Opératique deux
お書きになっているのは普通の会社員なのだそうだが、演劇やオペラ、バレ−に造詣が深く、毎月、ほとんどの公演に出かけているのではないかと思うくらいすごい。鑑賞ノートも丁寧にまとめられているので、役に立ちます。今年もよろしくお願いいたします。

2006/1/5 Thursday

It’s a New Year and a new media. . .will it be richer or poorer?

Filed under: - site admin @ 23:52

Silicon Valley WatcherのTom Foremskiが書いているブログが愉しい。

2005年は自分にとって初めてのジャーナリストブロガーとしての一年だった。2004年5月にFinancial Timesを辞めて、金銭的には貧しくなったが、驚くほどの経験と洞察力が養われた。こんなふうにブログを書くことがすばらしく、そしてマインドチェンジになることを予想すらしなかった。

ブログは新しいメディアだ。それは印刷されたページではない。インターネット1.0はオンラインの印刷されたページだった。インターネット2.0はRSS, Flash, AJAXなどのユニークなメディア技術を使うことができる。それにより、これまでの印刷、ラジオ、TVなどがなしえなかった新しい何かを創り出すことができる。

ブログは新しいメディアのよい実例の1つだ。それはread-and-writeできるドキュメントで、双方向にコミュニケーションできる。

2005/12/31 Saturday

2005年を振り返って

Filed under: - site admin @ 23:11

起業したのは2004年だが、2005年の1月から始めたビジネスブログセミナのおかげで、ネットワークが広がった気がする。仕事がらみでの知人も増えた。こんなふうに気軽に人々と出会ったり、その後も交流を続けることができるのは、ブログやSNSのすてきなところだと思う。

すべての物事には良い点、悪い点があり、後はその人がそれをどう活かすかだと思う。今年のいちばんの収穫は「DVDの上映言語をイタリア語にして、字幕もイタリア語で見る」ことだ。イタリア勉強コミュニティで知り合った方から教わったこの方法で、昔見た映画を次々と試している。台詞が分かるとうれしい。大晦日もTVは見ない家なので、アマディウスをイタリア語にして、字幕を英語で鑑賞した。イタリアから取り寄せたDVDなので、再生はMac、ここにプロジェクターを繋げて大音響、大画面で見ると、ウィーンにいるような気分になる。

昔、できなかったことが、実現するのは大人になる楽しみの1つだ。

2005/12/30 Friday

METROBLOGGING San Francisco

Filed under: - site admin @ 23:58

Metroblogging San Franciscoは、世界に散らばる10人のブロガーたちが、毎日、写真付きの記事を載せている。それぞれの都市から日々の暮らしを切り取ったものを紹介して、印象深い。

たとえば東京は、mixiの紹介なども書かれている。like Orkut or Friendster という解説が楽しい。こういう外国人が日本をどう見ているのかを知ることも、異文化を理解する上で役立つ。

また、ここに掲載されている宣伝もエルトンジョンのチケット販売があったりして、面白い。情報は真正面から受取るより、こうしてサイドストーリーを楽しんでいると自然と手に入るものである。ブログサイトは奥が深いので、年末年始休みにゆっくりごらんください。

2005/12/29 Thursday

Top 10 Tech Transformations of 2005

Filed under: - site admin @ 23:55

new media musings が12/29に【Top 10 Tech Transformations of 2005】を発表している。2005年にインパクトを与えたテクノロジー、トップ10で、なかなか的を得ていると思った。

1. The edges gain power.
2. Citizens media takes off.
3. The rise of Web 2.0.
4. Google grows into a collossus.
5. Skype hits 50 million users.
6. Social media become a force.
7. Cell phones get smart.
8. Print’s decline accelerates.
9. Podcasting becomes a movement.
10. The power of goodwill.
(more…)

2005/12/28 Wednesday

Simple blog ダイハツ

Filed under: - site admin @ 22:00

自動車メーカーがwebを使ってプロモーションするのは珍しくないが、ダイハツの【カフェプロジェクト】には思わずにやりとしてしまった。お近くの販売店で、居心地のよいカフェのように、ケーキと紅茶を召し上がりくださいと、いっている。期間が三か月もあるのも親しみがもてる。こういうのは話題になったとき、もう終わっていることが多いのだ。さらにアンケート記入者には、キッチンアイテムプレゼントもあって、ターゲットは女性客だとわかる。

このダイハツが11月からはじめた Simple blog もなかなか楽しい。八人の書き手がそれぞれに日記風にまとめているので、飽きない。自動車メーカーも女性がメインだと、女性月刊誌風に変身するものらしい。

2005/12/21 Wednesday

ちょーちょーちょーいい感じ

Filed under: - site admin @ 22:25

ちょーちょーちょーいい感じ、は保田隆明さんのブログの名前。ご本人はいたって真面目ですてきな方である。先日のジャパンブロガーコンファレンスで、会社を立ち上げる話を聞いたが、最近の傾向としてブログで報告する人が多すぎる。

今年、転職の話を聞くのは、これで三人目。それだけブログが日常的に使われているということなのだろうか。それにしても、半年だけの限定付きで会社を設立するのは保田さんらしい。もちろんうまくいけば、続けるのだが始める前からこのようにワーストケースを考えてビジネスを起こす人は珍しい。

これから何が始まるのか、目が離せないブログだ。

2005/12/16 Friday

Japan Blogger Conference

Filed under: - site admin @ 23:31

ブログの年の終わりにふさわしく、ジャパンブロガーカンファレンス(ブログの向こう側を考えてみよう) に参加した。ブロガーのためのブロガーがつくるミーティングだけあって、中身も濃いし、集まってる人たちも濃い。
コマーシャリズムから離れたところで開かれている会合なので、心地よかった。

初めて聞く話も、たくさんあり、みんな勉強しているのだと思う。懇親会では、前からほしかったアルファーブロガーの本が当たってうれしかった。

2005/12/15 Thursday

米国のオンライン・ニュースサイトが読者からのコメントや記事投稿を歓迎

Filed under: - site admin @ 23:44

Online news site to invite readers to post content, add comments.

12/13付けのMercury News よれば、Topix.netは、世界からニュースを集めて載せているサイトだが、シチズン・ジャーナリズム・ビジネスにも参入して、読者に対して、彼らの声を出版する機会を提供している。

これはパブリック・フォーラムの追加と、コメントを書く能力の、境目を整備しようとする動きである。
『読者が書き込むことにより、ニュースの性質は変わって行くだろう、多くの人々はブログを書いたり、参加できる機会を望んでいる。』と、Topixのマーケティング副社長である Chris Tollesは語っている。

実際にこのTopix.net を見ていただければわかるが、各ニュースの最後にComment?と、読者がコメントを書くことができるようになっている。このオンラインニュースは、Gannett, Tribune, Knight Ridder, the parent company of the Mercury News の各新聞社が共同で作っていて、自分でニュースを創り出したりはしていない。Goole Newsのような news アグリゲータである。

2005/12/13 Tuesday

BlogTalk Reloaded お題募集中

Filed under: - site admin @ 21:55

BlogTalks 2.0 というWeblogに関する国際会議が2004年にヨーロッパで開かれた。

次の会議は『BlogTalk Reloaded』で、2006年10月2日-3日と、ウィーンで開催されることが決まっている。この会議、日本から誰かが参加しているのだろうか。表示言語がドイツ語と英語になっている。

BlogTalks 2.0のときの会議の議事録を書いているThomas N. Burgのブログをみると、欧州における傾向がわかって面白い。リンク先を辿るのも勉強になる。

現在、会議の発表内容を募集している。500ワード以下の要約をつけて2006年4月1日までに提出することが条件だ。

We invite you to submit a proposal for presentation at the conference. Possible topics include, but are not limited to:
- form and consequences of emerging social software practices
- social software in an enterprise/educational environment
- political impact of social software
- applications, protoypes, concepts, standards

Due to the interdisciplinary nature of the conference, audiences will come from different fields of practice and will have different professional backgrounds. We strongly encourage proposals to bridge these cultural differences and be understandable for all groups alike.

Along those lines we will offer 3 different tracks.
1 academic
2 developer
3 cases/practitioner reports
For developers, the conference is a great opportunity to fly ideas and prototypes in front of a distinguished audience of peers, to discuss, to link-up and to learn.

Please send your submission along with some personal info - as a plain email text (no html our automatic processing will not accept html-mails or attachments) - to call[at]blogtalk[dot]net. You will receive a confirmation of our receiving your submission within 3 working days.
Submission deadline is April 1, 2006
Length: not more than 500 words

Timeline and important Dates:

Proposal submission deadline: April 1st, 2006
Notification of acceptance or rejection: June 15th, 2006
Paper version due: August 31st, 2006
Presentations and abstracts on website due: September 27th, 2006

We will work hard to endow a fund for supporting travel costs. As soon as we review all of the papers we will be able to announce more details.

2005/12/10 Saturday

latte art

Filed under: - site admin @ 22:44

カプチーノを頼むと、ハートの絵を描いてくれたりする。latte artはオランダからコーヒーアートを発信している。正確にいえば、コーヒーにミルクで描いた芸術である。オランダ語なので、全部はわからないが、ワークショップがあって、描き方の実演もあるようだ。

ほかにもギャラリーがあるので、たっぷりと味わってください。latte art

2005/12/9 Friday

Web1.5

Filed under: - site admin @ 19:10

Web1.5
Web1.0とWeb2.0の間を行ったり来たりしながら半歩先のWebを考えます。

テクノラティジャパン 佐藤 匡彦さんのブログ。

昨日出かけたFeed Business Conferenceではプレゼンタとして出席していた。淡々として,でもいいたいことはしっかりと語る、上級者の発表だった。web2.0に関する記載はあちこちにあるが、佐藤さんのブログは例が適切で、新鮮でわかりやすい。web2.0とは、厳密な定義ではなく、blog, long tail, Ajax, Feed, Podcasting, XMLなどの今後の傾向に対して命名されたキーワードなのだ。これがわかると後は自然に頭に入ってくる。

2005/12/5 Monday

ご報告〜本日最終日

Filed under: - site admin @ 23:45

週末にオペラ三昧の日々を過ごしていたら、高広さんが会社を辞めた話が出ていた。

会ったのは三回だけだが、話題の持って行き方といい、勉強している分野の広さといい、大物である。一企業でよく納まると感心していたら、やはりの告知である。日本の会社では能力ある若い人を二段階くらい上に引っ張って行くことができないから、みんな嫌気がさして逃げ出してしまう。彼の場合はなんでもできる人だから、縛りのない分だけ、世の中の役に立てるのかもしれない。

一部引用-
本日11月30日を持ちまして、現在勤めている会社を退社いたします。
大手と呼ばれる広告会社2社でインタラクティブ部門を経験できたわけですが、とりあえず、明日の広告業界のことを考えすぎて、辞めるはめに(笑
次、何するかは未定です。
引用終わり-

今度はうちのセミナにも、出てもらえるようにお願いしてみよう。

2005/12/2 Friday

@Times: Top 10 Articles From November

Filed under: - site admin @ 22:32

New York Timesが毎月、その月にいちばん読まれた記事のトップ10を発表しているが、11月は次の10点だった。
(登録した読者しか読めないようになっている、さらにいちいちトップの広告が入る)

1) 100 Notable Books of the Year
2) Saying Goodbye California Sun, Hello Midwest
3) Young, Assured and Playing Pharmacist to Friends
4) Just Googling It Is Striking Fear Into Companies
5) Just Try to Sleep Tight. The Bedbugs Are Back.
6) New Disclosure Could Prolong Inquiry on Leak
7) Lobbyist Sought $9 Million to Set Bush Meeting
8) Gimme an Rx! Cheerleaders Pep Up Drug Sales
9) Shop-Till-You-Drop Specials, Revealed Here First
10) For ‘73 Rape Victim, DNA Revives Horror, Too

1) 今年の注目すべき100冊の本、しごくまともだ。休暇にやはり本を読むのだろうか
2) 家の価格が上昇したカルフォルニアを脱出して、ミッドイーストに移り住む家族の話。
3) 若者が安易に薬を友だちに紹介している。
4) ウォルマートがGoogle検索を脅威に感じている。いずれGoogleはMicrosoftやYahooの恐るべきライバルになるだろう。
5) パークアベニューに出現したトコジラミを退治する話。

ニューヨーカーがこんなものを真剣に読んでいるのかと思うと不思議だが、英字新聞は世界のどこからでも読むことができる。だから、NYTimesを読む人の傾向なのだろう。

2005/11/28 Monday

css Zen Garden

Filed under: - site admin @ 23:09

本日、アクセス解析カンファレンスに出席した。アクセスログを扱うセミナなので、基本の基本を教わり、役に立つ。
森川眞行さんのセッションで紹介されたcss Zen Garden は弊社の海外ビジネスブログでも紹介しているが、cssだけでデザイン性を実現させたサイトだ。

モーツアルトがお好きな方にはこんなサイトもご用意できる。

2005/11/26 Saturday

Les Blogs 2.0 Paris December 5th and 6th

Filed under: - site admin @ 20:23

イタリアのサイトを眺めていたら、Les Blogs 2.0 Paris December 5th and 6th の記事があったので、覗いてみる。

Podcastもついている。six apart 主催で、プラチナスポンサーをみると、EdelmanmsnNOKIAfon、ゴールドスポンサーがskypeBULLGUARDHubert Burda Media、メディアスポンサーがEupope1Herald Tribuneとなっている。それぞれの会社概要にトラックバックが付けるようになっているのは新しいやり方だ。

チケットの方は11/22にすべての席が売り切れて、現在は受付終了している。現在までに参加が予定されている講演者一覧があるが、このリストを覚えておいて、ひとつひとつチェックすると面白いかもしれない。

パリで開催なので、さすがに欧州の人たちが集まっている、中身よりも参加者がどんなバックグラウンドをもった人なのが気になるのは、マーケティング的に興味があるからだ。これから先、アメリカとともに欧州も目が離せない。

2005/11/23 Wednesday

Companies I’d like to Profile (but don’t exist)

Filed under: - site admin @ 22:33

Techcrunch

Techcrunchは、ブログの分析やweb2.0の製品、サービスを評価している会社であるが、その主宰者のMichael Arrington
今は存在しないが、こんな会社があったらいいなという会社リスト、トップ10を載せている。

1. Better and Cheaper Online File Storage
2. Blog/website Email Lists
3. Portable Reputations
4. Tailored Local Offers (via RSS)
5. Facebook, in other countries
6. Free Music
7. Open Source Yellow Pages
8. Podcast Transcriptions
9. Decentralized Review Aggregation
10. Build Something Cool with SSE

これに対するコメントもわずか2日間で77にも達している。双方向コミュニケーションの有効な例だといえよう。

2005/11/19 Saturday

Web 2.0 in Italia

Filed under: - site admin @ 22:41

Paolo’s weblogの中に、Web 2.0 in Italia についての日記があるので紹介したい(オリジナルはイタリア語)。

Ma è anche vero che una parte importante di questo web 2.0 (se vi irrita il nome chiamiamola quest’epoca tecnologica) è la componente sociale, non quella tecnologica o economica. Sebbene la penetrazione di Internet in Italia sia a livello da terzo mondo e non ci sia decisamente il tipo di cultura informatica che si trova in California o nel Nord dell’Europa, credo che anche l’Italia possa partecipare a questa fase di sviluppo facendo leva sulle proprie peculiarità.

web 2.0 (この名前で呼ぶのは不合理な気がするが)は、社会の中で必要な構成要素であるが、それはテクノロジーでもエコノミーでもない。イタリアのインターネットは第三世界のレベルである。そしてそれはうたがいもなく、カルフォルニアや北ヨーロッパで得られる情報とは違っている。そして、イタリアはこれらの分野に参加して、成長することが間違いないと信じている。

2005/11/16 Wednesday

「Web2.0」勉強会

Filed under: - site admin @ 21:34

2005/10/5 - 7 まで、サンフランシスコで【web2.0 conference】が開かれた。web2.0というのは、web1.0 に対比したもので、O’REILLY のサイトにわかりやすく説明されている。

引用始め—

In our initial brainstorming, we formulated our sense of Web 2.0 by example:

Web 1.0   Web 2.0
DoubleClick –> Google AdSense
Ofoto –> Flickr
Akamai –> BitTorrent
mp3.com –> Napster
Britannica Online –> Wikipedia
personal websites –> blogging
evite –> upcoming.org and EVDB
domain name speculation –> search engine optimization
page views –> cost per click
screen scraping –> web services
publishing –> participation
content management systems –> wikis
directories (taxonomy) –> tagging ("folksonomy")
stickiness –> syndication

引用おわり—

日本でこのことに詳しいひとりが元日立BOXERの小川浩さんだ。Speed Feed では詳しい解説がついていて親切だ。前置きが長くなってしまったが、この勉強会が11/21に開催される。会場で小川さんのお話をきけるのが楽しみだ。

2005/11/15 Tuesday

Google Blog

Filed under: - site admin @ 23:25

グーグルが無償のWeb解析サービスを11/14から開始した。web解析を事業のひとつにしている会社にとっては大きな脅威になる。それ以上に怖いのは、情報がみんなグーグルに集まるのではないかといわれている。

そんなときに、本家本元のGoogle Blogはなんとコメントしているのか、のぞいてみることにした。

以下引用—

The circle of analytics

11/14/2005 06:02:00 AM
Posted by Brett Crosby, Product Marketing Manager

“Analytics” is a sturdy business catchword, and of course “web analytics” has become its own buzz-phrase in recent years. The tools and services of the web analytics world give businesses precise information on what customers want, so that they can improve their online marketing and website content. These services help provide answers to questions like: Which keywords attract the most visitors? Which email campaigns create more customers? And how to design web page content that holds people’s attention?

We think every online business can benefit from knowing the answers, so today we’re launching Google Analytics. The same service (which used to be called Urchin from Google) used by dozens of Fortune 500 companies is now available to every business on the web. We’ve integrated it with AdWords, it’s easier to use –- and it’s free. We hope that Google Analytics will help improve the overall web –- one site at a time.

引用おわり–

つまり、今回のweb解析サービスの提供は、お客さまのベネフィットになり、どんなコンテンツを提供すればよいかのヒントになると書かれている。当たり前だが、とても誠実な態度である。これが裏で大きな脅威をもつことをみんなわかっていればいいのだが、口当たりのよいシャンペンに酔いつぶれてしまう人がでるかもしれないと思った。

2005/11/14 Monday

総務省 ビジネスブログ及びビジネスSNSの活用事例募集

Filed under: - site admin @ 23:26

10/24に発表された 【総務省 ビジネスブログ及びビジネスSNSの活用事例募集】の募集期間は11/16から12/15までの一月間である。

ビジネスブログ及びビジネスSNSの活用事例募集

1  目的
 総務省では、企業におけるブログやSNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の活用を促進するために、ビジネスブログ及びビジネスSNS(以下「ブログ等」という。)の活用事例をとりまとめる予定です。そこで、他の企業の参考となるような方法でブログ等を活用している企業の取組を募集します。

2  募集期間
 平成17年11月16日(水)〜平成17年12月15日(木)

3  応募方法
 募集期間内に、別紙1(PDF)の様式(2〜3枚程度)により、
 1) 企業の概要
 2) ブログ等の活用内容
  ※社内活用及び外部向け活用のいずれも対象
 3) 本件の問合せ先(公表可能な連絡先。ただし、非公表の場合はその旨も併せて記入してください。)

5  応募資格
 次の1)及び2)の条件を満たす企業
1) 日本に本社を有し日本国内で事業活動を行っていること
2) 他企業の参考となるような方法でブログ等を活用していること

6  今後の予定
 応募していただいた事例については、総務省においてとりまとめの上、総務省のホームページ(http://www.soumu.go.jp/)で公表をする予定です。
 また、特に他の企業の参考になると評価できるものについては、表彰をする方向で検討をしています。


これは今年5月に出された報告書から、さらに絞り込んだ内容になっている。
ぜひ、応募してみてください。

2005/11/11 Friday

トーキョー☆ブックマーク

Filed under: - site admin @ 22:15

トーキョー☆コンシェルジュのblog
私の東京お気に入り

東京の案内ブログなのだが、サポートblogがあったりして、おもしろいなあと思った。

カテゴリーが 日記・その他  買う 食べる  遊ぶ 泊まる 歳時記 マップ プラン 一覧 と分かれていて、項目ごとに探すのがやさしい。

だれが作っているのだろうとおもったら、なんと関西発の会社に旅行社がタイアップしている。記事の中からホテルの予約もできるようになっていた。

サイト運営:(株)関西どっとコム
協力:近畿日本ツーリスト(株)/(株)ジェイティービー/(株)日本旅行/(株)ジェイアール東海ツアーズ/東海旅客鉄道(株)

旅行会社のビジネスブログである。ここまで、進化したのかと思うと一年が早い。

2005/11/10 Thursday

格闘する読売ウイークリー編集部

Filed under: - site admin @ 23:26

格闘する読売ウイークリー編集部
来週号の記事をどうする!?
ブログ版編集会議にようこそ

タイトルのおもしろさについ、紹介してしまう。編集者ブログというのは、最近の流行だと思うが、読売ウイークリーの場合、見出し会議までブログで行なうという点がユニークだ。

ブログ版編集会議では、メールで記事や連載のアイデアを募集中です。
YWメールアドレス yw@yomiuri.com

ここまで来たかという気もするが、読者を巻き込んでファンにするというやり方は、正統派マーケティング手法である。

2005/11/8 Tuesday

野乃屋 手作りせっけん の業務日誌

Filed under: - site admin @ 23:21

世の中に通販サイトは星の数だけあるが、作り手をよく知っているという意味で貴重なサイトだ。
nonoya

野乃屋さんは、手作りせっけんに魅せられて、会社員を辞めて起業した方だ。それからは、オリジナルの限定せっけんを次々と発表して、毎回、驚かされている。このブログはそんな業務日誌ということで、なかなか面白い。

季節せっけんの仕込みから、うまくいかなかったときなどの苦労がわかって、手作りの愉しさが伝わってくる。弊社のセミナにも参加していただき、経営的にも飛躍することを期待している。宣伝ではないが、わたしも使っています☆

2005/11/5 Saturday

JEF千葉、13年後に初タイトル

Filed under: - site admin @ 23:42

秋晴れの午後、国立競技場で行なわれた ガンバ大阪 対 JEF千葉 のナビスコカップ決勝戦を観戦する。入場者数45,000人というのは、JEFの試合では初めてのこと。どちらも勝てば初タイトル。千葉から大勢のサポータが電車に乗ってやってきた。JEF市原から応援してきて13年間、一時は残留争いの苦難もあったが、オシム監督の指導のもと、決勝戦に臨むことができた。
ナビスコカップ

どちらも緊張しているのか、前半、後半ともゴールが決まらず、延長戦になるが、ここでも0対0のまま。試合はPK戦になった。JEFはこのPK戦を予想して、みんな練習を重ねたという。その甲斐あって、5本のシュートが決まり、5対4で辛くも優勝した。勝ってしまえば、どんな方法でもいいのだ。結果が大切である。

いつの間にか、応援ブログもできていた。

2005/10/18 Tuesday

BlogFeeds by Ogilvy

Filed under: - site admin @ 23:12

Ogilvyは、米国に本社のある国際的広告代理店である。その彼らがよくみているブログの一覧が紹介されている。

これはなんのためなのか。権威付け、クライアントサービス、ブログビジネスの獲得、いろいろと考えられるが、ここに紹介されていないブログは価値がないのか。広告代理店が主体的にブログを紹介できる文化は意味のあることだと思うが、日本でやるとどうるのか、考えてしまった。

2005/10/14 Friday

Nuovo iPod !

Filed under: - site admin @ 16:18

ipod
If You Must Have a Video iPod…
Dan Gillmorのプログで新しいVideo iPodの使い方が説明されている。こういう情報がブログに載っているというのがうれしい。さすが、サンノゼからの発信である。こうやって中身をみると、リリースだけではわからないcoolなところが伝わってくる。2.5インチの画面で2時間しかバッテリーがないとして、あなたはお買いになりますか。

2005/10/12 Wednesday

NYTimes.comは、口コミマーケティングもサポート

Filed under: - site admin @ 22:26

The New York Times が About.comを買収するというニュースが流れたのが2/17(米国時間) 。それから、半年以上たってどんな変化が起きているのだろうかと考えた。

About.comは日本では、all about で知られているが、アメリカでは、米国最大のブログ会社を買収したというニュースだった。ブログ会社というは、言い換えれば、ニュースをRSS発信しているということである。(会員にならないと閲覧できない仕組みになっている)

すると、どんなことができるか、Most E-Mailed Articles (人々が気に入って、知合いに送った記事)の一覧が、24時間以内、7日間、30日間で見ることができる。これは人々による口コミのデータである。また、記事のレイティングにもなっている。ブログ化したので、こんなことが簡単にできるようになったのだ。

日本ではいかがなものだろうか。朝日新聞は速報ニュースのRSSを公開している。それだけっ?といいたくなるが、たぶん、あと一年以上、変わらないだろう。

2005/10/9 Sunday

Passion For The Future

Filed under: - site admin @ 23:28

橋本大也さんのブログ。ビジネスモデル学会分科会での講演内容が載っている。参加されていない方にも情報を共有しようという姿勢がさすがだ。

講演内容はしごくまじめで、3種類のメタデータの話が面白かった。

【引用始め】
3種類のメタデータ

    ニュースの場合

  • 幹 マスメディアのニュースソース
  • 枝 専門家、当事者の評論
  • 花 一般読者の意見
    商品情報の場合

  • 幹 メーカー・小売の商品カタログ
  • 枝 専門家、アーリーアダプターの評価
  • 花 一般エンドユーザの体験談
    【引用終わり】

ものを買いたくなるのは、どのデータだろうか。今の時代、ユーザも賢くなっている。情報の出し手と、自分との距離を計って、さらに複雑な判断構造をしている。これがわからないと,モノは売れないだろう。

2005/10/7 Friday

business model org

Filed under: - site admin @ 22:04

本郷で開かれているビジネスモデル学会の大会前夜の研究会に出かけた。この道はことしの三月になんどか通いなれた道だ。題して『ブログ、メタデータの基幹系ビジネス応用』、まあ、これが聞きたいために正会員になってしまった。
biz model

今日初めて 「ポジション・ペーパー」という言葉を聞いた。
□引用始め
これはそのテーマに関するその人の 独自の視点(経験や専門知識、独自の発想による)から問題意識、論点、仮説を表明したもの。 学術上の会議(新知識を創造する場) で論じられるべき論点を明確化し、なぜその論点を取り上げるのが優れているか(有用か、世の中にとって新しいか) を簡潔に説明しておくことが求められる。http://homepages.uhwo.hawaii.edu/~writing/position.htm
□引用終わり

内容はブログやメタデータの話なので、愉しかった。橋本大也さんが紹介された12のサイトも初めてのものが多く、参考になる。司会および発表をされた野村直之さん、時間管理や発表者への気配りなど、さすがプロだと感心することばかりだった。

2005/10/3 Monday

Book Blog Sanseido

Filed under: - site admin @ 23:07

三省堂書店神田本店のブログ。中は会社案内とお知らせで特別なことはしていないが、季節ごとのニュースを発信している点が嬉しい。

10/28から11/3まで 『第46回 東京名物 神田古本まつり』などというお知らせはありがたい。コメントは書けないが、トラックバックはできるようになっている。

出版社のwebサイトはブログの出現で一気に近代化した気がする。各階ごとのイベントが紹介されているのも楽しい。1階の作家サイン会などは貴重な資料になっている。

2005/10/2 Sunday

DEEJAY BLOG

Filed under: - site admin @ 23:05

イタリアのラジオ放送 DEEJAYDEEJAY BLOG があるので覗いてみた。イタリア語のブログだが、リンク集もカテゴリー別になっていて、探すのに便利だ。また、登録すれば自分のブログを作ることもできる。Gratis=free 有料サービスとの比較表もあって、これがイタリアらしい色使いになっている。

ラジオは、on air のボタンを押すと楽しむことができる。こちらは、イタリアの今時の音楽らしい。

2005/9/29 Thursday

Flickr Blog News, offsite status and great photos daily

Filed under: - site admin @ 23:24

flickr blog
Flickrはセミナでも紹介しているが、ブログがあることに気づかずにいた。このブログの特長はなんといっても、写真の面白さである。

また、September 26, 2005のようなイベントの報告もある。

Playing FLICKR v2.0
Mediamatic Screen 23bis: Imaginative Keyword Conversations in Public Space. Playing FLICKR is a public space installation by Mediamatic on the 11th floor of the PostCS building in Amsterdam.

fd’s Flickr Toysというのも使ってみたいものが並んでいる。

2005/9/28 Wednesday

Operacast for Internet Opera Lovers

Filed under: - site admin @ 23:06

Podcasting があちこちで話題になっているが、Operaの放送局というのは、珍しいのではないか。オペラ愛好家にとって、このサイトは価値がある。Dan Gillmorがいみじくもいわれたように、たとえ訪れる人が少なくても、その人たちにとって価値ある情報を載せているブログは、mass media にはできないことをしているのだ。

11/06 0300JST ORF Ö1(オーストリア)64kbps WMP
ウィーン国立歌劇場 生中継
ウィーン国立歌劇場再建50周年記念ライブ
フィデリオ、ドン・ジョヴァンニ、ばらの騎士、アイーダ、
ニュルンベルクのマイスタージンガー、影のない女から
小澤征爾、ズービン・メータ、クリスチャン・ティーレマン
ダニエレ・ガッティ、フランク・ウェルザー・メスト指揮

見ているだけでわくわくしてくる。この日は仕事を休んでひたすらオペラに浸りたい。

特にここのすばらしい点は初心者のために親切に放送聴取のやり方を教えていることだ。

2005/9/27 Tuesday

Dan Gillmor’s seminar

Filed under: - site admin @ 23:03

昨日9/26の20時から銀座アップルストアで開かれたDan Gillmor集いに参加することができて、幸運だった。
dan gillmorphoto by Gen Kanai.

ハードスケジュールで疲れているにもかかわらず、懇親会にも付き合ってくださり、直接話をすることもできた。Danが話す、Grassroots journalism というのは、mass media と対立するものではなく、specific topics に焦点を当てれば、マスメディアは誰も書くことができないから、価値がある。また、大勢が見るのがよいブログではなく、少人数でもそのひとたちに必要な、価値ある情報を提供できればいいのだという。

全体のトーンは、ブログを使ってお金儲けをするというよりは、上質なコミュニティ形成を理想としている。この辺りも弊社セミナでこれまで語ってきたことで、本人から直接話が聴けてよかったと思う。

懇親会のとき、基本的な質問をしてみた。Danはどこでブログを書くのか、という質問である。答えは【every where, as I bring note PC】ただし、ベッドにはPCは持ち込まない主義なのだそうだ。セミナの感想をメイルしたら、翌朝、すぐに返事が戻ってきた。この速さがブロガーなのだと思う。

2005/9/25 Sunday

On the Road: Japan

Filed under: - site admin @ 22:57

Dan Gillmor’s blog を読んでいたら、日本で Blogger Meetup を行なう話が載っていた。それも明日、銀座のアップルストアである。

「米国の参加型ジャーナリズム=ダン・ギルモア氏を囲んで」

開催日程:2005年9月26日
開催時間:午後8時から9時まで
開催場所:アップルストア銀座 (地図はこちら

講演者名:
 ・ダン・ギルモア氏(グラスルーツ・メディア・インク代表)
 ・湯川鶴章氏(時事通信)

講演概要:
 米国で参加型ジャーナリズム研究の第一人者で、自ら参加型ジャーナリズムのベンチャー事業を立ち上げたダン・ギルモア氏が、『ブログ 世界を変える個人メディア』(平和博・訳 朝日新聞社)の日本刊行に際し来日します。
 ギルモア氏は「日本のブロガーとぜひ話をしたい」と語っており、このイベントを楽しみにしています。同氏の短いプレゼンテーションのあと、会場との質疑応答にほとんどの時間を充てます。

※なお、当日の講演及び質疑応答は英語で実施されます。

明日の夜はNPOの総会があるのだが、こちらは毎月やるのだから、急遽Danのセミナに申込をした。取りあえず予約メールが来たので出かけるつもり。それにしても夢は叶うのだ。日本でDanと会えるなんて、まだ信じられない。

2005/9/24 Saturday

Selection for the first call

Filed under: - site admin @ 23:41

ビジネスブログのセミナを開催しているが、sunの石原さんのブログは理想的なビジネスブログである。

【Selection for the first call
第一回の選考が終わった。もうすぐ正式にアナウンスを出すので Blog で一足先に情報公開。】

こういう情報の出し方がうまい。毎日更新しているわけではないが、チェックしていないと大切な情報を逃してしまいそうで、つい見てしまう。毎日訪問したくなるようなブログがビジネスブログの理想で、担当者は日々苦労している。

Call For Paper 第二次募集は9月19日より開始予定。】希望者は急いで応募ください。

2005/9/22 Thursday

How Microsoft can ‘kill’ Google

Filed under: - site admin @ 23:25

Simple - just buy its customers

Microsoft CEO、Steve Ballmer がMS社員に対して“kill Google”と大声で叫んだときに、彼の頭の中に浮かんだことをだれも伺い知ることはできなかった。まず最初にAOL全部あるいは一部を買収することが、マスタープランなのかもしれない。というのもGoogleはYahoo! から飛んできた広告ページに重きを置いているからだ。

1つの試算によれば、Googleは、AOLのサーチエンジンがなくなり、かわりにMSN’sに取って代わられたら380M USD の広告収入を失うだろうと言われている。これは Google のプロフィットの25%カットになり、当然ながら株価にも影響をおよぼすだろう。だから Google は Time Warner とパートナーを組むしかないと思われている。

Copyright © 2005, Faultline
Faultline is published by Rethink Research, a London-based publishing and consulting firm.

2005/9/21 Wednesday

Leonardo da Vinci The Codex Leicester

Filed under: - site admin @ 23:43

昨日9/20 毎日新聞主催のレオナルド・ダ・ヴィンチ展 記念シンポジウムに出かけた。講演およびパネルディスカッションの司会進行を担当したのは、池上英洋さんですてきなブログを持っている。イタリア語も堪能で、パネルディスカッションのときは、全部イタリア語で通した。
bule heaven

こういうシンポジウムには、内容を丁寧にまとめた個人ブログがあって、ありがたい。わたしもレオナルドについては昔から関心をもっているが、専門的に調べた方の話を聴くと感銘が多い。このシンポジウム、当たり前の話だが、同時通訳の言語はイタリア語と日本語だけ。ビルゲイツが同席していたら、なにも分からない。あるいは、英語が追加されただろうか。

2005/9/20 Tuesday

Cooking For Engineers

Filed under: - site admin @ 23:24

ここは普通のお料理ブログとは違い、冷徹なエンジニアの眼からみた料理サイトである。

cooking
Monday, September 12, 2005 掲載のオーブンの温度(Oven Temperatures)も細かくて面白い。これに対するコメントも読んでいると笑い出してしまう。

また、料理について分析して話し合うフォーラムまで用意している。真面目に相談している悩めるエンジニアの母が登場したりして、ドラマが展開されている。

2005/9/19 Monday

What a Proud Team Looks Like

Filed under: - site admin @ 22:58

三連休も終わって、明日から仕事が始まる。そんな疲れた頭にsunのJonathan’s Blogをどうぞ。
jonathan
いかにもアメリカ新興メーカの愉しそうなlaunch eventの様子が伝わってくる。そして、これはエグゼクティブ・ブログの中の広報サイトなのだ。

その一方で、ブログの影響力は多大だから、秘密事項を公開しないようにと釘を差している。

A Simple Request to Sun’s Employees

As you know, I’m a huge believer in ‘opening’ Sun to the world - that’s what this blogs.sun.com infrastructure is all about - transparency is one our best competitive weapons. But the unauthorized sharing of Sun confidential information is illegal, and against company policy.

優しく、楽しそうに見えて、その実、きっちりと法律、社内基準には厳しいのがアメリカ企業の特長である。

2005/9/15 Thursday

H-Yamaguchi.net

Filed under: - site admin @ 23:22

First Political Prediction Market in Japan

The first attempt of political prediction market in Japan is now conducted by an IT venture company. The theme of prediction is the Lower House General Election scheduled on September 11, 2005.

山口浩さんは、個人ブロガーながら海外にもニュースを発信している。わたしは、海外サイトをチェックしていて、彼のサイトに辿り着いた。

総選挙はてなのアンケートも実施しているが、選挙メモも充実している。
日本にもジャーナリストブログがあることを発見して嬉しかった。

2005/9/14 Wednesday

Feedster

Filed under: - site admin @ 21:19

Each month, Feedster brings you a list of 500 of the most interesting and important blogs. Enjoy browsing to see what people are reading, to find feeds that will bring topics of interest to you on a regular basis, and to discover new voices in the Blogosphere.

米国のブログを調べていると、驚かされることが多い。Feedsterは、毎月面白い、あるいは重要だと思われるブログを500紹介している。その中に、知合いのサイトがあったりするとうれしくなるが、時間があればあちこちのサイトを訪問してみたいと思う。

もちろん、ここもブログを持っていて、それは search only blogs なのだ。気になるサイトをチェックしてみてください。

2005/9/13 Tuesday

Power Outage Update, The officicl WEBLOG Dreamhost

Filed under: - site admin @ 23:41

Power Outage Update
September 12, 2005 on 6:38 pm | In Updates, Foobars, Insider View by josh | 138 Comments

Serious electricity problems
in the Los Angeles area took our entire network off-line for several hours on Monday afternoon. All services are believed to be up and running at this time. If your service is not fully functional, please contact our support team so we can address any remaining problems as quickly as possible.

海の向こうのロサンジェルスの話だが、数時間に渡り停電でネットワークが使えなくなるなどというのは、やはり怖い。
誰かが間違ったラインを切断したとのことだが、70万人もの人が影響を受けた。

こういう話が、個人のブログから教えられるのだから、ネットワークのすごさがよくわかる。

2005/9/12 Monday

Japan’s Epic Election

Filed under: - site admin @ 23:16

TOKYO(AP): Japanese leader gets big boost as ruling party heads for victory in elections.

Dan Gilmoreのブログから日本の選挙戦を考える。小泉さん率いる自民党の圧勝はブッシュにとってもありがたいことなのだろう。この時期、アメリカのメディアがどう取り上げるかで、小泉さんの価値がわかるような気がする。

This is a big deal for the global economy as well. Many people have written off Japan. I think that’s a big mistake.
頼もしいことをいってくれるではないか。

2005/9/11 Sunday

eBay + Skype = ???

Filed under: - site admin @ 23:16

Dan GilmoreのブログでSkeypeの記事を発見

The Wall Street Journal is reporting that eBay is negotiating to buy Skype.

The Journal writes:
The emergence of eBay as a suitor reveals a lot about the auction leader’s growth prospects and strategy. While still dominating its field, eBay’s core business is maturing, and the company is searching for new product categories and international markets. The company has made a steady string of acquisitions and investments over the last year and a half to enter markets such as rental-property listings, online classified-ad listings and comparison shopping.

Skypeは、インターネット電話の代表的なソフトである。ウォールストリートジャーナルによれば、eBayがSkypeを買収しようと働きかけているといっているが、その後になにが起きるのか。

Skype Journal
こちらのブログでは、eBayのことは噂にすぎないと述べているが、さらにForbesの記事を紹介している。それによれば、Skeype がにわかに注目されるようになったのは、テレコムビジネスを消滅させる力を持っているからだ。現在、5350万人もの人が登録ユーザになっている。

2005/9/8 Thursday

Food Blog; Too Many Chefs

Filed under: - site admin @ 22:30

この【Too Many Chefs】はグルーブブログの1つで6人のシェフが共作で作っているブログだ。それぞれのシェフが自分の意見や立場からのレシピや感想などを発信しているのが、新鮮だ。

ブログのオンライン・データベース機能を活かして、後から簡単にレシピが探せるようになっている。

2004年 Food Blog Awardsのベストグループブログに輝いている。

2005/9/6 Tuesday

hicks design journal

Filed under: - site admin @ 17:04

Blogは diary か journal かという質問をされた方がいたが、価値ある情報が載っていれば、すなわち journalであるというのがわたしの持論だ。mint英国のデザイナーのhicks design journalを見ていると、ジャーナルとはプロが書いた読み物であるという気がする。文章の中身もそうだが、レイアウト、読みやすさなども、対象とする読者を満足させるような作りになっている。

2005/9/5 Monday

Call For JavaOne Tokyo Blogger

Filed under: - site admin @ 23:13

Sun 石原さんのサイトはいつも刺激的だ。

【JavaOne Tokyo の公式 Blogger を募集しています。 JavaOne Tokyo について、一週間に 1 Entry 程度、会期中は自分のまわったイベントに関して Entry を していただければ結構です。】

そう思うのは、わたしもずっとプロモーションに関わってきた人間だからかもしれない。誘い方がうまい。自然と参加したくなるような愉しさがある。わたしもこのDuke Mouse、ほしいな。duke mouse

sun blogs は定期的にチェックすると、さらに面白い。

2005/9/2 Friday

The Best of the Blogs, BOBS2005

Filed under: - site admin @ 23:07

Any Weblog or podcast in one of theBOBs‘ nine languges (English, German, French, Spanish, Portuguese, Russian, Chinese, Persian and Arabic) can participate in the Deutsche Welle’s 2005 theBOBs – The Best of the Blogs.

この9ヶ国に日本はない。アラブも中国も、ロシアもあるのに、である。この案内自体がブログになっていて、コメントがまた、愉しい。中国語やアラビア語が飛び交っているサイトなんて、読めなくても眺めているだけで楽しい。

2005/9/1 Thursday

Silicon Valley watcher

Filed under: - site admin @ 22:38

アメリカの情報に触れてみたくなる一日がある。そんなときにはSilicon Valley watcher がお薦めだ。中に配置されているイラストもすてきだ。

top 500 feedster blog という記事があるので覗いてみた。

Each month, Feedster brings you a list of 500 of the most interesting and important blogs. Enjoy browsing to see what people are reading, to find feeds that will bring topics of interest to you on a regular basis, and to discover new voices in the Blogosphere.

この中の気になるブログをチェックしていると、あっという間に時間が経ってしまう。

2005/8/31 Wednesday

66 new resources

Filed under: - site admin @ 23:09

Web-Dev-Bookmarks: an introductionは、webデザイナーやweb開発者のためのブックマーク集なのだが、わたしも便利に使っている。

たとえば、アメリカにおける Blogging Platformsを調べたりするときに役立つ。そして、寄付はPayPalでどうぞ、という宣伝まで付いている。付加価値のある情報を提供するためには寄付も必要だということなのだろう。いかにもアメリカ的な発想だが、中身に自信がないといえないことだ。

このようなリンク集はいくつかあるのだが、毎日訪れたいと思うのは、やはりデザイン力もあるサイトだ。

2005/8/29 Monday

Katrina and the Rest of Us

Filed under: - site admin @ 23:12

Silicon ValleyにいるDan Gillmore’s blogはこんな書き出しではじまっている。

『The sun is shining in typical late-summer style in Silicon Valley: blue skies, no clouds anywhere in the vicinity except for the fog bank that comes in from the Pacific.』

それが遥かに離れた New Orleans は人々が大きな打撃を受けている。わたしたちにできることはないか。Please donate if you can. できるなら赤十字に寄付をしましょうと、ブログで呼びかけている。

彼のブログは Be a Citizen Journalist にふさわしい。アメリカのブログは大人の世界だと思ってしまう。

2005/8/25 Thursday

Kirilog

Filed under: - site admin @ 22:48

デジパ社長ブログ 桐谷晃司さんが書いているが、なかなか面白い。限りなく本音が出ていて、経営者としての読み物としても楽しめる。

【情報断食
 今週は、「情報断食」をやっています。
9/1から「コンテンツ事業部」を立ち上げるのですが、その各論を先週から思索しているのですが今週に入ってもまだまとまっていないので、久しぶりに「情報断食」をしています。】

情報断食 とは初めて聞いた言葉だが、本も出ていた。自分のことを考えてみる。週末ごとに家族で海辺の町に籠っていたときは、テレビも新聞も電話もなく、あるのはラジオだけだった。ネットのない週末を当たり前のように過ごしていた。あれも一種の情報断食だったのだろうか。

2005/8/24 Wednesday

round table discussion with developers for JavaOne Tokyo

Filed under: - site admin @ 23:50

石原直樹さんは、有名人である。特にJavaOneの季節になると、頻繁に登場する。

ビジネスブログのよさは、ここでしか手に入らない情報だと、セミナで解説しているが、その模範的な例がここにある

【JavaOne Tokyo について、意見を言っておきたい、開発者の方、または Sun のおごりで 夕食をとりたい方、レアグッズ、クリスタルデュークが欲しい方、いずれの方でも かまいません。25日木曜日に緊急 JavaOne Tokyo への提言をテーマとした座談会及び食事会を行います。 ご興味のある方はぜひお申し込みください。なお、食事はしゃぶしゃぶの予定です。】

これを読んで、本当に食事目的で集まる人が何人いるのか、参加してみたい気がする。締切は残念ながら過ぎてしまったが、当日のドタキャンに合わせて、ウエイティングするのだ。

JavaOne Tokyoについての最新情報はここでgetしよう。

2005/8/23 Tuesday

吉村作治 考古学者のひとりごと

Filed under: - site admin @ 22:36

今年の五月から始まった吉村作治さんのブログだが、8/20 から8/30までエジプト行きのため、しばし休刊している。ひとり言というか、本音の話が聞けて面白かった。

旅先でも、出張のときでもインターネット接続できる環境があれば、ブログを更新できる。これがいままでのホームページの日記と違うところだ。先生は、ノートパソコンを持っていないのだろうか。私自身、次回の海外出張のとき、自分のブログを更新するのが愉しみだ。どのくらいの環境でストレスなく使えるのか、実験できるのだと思うとわくわくする。

2005/8/20 Saturday

ecto desktop blogging client for MacOSX and Windows

Filed under: - site admin @ 23:24

Dan Gillmorのサイトで紹介されていたectoに興味をもった。ecto というのは、a feature-rich desktop blogging client for MacOSX and Windows で、Blogger, Blojsom, Drupal, MovableType, Nucleus, TypePad, WordPress, などをサポートしている。

このectoを使って、ブログを書いたり、管理できる。Mac用の事例紹介。

2005/8/19 Friday

W杯に勝つ! 日本代表の作り方

Filed under: - site admin @ 17:16

8/17のアジア最終予選、イラン戦を観戦した。東京から新横浜まで新幹線に乗って、非日常空間へ向かう。2階からみた青一色のスタジアム。イランの応援団も固まって賑やかだった。あの日66,000人を越える日産スタジアムでは、熱い思いがひとつになって、1位で予選を通過したことを喜んだ。だれもが思いもよらない最高の結末だったのではないか。

そのサッカー人気を定着させた川淵三郎氏を日経BPサイトでブログ化している。コメントやトラックバックを受付けているのだ。

2002年のワールドカップ以来、こんなにみんなを熱くさせるスポーツはないような気がする。後編が楽しみだ。

2005/8/12 Friday

coffee blog

Filed under: - site admin @ 22:02

明日からお盆休みだが、バンクーバーからのcoffee blogを紹介したい。コーヒーショップはもちろんだが、コーヒーに関する知識、本、意見など毎回工夫の後がみられる。

ブログで紹介した器具なども、販売サイトに誘導している。読んでいるだけで知らず知らずのうちに、物知りになりそうなサイトだ。写真がいい。プロフェッショナルではないが、今が伝わってくる

2005/8/10 Wednesday

New Media Musings

Filed under: - site admin @ 23:06

8/9のセミナでも紹介したが、米国では人々が気軽にビデオブログを書きこんでいる。ourmedia はThe Global Home for Grassroots Media とよばれている。ここは登録するだけで、自分の作ったビデオを公開することができる。
New Media Musings ではourmedia を使って"BlogHer conference” から6つのインタビューが紹介されている。

いずれも価値あるビデオだ。

2005/8/9 Tuesday

Bloggertwins amazing blog

Filed under: - site admin @ 22:28

米国CBS主催の“THE AMAZING RACE” は2005年夏のグローバル・アドベンチャー・シリーズである。実際にTV番組になっていて、これにかかわるブログいくつもできている。

CBSでも番組の進行にあわせて、ビデオやファンサイトを用意したりして、いっしょに旅を続けている感じがいい。
logo

2005/8/7 Sunday

viral marketing

Filed under: - site admin @ 23:22

Viral Marketing (口コミマーケティング)は、SNS(ソーシャルネットワークサイト)や個人のブログを媒体として広がっていった。オンラインで伝わることが多いが、MLなども利用される。

この背景にはモノ余りの今、マスメディアによる宣伝を信用しなくなった消費者がいて、替わりにその製品・サービスのヘビーユーザーや知人たちの声を聞いて、購入の選択をしていることが多いからである。たとえば、知らない場所で美味しい食事を取りたいと思うとき、ガイドブックよりもグルメな個人サイトのブログを参考にすることがある。紐付きでないからこそ、いいたいことが言えて、価格、サービスが本音で書かれている。このようなサイトをいくつか比較して、どこでも誉めている店ならまず間違いがない。

また地域限定,期間限定のイベントこそ、バイラルマーケティングの本領を発揮できる。新聞広告を打つには大げさすぎるこれらのイベントも、そのマニアに取っては大きな価値がある。だから口コミがすばやく伝わるのである。アメリカではすでにWOMMAという協会までできている。メンバにはDELL, Motorolaといった米国大手企業も参加している。

弊社8/9 開催のビジネスブログセミナでもバイラルマーケティングを取り上げることになっている。

2005/8/5 Friday

Yahoo to launch blog ad network

Filed under: - site admin @ 23:12

CNETによれば、YahooがGoogleに対抗して,ブロガーや小規模なwebバブリッシャーに対し “self-serve advertising service” を開発していた。

Yahooは、小規模なwebサイトに広告を配信することで、これまでの広告ポートフォリオ、すなわち、Yahoo自身の検索エンジンや大規模なwebサイトというにものを拡大した。
Bringing ads to small publishers would expand Yahoo’s current advertising portfolio, which caters to its search engine and larger Web sites. 

そして、Yahooの場合は人間が編集しているので、それはGoogleとは違った形で現される。
Yahoo’s new service will differ from Google in that it will add human editorial judgment to the selection of ads for content pages. In comparison, Google’s service relies on technology.

2つの会社の技術がどんなビジネスモデルを作り上げるのか、こちらも楽しみである。

関連ストーリー
Yahoo to offer video clips from CNN, ABC News

2005/8/4 Thursday

Nikkan Sports Blog、甲子園特集

Filed under: - site admin @ 22:59

日刊スポーツで、甲子園ブログが始まった。スポーツライターの保坂淑子さんが担当している。実はこのブログ、今年の三月から始まっていて、第77回センバツ高校野球の大会開会式のリハーサルから、球児たちを取り上げている。

こういうブログは取材は大変だが、あとからすてきな記録として残るので、ぜひ続けてほしいと思う。高校野球という大きなドラマの陰にもうひとつのドラマが隠されていたりして、続編が楽しみである。コメントやトラックバックの機能が付いていないのが、ちょっとさびしい。

2005/8/2 Tuesday

両国散歩BLOG

Filed under: - site admin @ 22:17

隅田川の花火大会はすでに7/30に終了したが、こういうサイトを知っておくと便利だ。場所取りの苦労は都会だけにすさまじいものがある。

歴史の街、両国を楽しむポータルサイトとあって、リンクも充実している。見ていると旅をしたくなるから、不思議だ。

2005/7/31 Sunday

TOSHIBA.EMI LIMITED Official Blog

Filed under: - site admin @ 22:29

東芝EMI洋楽スタッフの溜池日記は、レコード会社webチーム4人が綴る公式日記である。
7/29-7/31まで開かれていたフジロックのライブレポートについて、ミニアンケートを取ったりして、ブログの機能をうまく使っている。
写真もふんだんにあって、会場の愉しそうな様子が伝わってくるようだ。

プロのカメラアングルでなくても、今を切り取った様子がわかれば正解だと思う。

2005/7/30 Saturday

Fuji Sankei Business i BLOG

Filed under: - site admin @ 22:06

スペースシャトル「ディスカバリー」に持ち込まれたインスタントラーメンの話は、新聞でも取り上げていたが、ここまで実況的な解説ができるのも、ブログの手軽さだろう。

引用はじめ

【味は?

めんはかなり固め。

スープはとろみがあって、塩・こしょうが強くて濃いです。

長崎名物の"皿うどん"に近い感じです。

さすがにスープを"飲み干す"ことはできませんでした。

地球で食べると、「すごくおいしい」とはいえませんが、
宇宙で地球を眺めながら食べると、「うまい」かもしれません。】引用終わり

宇宙空間での食事風景が連想され、愉しさが伝わってくる。

2005/7/29 Friday

STAR WARS.com BLOGS

Filed under: - site admin @ 22:54

まだ見に行っていないSTAR WARS最新作だが、本家のブログも愉しそうだ。
リンク先にあるビデオをつい眺めてしまう。

コミュニティを作って、ここに登録した複数の書き手によるこれらのブログは、その先にどんなリンクがあるのか、見始めると夜は短い。
バイラル・マーケティングの宝庫のようなサイトだ。

2005/7/28 Thursday

Fulton Chain

Filed under: - site admin @ 22:32

東京は暑い日が続くが、こんなきれいな写真をみて和んでください。
Fulton Chain は、写真家のサイトである。【This is the personal site of Al Sessions an all around great guy living in the north woods.】

湖の写真を見ていてると、自然の美しさに心ときめく。

2005/7/26 Tuesday

FUJI ROCK FESTIVAL ‘05

Filed under: - site admin @ 23:36

イープラスが本格的にブログを使って、宣伝活動を始めた。ブログの特徴であるオンライン・データベースを活かし、アーティストやチケットをチェックできるようにするらしい。

その中でも、7/29から三日間開かれるFUJI ROCK FESTIVAL ‘05 のリアルタイムレポートが面白い。

【 レコード会社のそれぞれのアーティストの担当者さんに、アーティストの来日時から開催期間中〜帰国まで
担当者さんしか知り得ないアーティストの素顔であるとか場の雰囲気、苦労話・感動(!?)エピソードなどなど、ここで随時情報アップしていきます!!】

こんなことができるのも、ブログのもつ簡単、速い、どこからでも送れるの、特長をうまく活用しているからだろう。

2005/7/24 Sunday

吉越浩一郎の革命社長日記

Filed under: - site admin @ 22:26

トリンプ・インターナショナル・ジャパンの社長 吉越浩一郎氏の社長ブログが6月から始まった。トリンプのブログは週一回で更新されているが、それとは別に始めた。 

【以前「ブログはすべてのマスメディアを凌駕している」と書かれた本を読んで、本当にそうであれば体感してみたいと、今からワクワクしています。おそらく、使い方次第では、どんどん面白いものになっていくのでしょうね】

よくある社長ブログとは違い、7月から4週間の休暇を取って,南フランス、イタリアで過ごす。奥様の実家のある南仏といっていたから、家族一緒だ。海外では当たり前でも、日本で実施する人は少ない。

2005/7/23 Saturday

MIYAKE-ECO.NET  みやけエコネット

Filed under: - site admin @ 23:41

三宅島の自然をこよなく愛する私ども「三宅島エコネット・プロジェクト」のメンバーは、三宅島の豊かな自然を多くの方に知っていただき、体験・共有していただくために、当サイトを開設しました。

株式会社NTTデータが参加・連携して開設したこのサイトは、豊かな自然の残されている三宅島からの情報発信により、観光、エコツアーなどで島の復興を支援している。

情報の書き込み、また検索のしやすさ、写真の張り付けなどブログのよさを十分に活かして作られている。見ているだけで心が和むサイトだ。みなさまもいっしょに応援しましょう。

2005/7/22 Friday

Le Petit Prince 星の王子さまブログ

Filed under: - site admin @ 23:32

ミュージカル 星の王子さま オフィシャルブログが始まった。

【星の王子さまに関わるスタッフのみならず、出演者の皆様からも幅広く日記を書いてもらって、日々進化していく「星の王子さま」をお伝えしたいと思っています。普段は決して見ることのできない、稽古場からのレポートや、写真を盛り沢山でお届けする予定です】

このイープラスの新サービスは、初めての試みだが、今後の展開次第で、つまり、よい意味でのお客様との交流が生まれれば、その後、続々とブログが誕生するような気がする。演劇というのは、日々の展開があるものだから、ブログで紹介して行くのにふさわしい題材だと思う。

また、フランス語が得意な方には、TBS主催のみんなで訳そうプロジェクトも用意されている。

2005/7/21 Thursday

nifty モバイルフォーラム

Filed under: - site admin @ 22:39

nifty のフォーラムは、昔、お世話になった。今は、モバイルフォーラムを読んでいる。

『2009年にはケータイ10億台販売へ』

Gartnerが、2009年には携帯電話の販売台数が10億台になるとの予想を発表しています。

掲示板『【チャレンジ】 Skype携帯電話を作ろう』もあるので覗いたら、私のココログに書いたのですが、EpyxMobileが面白そうです。とある。掲示板でブログへ誘導するのは不思議はない。書ける長さが絶対的に違うから。一行でもさまになるし、たくさん書いてもだれの迷惑にもならない。こんな手軽さがブログの人気を支えているような気がする。

2005/7/18 Monday

The San Francisco Real Estate Blog

Filed under: - site admin @ 22:16

サンフランシスコに家を買おうと思ったら、このブログを先に読むといい。

Boston, Los Angeles and San Francisco are the riskiest housing markets in the country, with high probabilities of declines in housing prices over the next two years, according to a list based on the PMI Risk Index.

このことは August Kiplinger’s Personal Finance Magazine に発表されて、この調査により、また、サンフランシスコとサクラメントの地価が下がると述べている。

2005/7/16 Saturday

イタリア書房

Filed under: - site admin @ 22:45

神保町にあるイタリア書房は、イタリア語を学ぶ人にとって必要な場所のひとつだ。そこでもブログが始まっていた。データベースとしての機能を活かし、お知らせを日付順にならべた基本の形だが、カテゴリー検索ができるのは便利だ。

【神保町の店頭では、フィレンツェ支店オープンを記念して、期間限定特別セールを開催!】

8月31日(水)まで、イタリア語・スペイン語・ポルトガル語の対象書籍を定価の30%OFFで提供させて頂きます!
在庫品限りとなりますので、ぜひお早めにご来店ください。

在庫のある限りなので、出かけてみよう。

2005/7/15 Friday

シブヤ経済新聞

Filed under: - site admin @ 22:05

シブヤ経済新聞は、美味しいレストランなどを探すときにチェックしていたが、紙面が一新されて、ブログになっていた。どの記事からもトラックバックができる。

青山通りに多目的「レンタルカフェ」−1日18,900円をオープン。コラボ・カフェとは、カフェ空間をシェアして使う1日単位から利用できるレンタルカフェです。またカフェコミュニティを利用して、出店仲間を募集して一緒に運営することもできます。

なかなかおもしろそうだ。ここで一日オーナーになって、青山でカフェごっこするのも愉しい。

2005/7/13 Wednesday

The CBS Evening Blog

Filed under: - site admin @ 22:49

New York Times を読んでいたら、CBSが新しい試みをする話が載っていた。

CBS News is turning its eye on itself.

By SAUL HANSELL
Published: July 13, 2005

As part of an ambitious attempt to revive CBSNews.com with a broad array of free video news produced just for its Web site, CBS said yesterday that it would also introduce a Web log to comment on CBS newscasts, whether broadcast or online.

24時間対応のオンライン番組の提供や、ブログまで紹介するというのはすごい。アメリカは変化を好む国だから、不思議ではない。

2005/7/11 Monday

WIKINEWS Main Page

Filed under: - site admin @ 23:14

WIKINEWSは、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』のニュースソースである。

世界のニュースが知りたいときは、頑張って英語版を読んでみよう。【Gas explosion in Russian shopping center】ロシアのショッピングセンターで起きた爆発事故について書かれている。Sources という形で出展もとが公表されているのも便利だ。BBC NEWSもすでにブログ化されている。欧州、米国の新聞はほとんどがブログ化されているから驚く。

2005/7/9 Saturday

Guardian News Blog

Filed under: - site admin @ 23:14

イギリスの新聞 Guardian が出しているNews Blog。ここにはロンドンで起きた爆破事件の生々しい声が載っている。

    Today’s front pages

  • In the London newspapers this morning, the front pages reflect on the horror of the attacks themselves, and begin to turn to the hunt for the bombers and the ongoing search for the missing.

ここのすごいところはコメントを受付けていることだ。新聞社がコメントを受け付けるという意味は、まだ日本ではピビンと来ないかもしれないが、ジャーナリスムとはなんぞやと、書き手と受け手が双方に理解していることが肝要だ。

2005/7/8 Friday

デザインの日記帳

Filed under: - site admin @ 23:49

ミラノデザインのロゴを作っていただいたデザイナー谷合さんのブログ。女性らしい感性にあふれている。写真もコメントもすきてだ。実は、趣味がかなり似ている。同じ頃、彼女は青梅で梅ジュースをつくり、わたしは青梅を生醤油に漬け込んで梅醤油を作った。

【こうやって少しでも手間や時間がかかるものが家にあると、ホッとします】、わたしも同感だ。才能ある人のブログは見ているだけで嬉しくなる。

2005/7/6 Wednesday

u-Japan ユビキタスネット・ジャパン

Filed under: - site admin @ 23:12

総務省が2005年4月1日から開設したu-Japan ユビキタスネット・ジャパンもなかなか面白い。白書・報告書の中に【意見募集(パブリックコメント)】があって、ひとつひとつ読んでいくと、さまざまな政策の中から、明日の日本の様子が見えてくる。

しかし、こういうのこそ、ブログを使ったらいいのに気づいていないらしい。オンラインのデータベースで更新も後からの検索も簡単にできるのだから、日本の政府が率先して使うべきだと思う。総務省の平成17年 情報通信に関する現状報告 報道資料も、目を通しておいた方がいい。

2005/7/4 Monday

「フジサンケイ ビジネスアイ BLOG

Filed under: - site admin @ 23:10

本日、2005/7/4付けで、 「フジサンケイ ビジネスアイ」 編集局ブログが始まった。編集長やデスク、記者が日替わりでブログを執筆するという、大手の新聞社では珍しい試みだ。初日はやはり、編集長が書いている。

これは紙面を見ながら、ブログを愉しむというスタイルだろうか。ブログでしか書けないニュースをどんどん載せてほしいと思った。

期間限定で始まったHanako 編集部日記も好評につき延長が決まったが、こちらの編集局ブログは、人気がでるのか、今後の展開が楽しみである。

2005/7/2 Saturday

Galles, Wales

Filed under: - site admin @ 22:45

Galles というのはイタリア語で英国ウェールズを意味する。イタリアの新聞『Corriere Della Sera』は、ブログ化されてRSSを生成しているが、その中のギャラリーが美しい。

ファッションの特集もそうだが、入念な解説のかわりにたくさんの写真を紹介している。それを見て、考えるのは読者というスタンスなのだ。

galles

2005/7/1 Friday

What are Your July 4 Plans?

Filed under: - site admin @ 22:58

What are you planning to do on Independence Day?

Fireworks? Movies? Working?

Tomorrow we’ll link to the best round-ups of events we can find. If you know of great events, please post them below.

アメリカには日本の七夕のような季節の行事がないと思っていたが、独立記念日はお祭りなのだ。いつもながら、Dan Gillmor のセンスには感服する。独立記念日のためのビックイベントを募っているところが彼らしい。こういうコミュニティは、大人でないと勤まらない。

2005/6/30 Thursday

【週刊】キャリアコーチのブログ

Filed under: - site admin @ 22:27

総務省の報告書によれば、ブログは若い人、女性を中心に取り入れられているというが、実際のところ、私の周りでブログを始めた人は、キャリアバーソンである。

語るべき何かがないと、ただの日常日記に終わってしまう。この【週刊】キャリアコーチのブログは、現役のキャリアコンサルタントが週末に更新しているキャリアブログだ。もともとの知合いだが、弊社のブログセミナに参加して、いきなりブログを始めてしまった。ブログが簡易型ホームページ作成ツールとよばれる由縁でもある。

仕事が空回りしている人、また、実力があるのに発揮できない人はコーチングを受けてみるとよいと思う。コーチングの基本は自分で考えて実行することで押し付けはない。その人がもっている力を最大限に活かせるようコーチは心配りする。

コーチングを受ける時間がないひとでも、一通り記事を読んでいるだけで、なにか、ヒントが与えられると思う。

2005/6/29 Wednesday

パレルモの優雅な?生活

Filed under: - site admin @ 22:42

シチリアのパレルモに住まいするKinukoさんのブログ。単なる旅行記ではなく、そこに生活しているから体験する貴重な情報が満載だ。ブログから旅行先を調査するのは、もはや常識になっているが、ここまで丁寧に、かつ、内容の深いブログも少ない。

米国や欧州では、個人サイトがジャーナリストブログとして、情報発信しているが、それに近い。お気に入りのリンク先など、眺めていると嬉しくなる。

2005/6/21 Tuesday

ラジオNIKKEI from Webmaster

Filed under: - site admin @ 22:14

先日,ラジオ日経の担当者のお話を聴く機会があって、実験的に始めたブログが検索の上位になってお客様からの問い合わせが続いたという。いつの間にか12件ものブログが始まっていた。

どれも面白いが、元webmasterの立場から、アクセス分析などというキーワードに引きつけられてしまう。作りぱなしではなく、こうやって地道にアクセス分析して、反省して次に進むというやり方は、当たり前だが大切なことだと思う。

2005/6/20 Monday

R25.jp

Filed under: - site admin @ 22:36

【R25】はリクルートが毎週木曜日に発行しているフリーペーバーで、あっという間になくなるという評判の無料で読める雑誌だ。そのR25がブログ形式でニュースを発信していることを知った。解説してくれたのはシックスアパートの関信浩さんで、なんと本日のセミナに松葉杖をついて登場した。

このブログのコンセプトは、R25本誌と合わせて読んでください、ということだ。そのため、今週号の見出しなど、フリー雑誌に誘導している。更新は頻繁に行なわれていないが、アーカイブとして、結構楽しめる。

2005/6/19 Sunday

Hanako編集部日記

Filed under: - site admin @ 11:29

5/31にも紹介したが、一か月限定の編集部日記が面白い。裏情報満載というところが、Hanako らしくて楽しめる。女性誌の特集記事ではなく、コラム的にあるいはゲリラ的に好きなことが書けるのがブログのよさだ。

文章をかくのは達者な人々が集まっている編集部だけに、一月と言わずに定番にしてほしいと願うのは、わたしだけだろうか。築地刺身定食、食べてみたいです。

2005/6/17 Friday

鈴木 美潮のdonna blog

Filed under: - site admin @ 22:20

【読売新聞のニュースサイト「ヨミウリ・オンライン(YOL)」をこの5月16日から全面リニューアル、ロゴも一新しました。

中略

(6)ブログからのトラックバックも可能に「エンタメ」の人気コラムコーナー「鈴木美潮のdonna」に、記事に意見を書いている個人ブログがわかるトラックバック機能を、全国紙のサイトで初めて追加。ユーザーと双方向のサイト作りを目指します。】

読売新聞は5/16からで初めてブログを採用、トラックバック機能を付けている。大手の全国紙ではめずらしいことだ。新聞社も読者と双方向のコミュニケーションを考えているらしい。

2005/6/16 Thursday

community arts network

Filed under: - site admin @ 15:11

community arts network
promoting information exchange, research and critical dialogue within the field of community-based art.

このCommunity Arts Network はカルフォルニアに本部のある非営利組織である。なによりもすばらしいのは、奥行きの深さともいうべき、カバーしている内容である。アメリカではこういう団体が多岐に渡って存在するのだ。リンク先もたくさんあって、興味のある分野を眺めていると時間が足りなくなってくる。

About the Community Arts Network

The Community Arts Network (CAN) is a portal to the field of community arts, providing news, documentation, theoretical writing, communications, research and educational information. Headquartered at its Web site on the Internet, CAN is a program of Art in the Public Interest (API), a nonprofit organization based in North Carolina. For a complete explanation of CAN’s mission and activities, see the Welcome page.

2005/6/14 Tuesday

WOMMA: Word of Mouth Marketing Association

Filed under: - site admin @ 23:01

Viral, Buzz, Blog, Evangelists, Influencer, Grassroots, and Word of Mouth Marketing。聞き慣れない言葉だが、あっという間に世の中に広がってしまった。特にこの WOMMA は真面目にその影響力を問いかけている。

世の中の変化により、昔当たり前だったことが次々と変わっていく。広告しても物が売れない時代が始まっている。そんな中で、Viral, Buzz, Blog, Evangelists, Influencer, Grassroots, and Word of Mouth Marketing が無視できない影響力を持ち始めてきた。

このWOMMAであるが、6/13からシカゴで『MEASURING WORD OF MOUTH』というメジャーメントの会合を開いている。

2005/6/13 Monday

Only One

Filed under: - site admin @ 23:21

オシャレなステッキを扱っている素敵屋Alookブログ。まだ今年開業したばかりだが、杖に対する情熱と、お客様に対するきめ細かな気配りがすばらしい。こんな素敵な杖を頼んだら、歩くのも愉しくなるだろう。

1本の杖なのに、ここまでカスタマイズができるのは知らなかった。まさにOnly Oneの杖である。

2005/6/11 Saturday

日産 Cube Blog

Filed under: - site admin @ 23:52

日産といえば、TIIDA Blog が有名だが、実はもうひとつのブログがある。5/24にスタートした「Cube Blog」だ。

「Cube Blog」とは新型Cubeのキーワードである「Comfortable」をコンセプトに、ライフスタイルを快適にする情報を発信していくブログ形式のオンラインマガジンです。–by Cube Blog Master

具体的には担当者が複数いて、それぞれの得意の分野で書き込みをしている。複合ブログといえよう。まだ始まったばかりだが、読みごたえはある。情報発信という形では成功しているのではないか。日産だけに今後の展開が楽しみだ。

2005/6/10 Friday

TSUTAYA online BLOG

Filed under: - site admin @ 22:40

TSUTAYAが出している3つのブログは、それぞれ、VIDEO & DVDMUSICGAMEに分かれていて、お薦めのタイトルを紹介している。

ここを見て気に入った作品があれば、予約することもできる。いずれもスタッフのお薦めなので、はずれはないだろう。TSUTAYA onlineも RSS を生成していて、どこからでも検索しやすいようになっている。

2005/6/9 Thursday

日本サッカーミュージアムブログ

Filed under: - site admin @ 21:40

サッカーミュージアムな日々 その11
サッカーを愛する皆様、ご機嫌いかがでしょうか。

もちろん、ごきげんですよね。みんなで、おめでとうです。
OUR VICTORY YOUR VICTORY

ここは、2002年FIFAワールドカップTMの感動と興奮を味わうために作られたミュージアムのブログである。5/11にスタートしたばかりだ。ここに関わるスタッフがリレー形式で随時ブログ更新していくスタイルを取っている。

日本の勝利の余韻を楽しむのにふさわしい場所なのかもしれない。

2005/6/7 Tuesday

An Invitation to our Friends at Apple

Filed under: - site admin @ 23:38

アップル関連のブログをもう一つ紹介したい。
Sunのジョナサンが、スティーブジョブズ宛の書簡をブログで公開している。

Steve,

Glad to see you’re considering a new platform for the Mac - seems like together we have a big opportunity.

これによれば、Solaris 10 を次世代Mac に採用しないかと呼びかけている。はたして、それが実現するのか、その後の展開が注目される。

Mac on Intel

Filed under: - site admin @ 23:38

So it is true: Apple is moving its software to the Intel architecture. Here’s MacNN’s coverage of the developers conference, where the announcement was made.

新聞社でも報道していたが、こんなニュースはアメリカサイドで確認するに限る。事件が起きたとき、その近くにいる人の考えと、また、正反対の考えをする人をチェックすることで、より公平なものの見方ができる。

Please post links to the best coverage you see in the comments and I’ll move them up here. Thanks.

Dan Gillmor がジャーナリストだと思うのは、こんなコメントを載せているからだ。真実を追求しようとするとき、自分よりも優れた人を認めることができるのだ。ここに載っているコメントをチェックするのも愉しい。

Keynote speech はこちらだ。

2005/6/6 Monday

MacRumors WWDC 2005 Live Keynote Coverage

Filed under: - site admin @ 22:16

WWDC 2005 がサンフランシスコで明日6月6日から開催される。これはApple’s Worldwide Developer Conference で基調講演を行なうのはステーブ・ジョブズである。この日、いよいよジョブズ本人から、新しいMacのプロセッサーについての話が聞けるとあって、注目を浴びている。

MacRumors.comでは登録メンバが新システムを使って、この基調講演にアクセスできるようになっている。ちなみにこの基調講演、日本時間では午前二時からだそうだ。バーレーン戦とは違うから、見る人も限られているのだろう。

2005/5/31 Tuesday

期間限定 Hanako編集部日記

Filed under: - site admin @ 22:33

近ごろ都に流行るもの、といえば期間限定のビジネスブログである。マガジンハウスでもHanakoが、ブログを採用。ココログとのタイアップである。

今号のブログ特集ページ内で「ブログを立ち上げる」企画を実施しました。どうせ立ち上げるなら、Hanako編集部でも作ってみよう! ということで、本誌のウラ話、制作秘話などをお届けするブログ「Hanako編集部日記」を作っちゃいました。6月30日までの期間限定で、編集部スタッフが「この特集、撮影のときにこんなことが……」など日々のあれこれを、写真とともにお伝えします。今号本誌と連動した、スタッフ6人の日記がすでに公開中。

編集者のウラ話がどこまでお届けできるかが、鍵になると思う。ブログの簡易性、即効性などのすぐれた面は使ってみないとわからないから、タイムリーな企画だと思う。限定といわずに、ずっと続けてほしいと思った。

2005/5/30 Monday

総務省の出したブログ・SNSの現状分析および将来予測

Filed under: - site admin @ 22:38

2005年5月18日付けで総務省が発表した『ブログ・SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)の現状分析及び将来予測』について書き留めておこう。

國領二郎 (慶應義塾大学環境情報学部教授)率いる「情報フロンティア研究会」の検討事項の1つとしてこの調査が行われた。

ポイントだけ述べてみたい
1. 2005年3月末までで国内ブログ利用者は約335万人。このうち、実際にブログを書いている人は95万人。
2. 2004年度のブログ市場6.8億円が、2006年度には140.6億円に、
  また、関連市場は2004年34億円から2006年度には1377億円に達する
3. SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)のアクティブユーザは、2004年に80万人が2006年に751万人に達する

ブログ:
ウェブサイトへのリンクを張り、そこに個人の評論を書き加えた情報が時系列に表示されるウェブサイトで、ある程度頻繁に更新されるもの
 
SNS:
新たな友人関係を広げることを目的に、参加者が互いに友人を紹介し合い、友人の関係、個人の興味・嗜好等を登録していくコミュニティ型のウェブサイト

報告書 PDF版

おかしいのは報告書の中にSNSの認知度 聞いたことがないひとが55.3%と過半数を越えている、とあること。

本日、法律事務所に打合せに出かけたが、弁護士の方はSNSのことをまったくご存知なかった。

2005/5/29 Sunday

第3回 Webクリエーション・アウォード

Filed under: - site admin @ 22:31

第3回 Webクリエーション・アウォードニュースBlogが5/24から始まった。これは(社)日本広告主協会 Web広告研究会が開催しているもので、今年で第3回目になる。

第1回からの、各分野で活躍された「人」にスポットを当てる、という独自のコンセプトを継承し、急速に進化するWeb業界の原動力となる「エン人(engine)」たちを、敬意を持って称えたいと存じます。
(中略)
本アウォードが、Webの世界における人材の発掘・育成に繋がることを念じてやみません。

イベントに対して、webページだけでなく、ブログもスタートさせるのはよい試みだと思う。ただ、始めたからには、更新ももっともっと頻繁にしてほしい。webサイトが日々変わらないのだから、せめてブログで最新状況の説明があってもいいのではないか。

2005/5/28 Saturday

6/15開催 今日から始めるa-blogセミナ

Filed under: - site admin @ 22:02

ビジネスブログセミナでも紹介した松坂屋本店日記を作っている(有)アッブルッブルが、初めて東京地区でa-blog紹介セミナを行なう。料金は無料、特典あり。

a-blogという名前はまだ知られていないが、Movable Typeの日本発進化版と考えると分かりやすい。弊社セミナで紹介するために実際に使ってみたが、写真と文章をレイアウトするのが、簡単にできてうれしい。

2005/5/27 Friday

What Professional and Citizen Journalists Can Learn From Each Other

Filed under: - site admin @ 21:04

米国のジャーナリスト・ブログの第一人者であるDan Gillmor、彼のブログは平易な言い回しをしていて、穏やかだが、力強さと真実がある。ソウルで開催されるWorld Editors Forumでの基調講演の内容を珍しく全文載せている。長いが分かりやすい文章だ。

特に最後の部分で語っている言葉が印象的である。

But money is not the major push behind citizen journalism. It is the entirely human desire to tell each other our stories, to help each other navigate through this complex and often insane world.

2005/5/26 Thursday

ITConversation

Filed under: - site admin @ 22:00

New Ideas Through Your Headphones
IT Conversationはリスナーのためのwebサイトである。
ここでは多彩なゲストが講義もしている。英語だけだが、聴いている勉強になる。

たとえば、スタンフォード大学の社会学者であるSusan Kriegerが講義をして、それをわれわれは無償で聴くことができる。それぞれのPCの環境を配慮して、Windows:: WinAmp, Sonique, Zinf
Macintosh: MaCast, SoundJam, Apple’s iTunes, Linux/Unix: MPG123, Zinf をサポートしている。これらの記事がすべてブログ形式でまとめられているのだ。

2005/5/24 Tuesday

Mac Rumors blog

Filed under: - site admin @ 22:23

Macに関するニュースと噂話を取り上げているブログがある。昨日のニュース、アップルがインテルプロセッサーを採用か、が気になったので、こちらもチェックしてみた。

さすがに515ものコメントが入っている。ランキングでは、賛成186 vs 反対602。これだけのコメントをどう処理しているのかと気になって調べてみたら、コメントできるのは登録されたユーザのみである。登録するとemailにURLが送られてきて、それをクリックして初めて使えるようになっている。

Welcome to Mac Forums! というメイルをもらってメンバになると、真面目にコメントしようと思うから不思議だ。全部のコメントを読む時間はないが、ひとつひとつは短いので、今、みんながなにを考えているかを知るよい機会になる。マーケティングを考える立場としては、こういうユーザブログが新鮮だ。

まさに今を切り取った情報というブログの特性を活かしている。

2005/5/23 Monday

livedoor 外報記者ブログ

Filed under: - site admin @ 22:56

あのライブドアが海外からの通信ニュースを配信している。名付けて livedoor 外報記者ブログ。ニュースだけにチーフディスク増谷さんの経歴も公開されている。

5/23のMacの話はなかなか興味深い。長年Macを愛用しているので今後の行方が気になるところだ。

引用始め

米アップル、マックにインテル製チップ採用を検討か
【ライブドア・ニュース 23日 東京】 − AFX通信によると、米パソコン大手アップル・コンピュータは、同社のパソコン、マッキントッシュに、米半導体最大手インテル製チップを採用することを検討している模様だ。米経済紙ウォールストリート・ジャーナルが、業界筋の話として23日付で報じた。また、同紙は、アップルが、長らく同社にチップを供給してきたIBMとの関係を打ち切るかどうかは不明とした。 【了】

ライブドア・ニュース 城塚愛也記者
(記者ブログ:http://blog.livedoor.jp/acowslip/)
(参照:http://blog.livedoor.jp/emasutani/)

Copyright 2005 livedoor. All rights reserved. This material may not be published, broadcast, rewritten or redistributed. Xinhua Finance Ltd.contributed to this report.

引用終わり

さらに ライブ記者cowslipのストレンジ・ニュース ということで、こちらはもっと個人的なブログが展開されている。ライブドアから見た、ニュースをチェックすると、どんなところに関心があるのかが分かって、新しい視点を見つけたような気がする。

2005/5/22 Sunday

Stanford Law School Blogs

Filed under: - site admin @ 22:43

スタンフォード大学は、シリコンバレーの中心に位置する総合私立大学である。そこのLaw Schoolが作っているブログは興味深い。

ここは各教授たちの法律に関するブログが並んでいる。それもシリコンバレーだけあって、FCCの規制の判決などテクノロジーに結びついているものが多い。ブログからニュースを遡るのはアメリカのサイトを見る楽しみのひとつである。それぞれのブログにはbio(経歴)も載っているので、どんな人がどんな考え方をしているのか、一目で分かる。

シリコンバレーのニュースを裏側からチェックするときのひとつの視点になるだろう。

2005/5/18 Wednesday

the 2005 bloggies

Filed under: - site admin @ 22:45

The Bloggiesが主催する weblog awardsが今年も発表された。ルールはみんなで投票するのだが、対象は2004年に継続してあるblogsとなる。

Voting closed at 10:00 PM EST on Thursday, February 3. The winners were posted on Monday, March 14.
投票は2月3日に締め切られ、3月14日に受賞者が発表された。
これは賞金も少額で(2005年にちなんで2005 US cent)、どちらかというとお祭りの要素が含まれている。south by southwest festivals + conferences 授賞式がセミナとセットになっているのが、アメリカらしい。それでも愉しいサイトがたくさんあって、全部チェックしてみたくなるのだ。

日本のブログ大賞は、もっと重かった気がする。コンテストに置ける日米比較も面白い。

2005/5/17 Tuesday

IBMもコーポレイトブログを開始

Filed under: - site admin @ 23:10

Early next week IBM will introduce the largest ever corporate blogging initiative in a bid to encourage any of its 130,000 staff to become online evangelists for the company.

SiliconValleyWatcherによれば、いよいよ来週からIBMが全社的にブログを採用するという。IBMは15000人のlayoffsを計画していて、欧州では13000人以上の人が失業する。 そして、ブログがこれらを補完していくれるのではないかと期待している。これを知ったのはsunのジョナサンのブログからである。

新製品についてのお知らせはニュースリリースだと信じていたら、ブログの方が早いことがある。それだけ読んでもらっているということなのかもしれない。普通の人は企業のリリースなど読むことがないのに、それがブログ形式になってしまうと、興味津々で読んでしまう。だから流行るのだ。 

2005/5/16 Monday

Creative Commons Blog

Filed under: - site admin @ 22:42

クリエイティブ・コモンズとは、スタンフォード大学のローレンス・レッシグ教授らが提唱している活動で、簡単にいえば、クリエイターが著作権で保護されたクリエイティブな作品を他者が使いやすくするための条件付けについて、著作権者自身が、誰にでもわかる形で宣言できるようにするとともに、それを他の人々が使いやすくしたものである。

日本でも活動が始まっていて、グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)がクリエイティブ・コモンズ・ジャパンを立ち上げている。

ここのweblogがおもしろい。リンク先に新しい世界が開けていき、いつも発見がある。

2005/5/15 Sunday

Bayosphere

Filed under: - site admin @ 22:29

Dan Gillmor が新しいコミュニティを作り、citizen journalismを前進させていくことになった。typepad とも決別して、ブログの機能も強化し、コメントのルールも規定している。

すなわち、サインアップしたひとがコメントを書けるようになっている。その目的はコメントスパム対策もあるが、正々堂々と議論がしたいからだという。

わたしもさっそくゴックマークを訂正した。これから先、どんな発言がでるのか、楽しみである。

2005/5/14 Saturday

Good Morning Silicon Vally

Filed under: - site admin @ 11:18

Good Morning Silicon Vallyは、siliconvalley.com が作っているブログだが、シリコンバレーからの最新情報がリアルタイムで知らされていて興味深い。

日本のマスメディアがなかなか紹介しないようなニュースが満載だ。これが毎日更新されているのがすごい。また,中の記事にもいたるところにリンクが付けられていて、これを辿ってニュースの詳細を知ることもできる。週末にここを見るのは極上の時間の過ごし方かもしれない。ただし、ITマニアの人にとってである。

2005/5/10 Tuesday

New York Times がブログを開始

Filed under: - site admin @ 22:04

2/20に紹介したが、New York TimesがAbout.com を取得し、5/16からいよいよブログを始める。そして、別の記事によれば、紙面をブログ形式にするのではないかといわれている。

いずれにしても、ブログのもつ、リンク性、影響力などが、大新聞といえども無視できないところまで来ていることを表している。EPIC 2014の予言もそう外れていないのかもしれない。

イギリスのガーディアン紙はすでに2つのブログを始めている。
news blog 
observer blog 

ブログを使って、効果的に学ぶマーケティング・コース

Filed under: - site admin @ 18:22

1月から始めたビジネスブログ・セミナはおかげさまで盛況です。自分の関心事をみなさまと共有したいと考えてスタートしましたが、毎日、あちこちでブログの話題が取り上げられています。

そんなある日、長年温めていたプランを実行する日が来ました。題して【ブログを使って、学ぶマーケティング・コース】。
これは仕事で必要だが、忙しすぎてスクール通うことのできない方を対象としています。もちろん、密かにマーケティングの基礎を学び、次の仕事へとステップアップすることも可能です。

対象はすべての方に当てはまると思いますが、できたら若い方に受講していただきたい。若さという感性は、マーケティング的な物の見方の重要な要素のひとつです。もちろん、40代の方でも学ぶことはできます。その場合は、自分の立場や地位を忘れて、素直な,初心を見つめる心が大切です。

このコースはインターネット上の特設サイトにアクセスし、週二回のメイルマガジンで送られた課題を完了させるようになっています。もちろんブログには分からないこと、感想など書き込むことができます。インターネットにアクセスできる環境であれば、会社でも自宅でも、そして出張先からでも学ぶことができます。

期間は三ヶ月、このくらいの時間があると習慣として物の見方が定着します。ご興味のある方は、まずメイルをお送りください。不明な点などにも回答いたします。費用は65,000円、この価格が高いか、妥当か、ご自身のキャリアプランに合わせてお考えください。

詳しい内容はこちらのサイトをごらんください。共に学べますことを楽しみにしております。

2005/5/6 Friday

candidate blogs at the UK 2005 election

Filed under: - site admin @ 22:42

英国の総選挙が終わった。開票結果はブレア首相率いる労働党の勝利である。こんなときは、英国のブログが面白い。
選挙の候補者ブログの中から、Labour と書かれているブログをチェックしてみる。

ロンドン市中心部のCities of London & Westminster Hywel Lloydは、 Decisions, decisions と投票者に決断を迫らせている。

ford & Woodford GreenのJohn Beanseはとてもわかりやすい。10 good reasons to vote Liberal Democrat: WE OPPOSE: BUSH & BLAIR ON IRAQ
ブレアとブッシュを一括りにして反対していた。

意見はちがっても、テンプレイトがBloggerなのには笑ってしまう。ここでは政治的な対立がないらしい。

HenleyのBoris Johnson は保守党だが、Labour has run out of hope, money and ideas と訴えて彼は議席を確保した。コメントが69も付いていて、Congratulations Boris! と書かれている。

2005/5/5 Thursday

AIBO 開発者 Blog

Filed under: - site admin @ 22:18

AIBOが発売されて6年になるという。それを記念して4/25から5/31までの期間限定でブログが始まった。担当しているのは、AIBO開発者の2人。

この6年間でソニーという会社のポジションもずいぶんと変わってしまった。前回のVAIOのときもそうだが、ブログは、期間限定で5週間ととても短い。コンセプトは悪くないのだから、お客様の声を取りたいなら、最低2ヶ月は続けてほしいと思う。aibo

みなさん、こんにちは!
本日より5月31日までの期間限定でスタート致しました、

AIBO 6th Anniversary 『AIBO 開発者 Blog〜北品川の仕事場から〜』

この Blog では AIBO の開発に関わる担当者の生の声を中心に、AIBO の機能紹介、開発裏話やアニバーサリーイベントに関する話題等をお届けして行きたいと考えています。

2005/5/4 Wednesday

NECのwisdom Blog

Filed under: - site admin @ 22:03

NECのブログを探していたら、こんなところに複合ブログができていた。16名による『明日のビジネスを創りたい人へ』のメッセージである。

NECはビジネスリーダーのために、各方面からの智慧や知識を提供する戦略らしい。16もあるので、自分の好きな師匠を見つけてそこに毎日お邪魔することになる。続き物の読み物は前後に移動するのがちょっと面倒だ。カレンダーがあったほうがよくわかるのだが。

それから気になったのはコメントの書き方、いまどき、コメントスパム対策がなされていないのに驚く。online casinos なんかにコメントされて、ずっと放っておくのはいかがなものか。

2005/5/1 Sunday

cafeglobe デジログ日誌

Filed under: - site admin @ 22:07

cafeglobe.com は有名な成功した女性サイトだが、ここのデジカメ日誌がデジログ日誌に変わって、4月からブログが始まっていた。

見たところ、カレンダーも表示されていないし、レイアウトも前のバージョンをそのまま使っている。違っているのは、編集側の更新の容易さ、そして、お客様側が記事についてのコメントをトラックバックできるという双方向コミュニケーションが始まったということだ。

まだ場所が場所だけに、サイトマップでOthersの下の新・デジタル日誌、まだ知られていないのかもしれないが、アイデアとしては、悪くない。トラックバックのみ受付けているのも賢い。他の記事もこれから、続々とブログ化していくのか、愉しみである。

2005/4/30 Saturday

Vlog, V-log, videoblogging, vog

Filed under: - site admin @ 22:49

Vlogというのはvideoを使ったブログのことである。

wikepediaによれば、There is a small but growing number of vloggers, video bloggers, v-loggers or voggers who are turning the Internet into a medium in which people are communicating audiovisually with personal video posts, networking through the audiovisual, and creating programming and content not controlled by major broadcasting networks and cable outlets.
Michael Verdi
Rocket Boom

また、community もできているようだ。
Stuart Lawson
SF Bay Area Indymedia
一見したところ、学生や若者たちが面白がってやっているように見える。たしかに何かを表現する場として、ブログのなかにこのようにビデオを組み込んでいくのは賢い。操作性、また、検索性にすぐれているブログだから、ここに映像を置くだけで、より多くの人にみてもらうことができる。

2005/4/28 Thursday

BlogNashville

Filed under: - site admin @ 22:46

日本で黄金週間の最後の5/5から5/7まで、ブログに関する教育および情報講座が開かれる。提供するのはMedia Bloggers Association ですべてのプログラムは無償である。

この中の三日目、5/7のプログラムを引用する。聞き慣れないカテゴリーもあるが、この機会に覚えておこう。それにしても、大学のキャンパスを使って、このような講座が開かれるのはすてきだ。日本でもぜひ、実施してほしいと思う。

9am-10:15am

Journalism      Local Politics       Making Money
Staci Kramer     Ed Cone          Henry Copeland

10:30am-11:45am

Citizen’s Media    Global Voices       Military Blogging
Dan Gillmor      Rebecca MacKinnon     Robin Burk

1:30pm-2:45pm

Podcasting & Audioblogging   Building Blogospheres  
Brendan Greeley         Hossein Derakhshan   

Faith-Based Blogging
LaShawn Barber

3:00pm-4:30pm

Video Blogging        Protecting Bloggers
Jay Dedman          Mark Glaser

2005/4/26 Tuesday

Blogs Will Change Your Business

Filed under: - site admin @ 22:32

Business Week May 2, 2005 の記事が面白い。米国では blog はonline journalsであり、日記とは定義していない。人々は好まなくてもblogに付き合わされ、生活が変わってしまった。

Pew Research Center Surveyの調査によれば、27%のインターネットユーザがブログを読んでいるという。米国では900万人ものブログがあって、その中で40,000は毎日増え続けている。ブログを通してさまざまな情報が飛び交い、写真、ファイル、録音まで、相手に届けられる。

2005/4/25 Monday

NATURA BLOG

Filed under: - site admin @ 22:23

富士フイルムが、お客様との交流することを目的としたブログを3/16からスタートしている。ノンフラッシュの新しい写真の世界を提案しているNATURAという商品の楽しさを提案しているが、なかなか企画も凝っている。

naturablog

まず初心者マークがあって、初めての方へブログについての解説もしている。トラックバックの企画もあって、運営スタッフの層の厚さを感じさせる。ビジネスブログの基本は、人々が訪れることだが、そんな仕掛けが随所に隠されていて、つい立ち寄りたくなるようになっている。

ブログの中で写真の占める位置も大きいから、フィルムメーカのブログというだけで意義があるように思う。

2005/4/24 Sunday

Let’snote BLOG

Filed under: - site admin @ 22:23

Let’s note BLOGが 期間限定で4月20日にリニューアルオープンした。レッツノートというのは、松下電器産業のノートパソコンのことである。わたしは、ずっとMacなのだが、旅行や打合せには軽くて、長時間電池が保つということで、このレッツノートを愛用している。

セミナのときもこれを持参している。だから自分の使っている製品のブログができたとき、素直に喜んだ。一時、三月で終了と思われたのだが、期間限定で再開された。『今後のレッツノートはどうなるのか』という真面目な話題が続いている。

作っているのは、松下電器産業株式会社パナソニックマーケティング本部PCDグループ。【マーケティング活動の一環として運営するものです】とうたっている。いよいよブログもマーケティングツールとして認知されたらしい。

2005/4/22 Friday

あなたの選んだ名曲・名盤

Filed under: - site admin @ 22:27

週末なので、音楽サイトを紹介したい。ここは、1997年4月から8年間の、800を超える【あなたの選んだ名曲・名盤】の投稿内容をブログ化したものである。

ブログがオンラインのデータベースであり、検索が容易だという基本機能をうまく利用している。それ以上にすてきなのは、音楽が好きな人ならわかると思うが,自分と同じ考えの人を発見したり、知らないレコードを買うときの指針にしたりと、複合的な愉しみがうまれることだ。

宣伝もしてしまうと、この方は弊社セミナに出席されて、ブログを思いついたという。さすが建築家は違うと感心した。緻密な作業の積み重ねで、大きな構造物を作り上げるというのは、データベースの構築によく似ている。

2005/4/21 Thursday

Macromedia weblogs

Filed under: - site admin @ 22:05

» April 18, 2005

Macromedia + Adobe

Well, as you probably have probably heard by now, Macromedia and Adobe announced this morning that our companies are combining. If you are like me, then I am sure there are a ton of questions going through your head. We have put up a mini site with more information, but I wanted to make a quick post to put some more context around what is happening.

First, Macromedia and Adobe have announced that we are combining into a single company. However, and this is a very important point, this has not occurred yet, and will not occur until approved by stockholders and government regulators. This is an important point, because during this period, there will be some legal constraints on what I (and other Macromedia employees) can and can’t speak about in public (see the end of the post for an example). So, please keep this in mind if you ask a question and are referred to the FAQ or web site.

本日のビジネスブログセミナでも取り上げたが、Mike Chambers のブログには心を打たれる。マクロメディアがアドビに買収されるとき、このflashのプロダクトマネージャーは、冷静に、そして熱意をもって自社と自社の文化のすばらしさを訴えている。

そして、この大きな二つの会社が無事に合併するまでには、株主の合意や証券取引委員会などの調査を経ることが必要で、この期間、従業員は一切の公的発言ができないきまりになっている。

言い換えると、ブログの大きな特長である、コメントができないのだ。この日の記述に限って、コメント欄が外されていて、そのかわりにお客様からの意見を受付けるメイルアドレスを用意している。

However, I am sure that everyone has a ton of comments, so we have set up an email address (feedback@macromedia.com) that you can send comments to.

このあたりの誠実な対応に、この人は会社も、flashも深く愛しているのだと分かる。こういう人がいる会社の製品なら安心だと思わせる、すてきなビジネスブログだ。

2005/4/19 Tuesday

Adobe Buys Macromedia

Filed under: - site admin @ 22:05

I’ll have more to say later, but this is little more than proof that the Microsoft-era antitrust standard is alive and disturbingly healthy. It goes like this:

There is no antitrust standard, and there will be no enforcement.

こういうニュースを聞いたら、まず本家の米国サイトをのぞいてみる。案の定、このブログでも活発な意見が交わされている。Microsoftの話が出てくるが、視点がどこか違うのだ。日本の報道は微妙にずれているような気がする。

2005/4/18 Monday

『旅の絵本』を旅しよう

Filed under: - site admin @ 22:31

はじめに
2004年 12月 31日
2004年、おおみそか。
ふと思い立ってブログを始めてみました。

大好きな安野光雅さんの絵本「旅の絵本」は旅人がいろんな村や街を旅していく絵本。
文章はなく、書きこまれた絵を楽しむ絵本です。
そして頁のあちらこちらに、絵画や童話などの1シーンがちりばめられています。
また、一度登場した人物がほかの村でも登場したり、発見する楽しみにあふれています。

そんな絵本の世界を旅してみませんか?
このブログでは、私が発見したネタのあれこれについて
書き綴っていこうと思います。

とこんな書き出しで始まるすてきなブログを発見。

安野光雅(あんの・みつまさ/1926〜)

大正15年3月20日、島根県津和野町生まれ。子供の頃より、画家への夢を抱く。昭和24年美術教員として上京。教員のかたわら、本の装丁などを手がける。昭和43年、絵本「ふしぎなえ」で絵本界にデビュー。その後、淡い色調の水彩画で、やさしい雰囲気漂う作品を数多く発表。また、美術の世界だけにとどまらず、科学・数学・文学などに造詣が深く、その好奇心と想像力の豊かさで次々と独創性に富んだ作品を発表。

自分の大好きな作家を通じて、自己表現するというのはかなりの上級者だと思う。また、絵本を旅するという、このコンセプトがいい。

2005/4/16 Saturday

高橋靖子の「千駄ヶ谷スタイリスト日記」

Filed under: - site admin @ 22:52

有名人のブログという括りがあるが、あまり興味がもてない。このブログを紹介するのは、2005年と1970年代が交錯するのが愉しいからだ。ブログには昨日のことや、読んだ本やレコードの話を載せているが、70年代のできごとを淡々と綴っている回想録は初めてだ。それに今の暮らしが重なっている。これを読んで、わたしも昔のことを思い出した。

回想録ブログとでも命名しようか。これからの時代にはあっているのかもしれない。

2005/4/15 Friday

実験 読書

Filed under: - site admin @ 22:42

知合いのアーティストがブログを立ち上げた。彼にとって、毎日が発見である。こちらでは、それを観察していると、傾向と対策が立てられる(笑)。

どうやらblogというものはこういう事が出来るみたいだ。
「本文」を書くページの左っかわにある
Amazon Webサービスをいろいろ検索していると・・・

ブログはwebと違って、形式化、定例化が得意だから、こんなことも楽々できてしまう。そこが面白いのだ。

2005/4/14 Thursday

ラジオNIKKEI Blog

Filed under: - site admin @ 23:00

『ラジオたんぱ』から『ラジオNIKKEI』に社名が変わって、新しいサービスが始まった。Blogもその一つで、現在9つのBlogがスタートしている。

また、オンデマンドでもマーケット戦略という毎週月曜日12:15から12:30の15分の放送がブログ形式でまとめられていて、アーカイブの放送を聞くことができるようになっている。こちらは4月4日に始まったばかりだ。

ブログのオンライン・データベースという特性を活かしたさまざまな応用が始まっている。米国の最新情報とともに取り上げていきたいと思っている。

2005/4/13 Wednesday

Bloggers’ Cloudy Business Issues

Filed under: - site admin @ 23:22

Advertising, editorial lines blur as bloggers’ salaries tied to traffic

About.com and Gawker Media pioneer writer payment systems that tie bonuses to traffic growth, while ’stand-alone journalists’ do business and editorial functions. A look at the evolving pay schemes of writers online.
By Mark Glaser Posted: 2005-04-12

日本での仕組みはわからないが、アメリカでは、About.com や Gawker Media のライターはそのトラフィックスの増加に合わせて報奨金が支払われる。その一方で十分なページビューがないと、そのライターをクビにすることもある。トラフィックスが生死を決め、重要な要素となっているが、はたしてそれがすべてなのだろうか。

2005/4/12 Tuesday

President Bush’s iPod

Filed under: - site admin @ 22:36

NY Times: “Mr Bush has had his Apple iPod since July, when he received it from his twin daughters as a birthday gift. He has some 250 songs on it, a paltry number compared to the 10,000 selections it can hold.”

Clue: Someone ought to give him a TiVO

New York Timesもお茶目な記事を書いている。それを引用するブログをみて喜ぶわたしも、そして、これを読んでいるあなたも、こんな話に癒されているのかもしれない。癒しのブログも大切だ。appleはこれを喜ぶか、迷惑がるか。今度はそんなブログを探してみよう。

2005/4/8 Friday

a-blogは使いやすい

Filed under: - site admin @ 23:39

松坂屋本店日記で有名なa-blogを作ったapplepleのことを第一回のセミナのときに取り上げたが、製品の詳しいデモを見せていただく。

a-blogは管理者用画面もmac的でとても使いやすい。写真の扱いが本当に便利で簡単。一通りの機能が揃っていても、個人で使うには無償でダウンロードできると聞いてまた驚いた。企業向けもライセンス制で21000円(税込み)、1サーバ、1ライセンス。

松坂屋本店日記では、愛知博バージョンが用意されている。愛地球博
flash
またflashベーター版をクリックすると、本店日記の記事と写真がflashで表示されるのだが,この中では、重なって表示された写真が動かせるようになっている。flashの中の写真を自分で好きな場所に持って行き、表示できるのはこれだけだ。

2005/4/7 Thursday

ビジネスブログセミナの御礼

Filed under: - site admin @ 23:10

本日は、ビジネスブログセミナにご参加いただき、誠にありがとうございました。ブログへの関心も高く、今回は名古屋からお越しになったA-blog開発者のやまもとさんを迎え、なごやかなセミナになりました。

今回は各分野に分けて、ビジネスブログの紹介をしましたが、特に官公庁でいくつかのサイトを作っているのは、知らなかったと言う声が多く、却って驚きでした。セミナの中身を一部ご紹介します。

官公庁もブログを始めた

次回は4/14、4/21にセミナを開催します http://www.milano-design.jp/nin/

2005/4/5 Tuesday

東京三菱銀行ブログ

Filed under: - site admin @ 22:21

東京三菱銀行がブログを始めた。インターネット・バンキングを紹介する目的である。ブログを見ることのできるお客さまは、当然インターネット接続しているわけだから、ターゲットとしては正しい。あとは、担当者がどう持って行くかだ。ブログのもつ優位性をうまく利用して、あっと驚くようなビジネスブログになってほしいと思う。

BizSTATIONブログスタート 3/28

はじめまして。
東京三菱銀行の原田です。

このたび、東京三菱銀行のインターネット・バンキング『BizSTATION』のサービスについてご紹介する『BizSTATIONブログ』の進行役を担当することになりました。
皆さまに、より『お得』で『便利』な『BizSTATION』の情報をお届けしますのでよろしくお願いします!

2005/4/4 Monday

「Yahoo!ブログ」10万件を突破

Filed under: - site admin @ 22:48

Yahoo!ブログ」のブログ開設数が10万件を突破
サービス開始より約2か月で達成

2005年1月31日に、2GBまで無料という「Yahoo!ブログ」がスタートしたが、わずか2ヶ月で10万人を突破した(4月2日時点、10万943件)。これをどう判断したらいいのか。この2ヶ月で、ブログ全体の認知度も上がってきたように思う。

引用始め–
「Yahoo!ブログ」は、日付入りのページ(記事)を簡単に作成、更新できる、インターネット上の情報発信ツールです。個人が作成した記事に対し、第三者がコメントを付けたり、作者に通知をしながらリンクをはったりすること(トラックバック機能)で、インターネット上のコミュニティーがよりいっそう広がります。
引用終わり

毎日新聞でも 2005年3月31日にブログ:今さら聞けない基礎知識を取り上げている。いまさらということは、大部分の人が知っているということだろうか。

2005/4/2 Saturday

宇宙航空研究開発機構blog

Filed under: - site admin @ 22:46

宇宙航空研究開発機構(JAXA)への就職を目指す学生の皆様に価値ある情報をお届けします!JAXA 採用担当者ブログ
リクルートブログは、いくつかできているが、ほとんどは期間限定だ。ここでは2006年の採用を12月からスタートしている。親切だと思うのは、3/29からスタートした『JAXA Academy』。こちらは宇宙・航空分野での就職を目指す学生に15分程度のガイダンスを行なっている。宇宙というなかなか経験することのできない仕事について、このような形で教わると理解が深まる。

ブロードバンド環境があれば世界中どこからでも24時間受講可能なオンラインスクール、『JAXA Academy』を開講いたします。宇宙・航空に前から興味のある方も、これから目指そうとする方も、ぜひ一度時間を作って、1コースだけでも受講してみてください。きっと新たな発見があると思います。

実際に見た人のコメントも付けられるようになっていて、小さな修正もここでできる。カテゴリーわけなどもうまくできているし、これを作った人はかなりのブロガーではないか。

2005/4/1 Friday

最終回?! 情報考学 橋本大也さんのブログ

Filed under: - site admin @ 16:36

情報考学 橋本大也さんのブログが本日をもっておしまいになるという。橋本さんはかつて『アクセス向上委員会』というメーリングリストを主宰していた。学生時代、テレホーダイを使って、海外のサイトをみて最新情報を発信していた。

一部略

とはいっても、このブログには一ヶ月に20万ページビューのアクセスを頂ける様になっている。情報発信自体は今後も続けていきたいと思っている。そこで、私はかつてメーリングリスト運営に熱中していた経験があるのだが、そちらへ再度、発信形態を変えようと思っている。ブログのような一方向の発信よりも、全員参加型のコミュニティに未来を感じているからだ。

このアイデアを考えていたところ、YAHOO!JAPAN社より、橋本さん、そういう事情であればわが社のサービスを使ってくださいというお誘いを頂いた。検索会議でもお世話になったYAHOO!社さんが、私のために何か面白い仕掛けを作ってくれるようだ。

というわけで、明日からこのメーリングリストに移行する。

参加したい方は、双方向MLだということを認識した上で参加していただきたい。アドレスは下記にある。

・情熱未来メーリングリスト
http://groups.yahoo.co.jp/group/passionfuture/

わたしもさっそく登録してしまった。もしかしたら、新手のエイプリールフールかもしれないが、参加するのが勝ちのような気がしている。

◇エイプリルフールのネタでした。おつきあいありがとうございました とのことでした(笑)◇

2005/3/31 Thursday

語ろ具@nifty

Filed under: - site admin @ 22:26

ミドルエイジの知的好奇心を刺激する情報を集めた、新しい形のブログ、語ろ具が3/30から始まった。

「語ろ具」は、これからの人生を楽しむための、「語れる」「遊べる」「学べる」"具”がたっぷりと詰め込まれたコミュニケーションネットワークです。
いま話題の「ブログ」を導入し、ミドルエイジの知的好奇心を刺激する情報を集めた新しい形のサイトです。

仕掛け人は、日産TIIDAなどのブログを手がけた四家正紀(しけ まさのり)氏である。大人の男たちのサークルが根付くのか、今後の行き方が楽しみだ。

2005/3/30 Wednesday

blog.excite.co.jp/yamamura

Filed under: - site admin @ 22:53

excite社長の山村さんが、新人に贈る言葉をブログに載せている。昔から当たり前のように言われていたことも多いが、こうやって改めて眺めてみると、会社員の生き方のヒントが見える。会社というのは、成果と上司が付き物で、よい上司に恵まれることが、長い会社勤めの楽しみでもある。

「実践編10カ条」
1、月曜日、休み明けは絶対に欠勤、病欠をしない。
2、会社の飲み会の翌日は絶対に遅刻しない。誰よりも早く来る。
3、「おはようございます。」を誰よりも多く、大きな声で言う。
4、まず5年後の自分をイメージする。目標とする先輩を見つける。そして2年以内にその人に追いつく。
5、上司を好きになる。
6、人に尽くす。尽くした分だけ自分に返ってくる。
7、不条理を受け入れる。不条理を乗り越えろ。
8、社内では誰よりも早く電話にでる。
9、ホームランはいらない。ヒットもいらない。誰もそんな事を君に期待していない。求められているのは前向きな心である。
10、綺麗な言葉を使おう。

外資系に23年勤めてきたわたしの経験からいえば、外資では二年で成果があがらないと組織変更があるから、ひどい上司でも二年我慢すれば移動になる。この間の楽しみは、会社ではないところでネットワークを広げることだ。

勤務先や、役職だけでしか評価されない人は、転職した途端に多くの友だちを失うことになる。その点、社外ネットワークは優秀だ。その人の才能や、知識や、人柄で付き合っているので、失業しても、離婚しても変わらない。わたしが独立できたのも、そんなネットワークに支えられているからだと思った。

2005/3/29 Tuesday

経済産業研究所ブログ e-Life Blog

Filed under: - site admin @ 20:14

e-Life Blogとは、経済産業省とRIETIが共同で実施する、情報家電産業に関するウェブログである。情報家電に関するレポートをベースにしたエントリは、年末を持って一度うち切っており、現在、内部的にその評価ととりまとめ作業を行っている。

こういう試みや、書かれた内容をみると、ブログでこんなこともできるのだという新しい発見がある。官公庁が行なったということでかなり不自由な点もあったようだが、それも実験を通して分かるのはよいことだと思う。

担当された村上さんの感想を引用させていただくと、

経済産業省としての正式な評価は、また追ってご報告したいと思いますが、村上としては、次のように整理して内部に報告してみようと思います。

1.Blogという形式による、常時双方向の対話が可能な場は、ネット上で継続すべきである。

2.その際、エントリの更新頻度の少ないページは閉鎖し、どのページを見れば話の進展が分かるのか、アンテナ機能だけに頼らずに、ページ構成をよく考えるべきである。

3.官庁が業務として行うBlogである以上、職員個人の日々の思い・気づき・発見や出来事を開示すべきではない。このため、ある程度Blogらしさに欠ける面があるのは、仕方がないと割り切るべきである。しかし、ネタにするレポートや、エントリは極力、簡潔かつ分かり易く書けるよう、職員の資質の育成に努めることによって、Blogの文化とそう遠くないモノを書くことは、必ずしも不可能ではない。

引用終わり

なかなか、本質をついている発言だと思う。

2005/3/25 Friday

音楽家ブログ

Filed under: - site admin @ 23:34

知合いのピアノライブに出かけた。ピアノバーで、好きなだけピアノ演奏と歌を聴くのは、本当に贅沢な時間の過ごし方だ。レコードもいいが、生の音楽は人の心を癒してくれる。同じ空気の中で時間を共有する。もちろん、ブログがあるから感想をいともたやすく、そして好きなときに書き込むことができる。こちらもすてきだ。

大げさでなく、そして手軽に自分の気持ちを伝えるとき、ブログはぴったりだと思う。

2005/3/23 Wednesday

小川さんのBOXER TALK終了

Filed under: - site admin @ 21:54

日立の提供するBOXER TALKの主宰者だった小川浩さんが、今日をもって更新を終わると、書かれていた。今後は、個人ブログであるBling Blingや、Sonex Blogなどで情報発信を続けるそうだが、これまで楽しみに読んでいただけにちょっと寂しい。ビジネスブログをコンテンツも含めて充実させるということは、かなりハードなことだ。まあ、彼の仕事がさらに加速されて忙しくなったのだろうと、勝手に解釈する。

以下、引用させていただく

2002年5月8日に、Palmの橋澤さん(当時)のインタビューを掲載して以来、対談記事の連載として3年近く続けてきたこのBOXER TALKだが、2004年7月からはBlog化し、更に体裁も通常のBlogのように、フリーテーマで僕が綴ることも多くなって今の形に収まっている。
振り返ってすべてを読み返すと、この3年間に非常に多くの変化があったことに、今更ながらに驚く。

例えばBOXERというプロジェクト自体がそうだ。僕は2001年4月に4年にわたって経営してきた自分の会社を閉じ、5月21日から日立製作所の一員として、ブロードバンド時代のビジネスコンスーマーに対するネットビジネスを作るというプロジェクトを受け持つことになった。ネットバブルがはじけて間もないころであったが、ISDNからADSLへの切替が爆発的に始まっていたことを背景に、異なる企業で働くビジネスパーソンが、情報共有を簡単に実現できたらさぞかし素晴らしいだろうと考え、今でいうSNSとグループウェアを混ぜたようなASPサービスを考えだした。これがBOXER(G3)の前身である。BOXERと名付けたのは、僕がボクサー(正確に言うとキックボクサー)だったためだが、ブロードバンド・ビジネス(Broadband Business)を象徴するべく“B”で始まる名称を探してもいた。

引用終わり

ビジネスブログの中で、ここまで書いている人も稀だ。でも読んでいて楽しい。これが日立の情報誌の見開きページに写真入りで入っていたとしたら,たぶん読まなかったと思う。ブログはそんな面白さを秘めている。

2005/3/22 Tuesday

Blogger Buzz

Filed under: - site admin @ 21:08

Blogger Buzz The official buzz from blogger at google.
www.blogger.comは、米国におけるブログスタンダードのひとつだが、ここのメンバーが始めた公式webサイト。3/11にスタートし、8名が担当している。

ここには最新のブログ情報が紹介されていて、ときどきチェックすると面白い発見がある。

hayakawa nonfiction Blog

Filed under: - site admin @ 15:14

早川書房がブログを始めたことは以前にも紹介したが,新しく3月のラインナップ総評が追加されていた。

3月のラインナップ総評

タイトルと著者だけでは内容がわからないという声が多かったので、今月から当月に出る本についてご紹介します。

欲をいえば、今月の新刊と並べて紹介するだけでなく、各タイトルごとにブログにして、読んだ本の感想などを書き込めるようにできたらと思う。

2005/3/21 Monday

沖縄を愛するヒトビトのためのblog

Filed under: - site admin @ 23:03

TI-DA blog は沖縄に住む人と沖縄を愛するひとたちのために作られたBlogサイトで、3/21 本日オーブンした。

「てぃーだ」とは沖縄の方言で「太陽」という意味です。
沖縄発のブログ専門のサービス「てぃーだブログ」は「沖縄県出身者」 「県外・世界中に住んでいる沖縄県出身者」「沖縄好き」な方を対象としています。 もちろん、それ以外の方でも大歓迎です。沖縄のてぃーだのようにサンサンとした熱く元気な情報をみんなでつくりあげましょう。 合言葉は「ブログでイチャリバチョーデー!!」*イチャリバチョーデー(出会えば兄弟)

オープンした日というのは、特別だ。
おめでとうメッセージが飛び交い、その中からまた新しい仲間が見つかるような気がする。

2005/3/19 Saturday

オペラ研修所「ドン・ジョヴァンニ」

Filed under: - site admin @ 22:58

新国立劇場オペラ研修所の 修了公演 が中劇場で開催され、出かけて来たが、すばらしい内容だった。自分の日記にも書いたのだが、リンク先を探していて発見したサイトは個人のブログだった。すごいと思ったのは、このブログに出演者の書き込みがあることだ。この方もご自分のブログをもっていて、トラックバックしている。

こういうほぼ同時にいくつかのことが起きるという面白さは、これまでのwebの世界にはなかった事象だ。わたしも気になっていたので、ここに取り上げて、トラックバックすることにした。同じ時間を共有した仲間同士が、声をかけあうようなニュアンスである。ちなみにわたしたちが観たのは初日の3月10日 木曜日だが、こちらもすばらしかった。

ドン・ジョヴァンニ   桝 貴志
レポレッロ       北川 辰彦
ドンナ・アンナ     吉田 珠代
ドン・オッターヴィオ  村上 公太
ドンナ・エルヴィーラ  林 道子 (賛助出演)
ツェルリーナ      中村恵理
マゼット        町 英和
騎士長         長谷川顕 (賛助出演)
指揮          フォルカー・レニッケ
演奏          新日本フィルハーモニー交響楽団

さらにこのブログから新しくオペラキャストのリンクがあって、ブログとは、丹念に集められた情報という説明にまさしく一致している。自分と似た人のブログにあるリンクを見ると、三倍くらいの嬉しさがある。

2005/3/18 Friday

よいブログ、たりないブログを検証するセミナ

Filed under: - site admin @ 15:51

ビジネスブログ・セミナを開催していますが、受講された方からのアンケートに、事例紹介でビジネスブログのよさ、不足点などを指摘してもえらないか という要望が多くなってきました。

昨年の10月が第一次ビジネスブログとすると、Yahooが2GBの無料ブログを発表した2005年1月が第二次ビジネスブログの時代になります。

そして、今、各分野に広がったビジネスブログの中から、よいブログ、もう一歩のブログを選び出し、マーケティング的に検証して行きたいと思っています。また、合わせて米国の最新状況もご紹介いたします。

お時間の合う方はぜひご参加ください。お待ちしております。
日時 2005年3月23日 10時-12時
場所 日本橋人形町セミナルーム 
アクセス http://www.nittem.co.jp/nbox/map_suitengu.html
概要 http://www.milano-design.jp/nin/index.html

2005/3/16 Wednesday

複合ブログ picasonic

Filed under: - site admin @ 23:09

picasonicは、世界各地に住むメンバたちからの情報発信をひとつのアートとして捉えており、それをブログで構成している。

6箇所のメンバがそれぞれの日々を記し、それが全体をみると、現在を生きるというメッセージになる。写真も面白く、展覧会にふらりと迷い込んだような心地よさがある。ブログの不思議さと広がりを感じさせてくれる。

2005/3/14 Monday

A Customer Service Data Point

Filed under: - site admin @ 23:47

The Starbucks coffee shops empire makes a big deal of its T-Mobile WiFi access in the U.S. and several other countries. The other countries need to get the message. At two of the three Starbucks I stopped by in London, the WiFi was not working. Not a big deal, but the two companies should work on delivering what they promise.

starbucks

スターバックスでは、高速インターネットサービスが提供されているとうたっているが、実際にはロンドンの2店では使えなかった。宣伝をするからには、実行してほしいとブログに書いたところ、さっそく8個ものコメントが付いてきた。
スターバックスはコーヒーを愉しむ場所だから、ネット接続を期待してはいけないとか、東京ではぜんぜんそんなサービスはなかったとか、各国におけるスターバックスの状況が書かれている。こちらも国際的な展開をしているので、地域ごとの検証というのも面白い。

それに対して、宣伝したからには責任をもってほしい という Dan の主張はいかにもジャーナリストらしく、誠実だ。
When someone advertises a service, I tend to expect them to provide it.

こういう大人のブログが、米国のジャーナリスト・サイトでは頻繁に見ることができる。

2005/3/10 Thursday

イタリア語学習関連データベース

Filed under: - site admin @ 22:23

ブログとソーシャルネットワーク(SNS)を効果的に使うと、驚く程の早さでコミュニティが構成される。イタリア語の部屋がmixiにできたのは2/22だが、そこで書き込まれる内容が散逸しないようにと、主宰者がブログを立ち上げた。題してイタリア語学習関連データベース

グループで書き込む形式なので、いろいろと調べて、カテゴリーも表示できるdoblogに落ち着いた。ここは、腹を据えてイタリア語を学ぶ人が集まっているので、ここのデータベースは主宰者が日々アーカイブを取って、別に保管している。また、SNSの方も、日本語を学んでいるイタリア人(イタリア在住)が参加して賑わってきた。このイタリア人は、日本語のSNSに登録して、コメントを書き出した。それがわずか、二週間余りで次々と進んでいる。

ブログの世界は、速さが違うといつも思っていたが、こんな真面目な学習サイトでもこれだけ盛り上がるのだ。ブログがオンラインのデータベースであことを効果的に使った例として、紹介したい。

2005/3/9 Wednesday

excite blog 頑張れ『サラリーマン!!』

Filed under: - site admin @ 22:16

社長ブログというのは、昼食に何を食べたとか、読んだ本の話ばかり書いてあるのかと思ったら、エキサイト社長が雇われ社長として立場で、愚痴をこぼしている。

文章がなかなかよい、一部引用–

小生は雇われ社長に誇りを持っている。日本一の雇われ社長、雇われ社長のプロを目指している。よっていまだかつて、自分で会社を起こそうと思った事はない。こんな言い方は乱暴だと思われるかも知れないが、会社は、少しのお金と印鑑で作ることができる。まあいえば能力がなくても会社を作って社長になる事はできる。しかし雇われ社長は違う。能力とスキル、バックグラウンド、パッション、リーダーシップ、ビジョンがなければ雇ってもらえない。雇われる能力がなければ、なれないのである。

 話がかなり脱線したが、伝えたかったのは、サラリーマンはかっこいいという事である。仕事場はサークル活動のように好きな連中が集まって遊んでいるのではない。嫌いな奴も一杯いる。その中で積み重ねていく場所なのである。サラリーマンも常に大きな責任を持っている。サラリーマンも失敗はできないのである。常勝でなければいけないのである。仕事も、預かる金額も、増えていく。責任を持って会社の為に闘う、家族の為に闘うサラリーマンはとてもかっこいいんだ。

–引用終わり

この山村幸広さんは、好感がもてる。以前にも、ジャスダックに上場される前の11/1に、みなさまに頭を下げて感謝を表している。

こんなお茶目な社長のいる会社なら、使ってみたいという方もいるだろう。企業のwebサイトでは表現できない人間味あふれたサイドストーリーも、ブログの特長である。

2005/3/8 Tuesday

バイリンガルな写真家サイト

Filed under: - site admin @ 21:42

ビジネスブログは企業だけでのものはなく、写真家のような専門職にも応用できる。webサイトを立ち上げた写真家は多いが、日本語英語のバイリンガルなビジネスブログまで展開している例は珍しい。内容もそれぞれの文化を考慮して一部変更して書いている。

使っているのはアメリカのスタンダードのひとつになっているbloggerで、一人で複数ものブログが持てるのが特長だ。こういう日米のサイトがシームレスに繋がっているのがいい。

弊社セミナでも紹介しているが、webサイトは固定のもの、日々の動きはブログで紹介するというのが、いちばん新しい広報活動になる。ブログなら、サイドストーリーも紹介できるし、お客さまとの距離が一気に縮まる。コーポレイトフォトのような公的に使われる写真を撮ってもらうとき、写真家の顔が分かっていると安心する。そういう意味でも、貴重なブログだといえる。

2005/3/7 Monday

トヨタ自動車のVitzブログ

Filed under: - site admin @ 23:44

日産だけでなく、トヨタもブログを開始した。新コンパクトカー 『Vits』の特設サイト Water Bar では、マスターの日記を読むという形式で、この車のプロモーションを行なっている。名前から見てもわかるように、エキサイトブログを使っている。

このサイトは大通りには置いていない。Flash 6 で見ることのできる、スペシャルサイト Water Bar を開き、Movieを見て、マスターの日記を読む、はい と答えてはじめて辿り着くことができる。トラックバックもできるが、エキサイトブログ会員専用のものが用意されている。

日記の中身は、こだわりのある選択が一貫したテーマになっていて、その中で車は Vits というわけだ。企業ブログというのは、ここまで厳重に守られていなければ、GO サインがおりないのかもしれない。

2005/3/5 Saturday

文化庁メディア芸術祭 特設ブログ

Filed under: - site admin @ 20:36

文化庁メディア芸術祭に合わせて期間限定の特設ブログが開設されている。これは世界43ヶ国が参加する、アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガのフェスティバルである。

ココログが協賛しているが、メディア芸術祭にふわさしい多彩な内容になっている。なによりもすばらしいのは、日々の登場者や受賞者がまるでニュースでも見ているように、リアルタイムで紹介されていることだ。

通常の場合、閉会後しばらくしてから、編集されたwebサイトが載るのに、ここでは活き活きとした人々の様子が日々伝わってくる。写真がうますぎす、自然だ。コメントはできないが、トラックバックは受付けている。管理者さえしっかりしていれば、文化庁でもこれくらいことはできるということを教えてくれるよい見本だ。

media festival

2005/3/4 Friday

J-WAVE blog

Filed under: - site admin @ 22:57

今、ニッポン放送についてなにかと騒がしいが、J-WAVE では、J-WAVE blog を始めていた。

番組公式blog として、7本のブログを立ち上げているが、これがコメントもトラックバックもできないようになっている。
リクエストは別ページにつくられたサイトから書き込むようになっていて、ご丁寧にも番組ごとにリクエストサイトが用意されていた。

J-WAVE は80年代後半、彗星のように登場し、ここを聞くのがステイタスだった時期もあったのだが、もっと尖ったことをやってもいいのではないか。ビジネスブログを作るには、それなりの基本をおさえている必要がある。ブログの速さ、簡単さ、驚くほどの情報収集などはすべて、コメント、トラックバック、RSS から生まれている。番組の7つのブログと全体ブログが4つもあるのに、どこにもトラックバックできない。

2005/3/3 Thursday

みんなの住まい

Filed under: - site admin @ 23:01

三井不動産が2/25より始めたサイトはシンプルで好感が持てる。住宅について、みんなで話し合いましょうという、読者参加型だ。これからの企業サイトはこのくらいお客さまに接近しないと、的確な情報が取れない。また、
スタッフのブログもあって、作り手の姿がわかるようになっている。

不動産のような高額商品を扱うのに、これまでのやり方では不十分な点が多々あった。それに気づいたのがすばらしい。今後、お客さまとどうコラボレーションしていくのか、楽しみである。

3/10、3/17のセミナではこれから続々と誕生するビジネスブログを取り上げて行こうと思っている。

2005/3/2 Wednesday

VAIO青山ブログ

Filed under: - site admin @ 23:41

コラボレーションブログ、あるいは、スポンサードブログ。
青山の人気インテリアショップとVAIOのコラボレーションと題して、2/20から3/31まで、VAIO青山ブログを開設。日本のプロモーションだと、このような期間限定のサイトがいちばん手頃なのかもしれない。
ligne roset aoyama

おしゃれな店を紹介して、そこにVAIOを置いたらどうなるか、という発想はおもしろと思う。
多くの人が訪れるのがビジネスブログの特長のひとつなのだから、コメントやトラックバックが少ないのは寂しい。関係者も総動員して、なんとか工夫してほしいものだ。たしかにコメントが書きやすいサイトはあるだから。
ここを見るお客さまは、そんなやりとりも楽しんでいるはずだと思う。

2005/2/26 Saturday

web広告研究会

Filed under: - site admin @ 23:25

2/25に大手町サンケイプラザで行なわれたweb広告研究会に出かけた。知合いが参加しているので、久しぶりにご挨拶する。講演の内容もそれぞれに面白かった。新しい事例紹介がいくつかあって、エモーショナルに訴えるやり方は、聞き手をわくわくさせる。

広告の新しい可能性や、今後のビジネスモデルの種のようなものがあちこちにあって、機をうまく掴めばなんでもできそうだと思った。日頃、TVを見ない暮らしをしているので、インターネット上の広告の方が馴染みがある。これから先、ますますショートフィルムによる広告が流行るのではないか。30秒、15秒のスポットに大量の費用を投下するより、質の良いフィルムを3分間くらい自社webサイトで流していた方が、好感が持てる。お金の使い方が変わってきたのではないだろうか。

自分の調べたことや、知っていることと、世の中の動き(それがいいのか、悪いのかは別として)、トレンドがよく分かった。会員参加型のセミナは充実度が高い。

2005/2/25 Friday

Firefox 1.0.1 beta available

Filed under: - site admin @ 23:56

2004年の11月にFirefox 1.0がリリースされたされてから、ダウンロード数は増え続けている。このFirefox 1.0.1が米国時間で2/23に登場した。
firefox

そして、O’REILLYのweblogサイトでもMake out with FireFox というタイトルで Moveable Typeでの使用法が書かれている。
ここも、もちろんブログだ。

また、フォーラムも用意されていて、オープンソースソフトウェアファンデーションの名にふさわしいものがある。

2005/2/24 Thursday

イタリア語学習ブログ

Filed under: - site admin @ 22:32

語学の学習というのは、孤独な作業である。ある程度はひとりでも上達するのだが、中級くらいになると学習というよりは、格闘状態になっていく。その中で、上質なイタリア語を学ぶブログを発見。『フランス語とイタリア語ノート』主宰はmasayukiさんはmixiに「イタリア語の部屋」も開設した。

ブログとソーシャルネットワーキングを使って、仲間と交流するという理想的なビジネスモデルである。これからはこういう個人(アメリカでいう citizen marketer : Citizen marketers are customer evangelists who generate media on behalf of products, services, companies or people who generate inspiration. Most forms of media they create is shared across the web.) がどんどん誕生していくのだと思う。

2005/2/23 Wednesday

レストランブログ

Filed under: - site admin @ 23:07

毎日、たくさんのブログを見て過ごしていると、レストランガイドもブログで探そうという気になる。情報の鮮度が違うし、スポンサーなしの主観による判断は結構鋭いものがある。

2/23に飯田橋で会合があった帰り,神楽坂のフレンチレストランを予約して訪れたが、ここもブログの紹介とまた、いくつものコメントをみて、直感的に美味しそうだと思った。ブログの形式はアーカイブと、検索機能に優れているので、こういう探し物をするときは威力を発揮する。

それにしてもこのサイトの主宰者は写真がきれいだ。こういう方を編集長にしてブログで料理サイトを運営するのも面白い。

同じようにレストラン情報をwebで展開している方がいて、こちらも博学なのだが、ブログ形式でないので何かを探したりするときにはかなり時間を要する。

2005/2/21 Monday

MANYBOOKS.NET

Filed under: - site admin @ 23:44

Free eBooks for your PDA – From the Project Gutenberg archive
PDFで読める無料の本、ただし英語版がいちばん多い。
http://manybooks.net/には、10,049冊のeBooksが収録されていて、Palm、PocketPC、ザウルスなどで読むことができる。もちろん、これらの本は無償である。

使い方は、お薦めの本などから読みたいタイトルを探し、形式を指定してダウンロードする。これらがブログを使って構成されている。まさにオンラインのデータベースとしての機能を活かしたもので、見事にデザインされている。

2005/2/20 Sunday

NYT Buys About.com

Filed under: - site admin @ 23:06

PaidContent’s によれば、New York TimesがAbout.comを取得したというインタビューが載っている。これにより、NYTは世界最大のブログカンパニーに手に入れたことになる。

インタビューの中で、Martin Nisenholtz は、なぜ自分から始めなかったのか、その方が遥かに安くあがるとの質問に対して、About.com は2004年度に利益を出しているし、そこまでになるには何年もかかるからだと答えている。

このブログはまだ続く。
Analysts React To NYT-About Deal
Merrill LynchのメディアアナリストのLauren Rich Fineもおおむね賛成の意見を述べている。

Goldman SachsのPeter Appertも広告市場で成長する戦略的な方法だといっている。
このような意見がブログの中に紹介されているのである。

このPaidContenct.org は The Digital Media Jobs Blogと名乗っている
Covering, what else, jobs in the digital media sectorということだ。内容も詰まっていてどれも読みごたえがある。こういうブログがあちこちに存在するアメリカは成熟した社会人が多いということなのだろうか。

2005/2/19 Saturday

Journalism Blog

Filed under: - site admin @ 23:07

Dan Gillmor は San Jose Mercury News のコラムニストとして活躍した後、市民の目でみたメディアを目指すようになった。このブログは良質なジャーナリスムを提供しているので、固定ファンも多く、また、コメントやトラックバックが多く付いているのが特長である。アメリカの財界人などにもリンクされていて、よくこのページに行き着く。

自己の経歴、連絡先なども明記していて、これだけスパムメールが行き交う中、さすがにジャーナリストは筋金入りだと関心してしまう。内容の公正さ、誠実さをアピールすることでさらに良い訪問者を獲得している例としてあげられるだろう。

2005/2/18 Friday

Weather Blog

Filed under: - site admin @ 22:42

Rising Slowlyが提供しているWeather Blogというのも、ビジネスブログのひとつのあり方だ。写真、カテゴリー分け、時系列の情報、アーカイブの利用など、どれもブログだから作れるデータベースになっている。また、イギリスの天気というところに面白さがある。

英語もとてもわかりやすいし、コメントなどなくても十分に楽しめる。レイアウトもおしゃれだし、大人のサイトだ。

2005/2/17 Thursday

Sponsored blogs Subaru

Filed under: - site admin @ 23:12

米国のSubaruが行なっている Sponsored blogs をご紹介します。autoblog/です。

Subaruの名前はどこにも載っていません。けれど、いくつかのブログからSubaruがスポンサードブログを始めたという記載があり、気になって探してみました。

このサイトの広告を手がけたPheedoによれば、SUBARUは新製品のTribecaを売るために2ヶ月間、スポンサーになっています。Autoblogの中で自然にとけ込むような広告制作を依頼されています。よく見れば、もちろんですが、SUBARU B9 Tirebecaの広告はしっかり目立つところに載っています。これがカッコイイのです、ぜひクリックしてみてください。音もでますからちょっと注意が必要かもしれません。期間限定のスポンサー、さすがにアメリカはさまざまなケースがありますね。

このautoblogはなかなか中身が多彩で読みごたえがあります。GM Vice Chairman のBob LutzのブログにもBlogs we likeにリンクされています。

2005/2/16 Wednesday

Sponsored blogs Sony

Filed under: - site admin @ 22:41

米国ソニーがスポンサーをしているブログ Lifehackerがある。これらをSponsored blogs(スポンサードブログ)と呼んでいる。これらSponsored blogs は advertorials なのか editorials という議論がされているが、Silicon Valley Watcherによればソニーはなにもコントロールせずに任せてくれた。賢いマーケッターはエディトリアルのもつ影響力についてよく理解しているからだ、と述べている。

人々は作為的なビジネスブログはすぐに見破る。本当に賢い人は編集者にすべて任せておき、ときどき見守るだけだ。なぜならアメリカという国のジャーナリストは成熟しているから、指示しなくても、それなりの結果をだせるのだ。

2005/2/15 Tuesday

三陽商会がブログで新ブランドの販促

Filed under: - site admin @ 18:57

日経流通新聞2/9の記事を送っていただきました。

それによれば三陽商会がBLOG形式の新サイト smackyglam.com がオープン。
smack glam

ターゲットは20代の女性で、同じ20代の女性モニターらを公募し、消費者の視点で新ブランドの感想などを書き込むようになっている。

このブログは商品担当者や現場の販売員も書き込み、コメントやトラックバックも受付けている。企業の実験サイトとして、またひとつ新しい手法が取り入られている。

若いと自信のある方は、ぜひ、コメントを入れてみてください。

2005/2/14 Monday

HaloScan.com

Filed under: - site admin @ 22:58

HaloScan.com は、weblogやwebsite に訪れた人が簡単なフィードバックを残せるようにコメントとトラックバック機能を提供している。やり方は指示にしたがって、数行をテンプレイトに追加するだけである。

Bloggerで作ったサイトは現在コメントしかサポートしていないので、実験的にオリーブオイル日記に付けてみた。 テンプレイトがカスタマイズできるものなら、どれでも使える。

Now that HaloScan offers trackback, the following weblog systems can also send and receive trackbacks:
Blogger or Blogspot
Big Blog Tool
Blogalia
Blogdrive
BlogStudio
Diary-X
Diaryland
Greymatter
iBlog
Newspro
PHP-Nuke
Pitas
pMachine
Scribble
Textpattern
Thingamablog

The HaloScan trackback system can be used to send or receive trackback pings from any weblog that is trackback enabled (MT, Radio, B2, Haloscan trackback, etc).

2005/2/12 Saturday

リクルートブログ 日本テレコム

Filed under: - site admin @ 23:45

ビジネスブログはまだ実験サイトが多いが、その中でも日本テレコムリクルートブログは新しい試みである。

書いているのは入社5年目の人事部採用担当者。三月中旬までの限定サイトである。本人の名前も顔写真も公開されていて、コメントもトラックバックも付けられるようになってる。事務的な採用の話だけでなく、個人生活も語っていて、まじめに取り組もうという姿勢が、好感が持てる。

blog開始!
2005年01月19日

こんにちは。
採用担当の芝原と申します。
実はプライベートでもblogというものはやったことがなかったのですが、ヤクルトの古田選手も始めるという話を聞き、これはやらなあかんなぁ、と勝手に思い、社内・社外関係各署のご協力を仰ぎ、開設に至りました。
上記の理由も本当ですが、採用のHPでblogをやってる会社は殆どないので、はじめたらおもしろいかもしれないし、学生の方にとっても怖いイメージがあるかもしれない採用担当者が近い存在になり、面接とかでも緊張せずにすむかも、と思ったのも開設に至った理由です。

2005/2/11 Friday

Bloggerでは一人のユーザが複数のブログを作れる

Filed under: - site admin @ 22:16

Bloggerの使いやすさとインプット画面に宣伝がでないことが気に入っている。先に美術館ブログを作ったことを報告したが、同一ユーザが複数のブログを持つことができるのがわかったので、極上オリーブ日記をこちらに移転した。

なぜこんなことができるかというと、Bloggerには写真を保管する機能がない。替わりに flickrを使うことを薦めている。windows ユーザには Hello BloggerBotも用意されている。オンラインにあるイメージを使うというアイデアも賢い。そして、マルチランゲージ対応だから、曜日の表示もイタリア語にしてみた。ロシア語も出せる。

また、書き込みについても予めユーザ登録しておけば複数の人が1つのブログを運営することもできる。他にも機能がいろいろあって、使っていると楽しくなる。

2005/2/10 Thursday

ビジネスブログセミナ応用編

Filed under: - site admin @ 23:41

ビジネスブログセミナ応用編にご参加いただいたみなさま、ありがとうございます。毎月やっていて、ネタがあるのかと心配もされていますが、なにぶんにもこの世界、移り変わりの激しいところなので、毎回、というよりも毎週、内容が更新されています。

マーケティングという切り口でビジネスブログを語るのは、他にはあまりないようで、何も売り込まないのかという問い合わせに応えて、ブログで作ったレシピ集付きのエクストラバージン・オリーブオイルを販売しています。ブログセミナのお帰りにはぜひ、お求めください。味は極上のエクストラバージン・オリーブオイルで、限定品となっております。

2005/2/9 Wednesday

John Battelle’s Searchblog

Filed under: - site admin @ 23:26

John Battelle’s Searchblog には興味深い話が詰まっている。
サーチブログとあるだけに、情報をあちこちから集めているフィルターのような存在だ。
ずらりと並んだサーチエンジン、どれをご存知ですか。
A9
Alexa
Alltheweb
Alta Vista
AOMI
Ask
Ay-Up
Blowsearch
Business.com
Clusty
Dipsie
Eurekster
Feedster
Gigablast
Google
Jux2
Looksmart
Lycos Search
Mooter
MSN Search
Queryster
Search Tuna
SearchLimo
Seekscan
Snap
Soople
Sootle
Vivisimo
Yahoo Search

2005/2/8 Tuesday

hayakawa nonfiction Blog

Filed under: - site admin @ 21:26

早川書房が作っているブログ。ソースを見ればわかるが、typepadを使っている。 ノンフィクション作品のブログ運営中と書かれているように、内容は本にまつわるニュースだ。

このサイトは早川書房のノンフィクション作品(フィクション以外の作品の意)について、その新刊情報、刊行予定、特定の本に関するニュース、裏話などを、Blog形式で読者の皆様に提供する「広報サイト」です。と、はっきりと広報サイトだといいきっている潔さがよい。ブログの紹介、コメントやトラックバックなどの扱いも親切に説明している。

早川書房といえば、オシャレな翻訳小説をたくさん出しているというイメージがある。ずっと昔、『ローズマリーの赤ちゃん』というホラー小説を早川書房で読んだことがある。ミステリーについて、書き込みができるとうれしいのだが。

2005/2/7 Monday

SFGate.com

Filed under: - site admin @ 22:21

サンフランシスコ Chronicle がオンラインの新聞SFGate.comを出しているが、これはカテゴリごとにRSSを書き出している。この中で、特徴的なことはChronicleのコラムニストたちによる記事である。これもブログの一種だが、その検索機能を活かして、アーカイブから気になる記事を取り出すことができる。

コラムニストごとに検索できるので、好きな人の記事をまとめ読みすることが可能だ

2005/2/6 Sunday

bloggerはとても使いやすい

Filed under: - site admin @ 22:59

アメリカのブログツールのスタンダードにもなっているbloggerであるが、美術館ブログを作ってみた。さすがに使い勝手がよい。

第一に余計な情報を入力しなくてよい。
テンプレイトがおしゃれ
HTMLと普通に入力の両方が選べるので、後から修正もしやすい
リンクやイメージのボタン形式が簡単
入力画面のフォントがおしゃれ

これなら初心者でもすぐにブログが作れそうだ。

2005/2/5 Saturday

O’REILLY Developer Weblogs

Filed under: - site admin @ 22:49

あのオライリーがブログをやっていた。下手な雑誌の一冊分くらいの中身がある。オンラインのデータベース機能を使って、記事をアーカイブし、検索もできるようになっている。有効な広告手段なのだろうが、出版社が始めたブログは、情報量が一桁違うような気がする。oreilly

BLOG BUSINESS SUMMIT

Filed under: - site admin @ 22:05

Blog Business Summit が、1月24日、25日にシアトルで開かれたが、これに関連していくつかの発表資料が紹介されている。Molly E. Holzschlagの発表資料によれば、ブログの三要素は、Comment, Track Back, RSS/ATOM feeds である。米国におけるブログのスタンダードは、Blogger, TypePad, Movable Type and WordPress だそうだ。GlennLog: Blog Business Summit Speech in QuickTime with SlidesBlogPulseは、Conversation Trackerという機能をもっている。

ブログに対する取り組み方は、NYCと、この Seattle が特に進んでいるようだ。便利なツールも次々と紹介されていて、ブログが社会基盤となっている様子が分かる。

2005/2/4 Friday

イントラブログ・コンソーシアム

Filed under: - site admin @ 23:16

アップルストア銀座で行なわれたBUSINESS BLOG TOUR2005に出かけてきた。パネラーは シックス・アパート関社長、ネットエイジグループ佐藤取締役、アップルコンピューター鈴木課長、マックパワー高橋編集長の4名がそれぞれに自分のことを語るだけで時間はどんどん過ぎて行く。
apple ginza

日立の小川さんと名刺交換したら、『あっ、トラックバックしていただいていますね』、とすぐに気が付いてくれた。こういう自己紹介の形式もありなのだ。TBは名刺交換のときに有効と追記しておこう。

イントラブログ・コンソーシアム』設立趣意書 一部引用

そして、ビジネスブログがもたらす変革は、実は企業のファイアウォールの内側で静かに始まっています。 社内に設置され、社員を読み手として情報発信をおこなう非公開型のビジネスブログは、結果として従来のイントラネットの代用もしくは併用という形式を伴うので、「イントラブログ」と呼んでいます。

イントラブログの活用は、迅速な企業内部での情報発信、社員同士の情報共有、知識の流通と集約といったさまざまな効果を期待することができるものです。
イントラブログは、XMLに準拠したHTMLであるXHTML言語によって記述され、及びRSSを自動的に生成可能なセマンティックなネットワークで す。つまり、ブログフォーマットを用いて構築されるイントラネット、となります。企業内における、「暗黙知」を有効活用し、社員の情報共有を効率的に促進するための、新しいソリューションです。

2005/2/3 Thursday

ヌーベルブログのサイト変更

Filed under: - site admin @ 23:02

NECが2004年3月から開始したヌーベルブログであるが、2/2のセミナ時に見に行ったら、終了されていた。

フランス語で新しい波を意味する「Nouvelle Vague ヌーベルバーグ」にちなんで、Blogで新しいITの波を見つけて行こうという意味を込めて名づけられました。2004年3月よりレギュラーメンバーが招くゲストを交え、毎回ITにまつわる数字を切り口に各々が見つけたITナンバーを紹介してきました。2005年 1月をもってNEC「AdNEC N SQUARE」での運営を終了し、現在は百式管理人により運営をさせていただいています。

突然の引越で少し驚いたが、関係者の話によれば、ブログコミュニティと企業マーケティングの実験サイトだったらしい。一年間である成果が出たので、次のステップに移る前の小休止だと思うが、やはり、こういうブログが無くなると寂しい。

2005/2/2 Wednesday

カナロコ 神奈川新聞ニュースは、2005年2月1日からブログで更新

Filed under: - site admin @ 19:11

カナロコでは、随所にWeblog(ウェブログ、通称ブログ)を活用しています。Weblogは、日記形式のコンテンツ更新ツールのことで、最近では個人が簡単にホームページを持つためのツールとしても注目されています。その活用は日記にとどまらず、さまざまなシーンで利用されています。
カナロコでは、ブログのメリットである「情報の整理」に非常に優れている点と、ユーザーとのコミュニケーションを促進するという点を活かすべく、新聞社としては初めてブログの導入に踏み切りました 】

いよいよ新聞がブログを使ってサービスを行なう時代がやってきた。3/31までは試運転期間なのでさっそく住民登録をする。
氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メイルアドレスなどの基本情報を登録すると、さらに詳しい内容をみることができる。これだけでもすばらしいデータベースができるはずだ。それも神奈川県限定であるから、より詳細なデータとなりうる。こういうビジネスモデルも最初に始めた方が賢い。

2/2現在、アクセス数が多くて繋がりにくい状況になっているとのことだ。今後もどんなサービスを提供して行くのか見守りたい。

2005/2/1 Tuesday

Welcome to PeaSoup

Filed under: - site admin @ 23:16

PeaSoup is weblog and notebook, laboratory and playground, attempting clarity and flow, simultaneously, mutually, interdependently… in the everyday fog of meetings and markets, my own small mind and bigger global movements. Welcome to the Soup!

ずっと昔にネットサーフィンをしていたことを思い出す。一つのリンクの先に新しい世界が待っていて、それは予め決められていた約束のように、出会う。
100bloggers のサイトも奥が深く、いつまでも飽きない。本の宣伝をしているのだが、日々新しい手法を取っていて、明日が楽しみになっている。アメリカのサイトを覗いていると思いがけない情報が飛び込んで来る。

2005/1/31 Monday

Blogging, Journalism & Credibility

Filed under: - site admin @ 22:23

When Bloggers Make News
As Their Clout Increases, Web Diarists Are Asking:
Just What Are the Rules?

By JESSICA MINTZ
Staff Reporter of THE WALL STREET JOURNAL
January 21, 2005; Page B1

THE WALL STREET JOURNAL によれば、ハーバード大学でこの週末、少人数のジャーナリスト、ブロガー、メディア関係者が集って"Blogging, Journalism & Credibility"というコンファランスを開いたという。この目的は、ブログの倫理的なあり方について問い、ジャーナリストが、スタンダードと不一致なブログをどうするかなどが話し合われた。

この背景には米国におけるブログの増加が大きな社会的現象になっているからである。
Pew Internet and American Life Projectの調査によれば、大統領選の際には1100万人がポリティカルブログを読んだと報告された。

ブロガーたちはオピニオンライターから、シチズンジャーナリストになっていく。この場合、ジャーナリストであれば当然訓練されている表現の自由に対する倫理、危機管理、ルールをどうやって学ぶかが問題になって来るだろう。

2005/1/28 Friday

OpenSolaris.org now “open” for business

Filed under: - site admin @ 23:41

SunのCOOのジョナサンが出したIBMへの公開書簡が話題になっているが、その後、どんな進展があるのかチェックしてみた。blog.sun.comの上位に並んでいる人が何か関連したことを書いているのではないか。これがマーケティング的な予想である。以下、2位から4位までの三名のブログを分析してみる。

いよいよアメリカ時間の1/27から動き出した。これから先は定期的にニュースを比較してみよう。

ブログというのは限られたトピックスで人を集める特性を持っているので、ここに来る人は関心のあるひとばかりだ。つまり、客層を絞っての宣伝活動ができるのがビジネスブログの大きな特長である。

2005/1/27 Thursday

第一回デザイナーのためのビジネスブログの作り方

Filed under: - site admin @ 23:15

本日、ご参加いただきましたみなさまに厚く御礼申し上げます。

セミナ開催は、通常ぎりぎりまで資料作りに追われていますが、今回はブログで作っているので、変更しやすいのがうれしいです。アメリカと日本の事例紹介をしていて、日本はまだのんびりしていると感じることが多いです。アメリカではコメントスパムが社会問題になりつつあり、一方日本では、コメントを書くのも勇気がいるという状況です。

アメリカの最新情報は日本に伝わらないという事実にも気が付きましたので、定期的にチェックすることにしました。セミナをしながらお客さまに教えられることが多く、これが役得なのでしょう。毎週更新していく資料も楽しみです。

2月からは応用編も始まりますので、情報分析に明け暮れた生活になりそうです。

2005/1/25 Tuesday

Jonathan’s Blog

Filed under: - site admin @ 23:24

昨日、エキサイトで社長ブログの記事を見たが、ライターの方も少し海外に目を向けてほしいと思った。日本で紹介される海外のニュースはほんのわずかで、それもバイアスがかかっていることが多い。
サンマイクロシステムズでは、社員のだれもにブログが開放されているが、そのCOOであるジョナサンがIBMのSam Palmisanoに対して、公式書簡をBlogで公開している。

サンは、IBMがもっとソラリスのサポートをしてほしい、とお願いしている。サンは、昨年の7月にもeBayに出品することをブログに載せているし、ジョナサンブログは価値ある情報が発表されているので目が離せない。サンという会社の自由な気風がうまく合わさって、企業PRの一環をになっているブログだ。

Friday January 21, 2005

An Open Letter to Sam Palmisano, CEO, IBM Corp.

Sam Palmisano
Chairman and CEO
IBM Corp
New Orchard Road
Armonk, NY 10504

Dear Sam,

IBM and Sun have a long history of partnering. We’ve worked on Java together, more recently you joined us in the Liberty Alliance, helping to drive standards around network identity. We, and our customers, appreciate constructive partnership.

As you’re no doubt aware, Sun is set to ship the newest release of our Solaris operating system, Solaris 10. It’s the most secure OS the world has ever seen - bringing mainframe features, like logical partitioning, to every platform on which it runs. Solaris is now available on over 300 systems, from vendors such as IBM, Dell, HP and of course Sun’s SPARC and Opteron systems. We’ve made Solaris into a truly vendor neutral OS.

Customers and partners have noticed. From Federal Express to Verisign, SAP and Oracle to Siebel, Veritas and BEA - from across the globe and marketplace - there is tremendous demand and support. They love that we’re open sourcing Solaris, and that we’ll be the first open source vendor to offer a commercial version of our product with indemnification against intellectual property lawsuits. They love that we can run linux apps unmodified. I’m assuming you’ve seen comments such as those from Tony Scott, CTO, General Motors, in the recent eWeek article - we’ve got dozens more customers happy to speak with the press about their growing concern.

We’ve repeatedly passed along customer interest in having IBM support Solaris 10 with WebSphere, DB2, Tivoli, Rational and MQSeries products. Customers have made repeated calls to you and your staff. Those same customers have now asked me to begin communicating with you in a more public and visible way - they’d like the choice to run IBM products on Solaris 10, and they’re feeling that your withholding support is part of a vendor lock-in strategy. A strategy to trap them into IBM’s proprietary Power5 platform only.

Frankly, that behavior is reminiscent of an IBM history many CIO’s would like to forget.

We’ve made sure your engineers know that moving from Solaris 8 or 9 to Solaris 10 takes no work, given that we offer true binary compatibility. If you’re on SPARC, and you’d like to take advantage of a world of x86 systems, it’s a simple recompile. There’s no recoding at all. Same applies to scaling up from Intel or Opteron to SPARC. No recoding.

So the technology is there, and so are the customers, partners and opportunities. But it’s more evident by the day, the only vendors that fear choice are those trying to block it. We stand at the ready to help you tear down this wall.

Regards,

Jonathan Schwartz,
President, Chief Operating Officer
Sun Microsystems, Inc.

2005/1/24 Monday

エキサイトのビジネスブログ

Filed under: - site admin @ 23:04

エキサイトがビジネスブログ最新レポートを開始したので、のぞきに行った。ビジネスブログのポータルサイトを目指しているらしい。最新レポートというので、なにが出てくるのかと思ったら、第一回目は社長ブログだった。やや言い古された言い方で、こちらでとりあげた内容に似ている。やはり、この辺りから書き始めるのが順当なのだろう。こういうものは、継続してこそ,価値が出てくる。今後の展開が楽しみだ。

2005/1/23 Sunday

Derek Powazek

Filed under: - site admin @ 23:46

オンラインのデータベースであるブログは、たくさんの可能性を秘めていると思うが、
デザイン性を重視するとなるとやはり、自由度のあるブログが必須になる。
サンフランシスコのwebデザイナーのコンパクトにまとめられたサイトを見ていると、
プロの技を感じる。

これは一種のビジネスブログである。彼は、自分が何ができるかをしっかりと宣伝している。

Working the web since 1995, Derek Powazek is the creator of many award-winning websites, a couple of which still exist. Derek is the author of Design for Community, San Francisco Stories, and has contributed to others. Derek is a writer and performer, leading the storytelling organization Fray. Derek lives in San Francisco with his wife, two nutty Chihuahuas, a grumpy cat, and a house full of plants named Fred. More »

2005/1/22 Saturday

イントラブログとは

Filed under: - site admin @ 23:18

イントラブログというのは、社内の部門や部署、プロジェクト単位でブログを開設することで、情報の共有化を計ることを目的にしている。既存のイントラネットをさらに深くしたもので、密度の濃い連携ができるはずだ。

企業としては日立が頑張っていて、イントラブログの会員制サイトを立ち上げた。実際のオープンは少し遅れて2月1日なのだが、カウントダウンもあって愉しい。これにあわせてセミナも開催されるが、残念ながら東京はもう満席で閉め切っている

イントラブログの概要
「イントラブログ」=社内向け限定の非公開型ブログ

マーケティング利用や、社外のお客様への情報発信に用いる社外公開型のブログに対し、非公開型のブログもまた存在します。非公開型のブログは、社内向けに設置され、社員を読み手として情報発信を行うビジネスブログです。
この非公開型のブログは結果として従来のイントラネットの代用もしくは併用という形式を伴うので、「イントラブログ」と呼称しています。

2005/1/21 Friday

ビジネスブログの研究

Filed under: - site admin @ 23:46

第二回目のセミナが終了した。一週間前とすでに状況が変わっていて、新しい情報がどんどん入ってくる。ビジネスブログについての関心が高くなっているような気がした。ブログはただの日記で終わらせるには、惜しいほど、良質な、使い勝手のよいデータベースになりうるのだ。

要するに取り組む側の意識の問題であって、雲の中にいて、見えないことが見えるようになれば、それだけで新しいことが始まる。マーケティング的に見て、この新しい出来事の予感というのは1995年の今頃、Cisco waveでインターネットの仕組みを始めて教わったときの感動に似ている。いろいろま可能性があるものを、いかに各自のビジネスに役立てるか、そのお手伝いをしたいと思っている。

2005/1/20 Thursday

nofollow is No Good!

Filed under: - site admin @ 22:58

six apart Professional Network ProNet mailing list に入っているので、MT(Movable Type)に何か動きがあるといきなりトラフィクスが増える。今回も30以上のメイルが届いていたので、なにかと思うと、rel="nofollow” と呼ばれるコメントspam対策用の支援ツールの話だった。このnofollowは、実際のところ、それほどの効力がないらしい。みんなが意見を書き込んでいる中に、日本人の名前を見つけたので、覗きにいった。

このMLで紹介されるブログがなかなか興味深い。PARASMEは、Javaスクリプトを使ってカレンダーを書いているのがおしゃれだ。自前のブログならデザイン性はいくらでも追求できる。無料もいいが、宣伝が付いているのは、ちょっと興ざめする。

2005/1/19 Wednesday

最近のブログサービスで会員数が大きいのは

Filed under: - site admin @ 21:22

最新データでブログホスティングサービスからみたとき、ブログファンが参考になると教わった。

データとはいえ、週間のトップも、月間のトップも普遍ではない。ひんぱんに定点観測する必要があるだろう。ただ、加入者数だけでは測れない。ブログを始めても継続させることができない人もいるだろうし、また、複数のブログを持つ人も現れる。

12月のアクティブユーザー数の月間データでいえば、次のようになっている。今月が終わって、どのような順位にかわるか、予想を立て、それを検証するのも大切だ。

  1. ライブドア 96197
  2. 楽天 90026
  3. NAVERブログ 80190
  4. ヤプログ! 43524
  5. エキサイトブログ 40084
  6. goo ブログ 35695
  7. はてなダイアリー 36363
  8. JUGEM 18341
  9. ココログ16222
  10. ドリコムブログ14071
  11. アメーバブログ13762
  12. Seesaaブログ 13611

注)「毎月のアクティブユーザー数」は、一か月(1日から月の末日まで)のうちに更新されたブログのアカウント数を集計しています。一か月に複数回更新されたアカウントも一回と数えるため、日ごとのアクティブユーザー数や週ごとのアクティブユーザー数の合計にはなりません。

2005/1/18 Tuesday

Apple Can’t Strongarm Bloggers

Filed under: - site admin @ 22:09

カルフォルニア州サンタクララ発、Apple製品にとって年間でも最大の催しであるMacworldのわずか数週間前に、アップルは二つの発行人に法的圧力をかけた。それは、コードネーム"Asteroid"とよばれる製品の情報についてAppleInsiderと、PowerPageがweblogに書き込みを載せていたからである。アップルウォッチャーはこの製品がMacworldで発表されることを信じていた。EFF(The Electronic Frontier Foundation)は、これらの発行人に対し、かられの権利、情報を提供する使命を守ることの代理人をしている。

□■
アップル関連でもうひとつ。
こちらはPhiladelphia PowerBook Users Group (PPUG) meetingの紹介。使えそうな製品、無料で手に入るソフトなど最新の情報が載っている。ここで、自分の使っているソフトなどを見つけると、うれしくなる。

Blogger.com, free
Excellent blogging service by Google.

Flickr, free
Flickr.com allows you to publish photos directly from your camera phone. You can also publish  photos directly to your blogger.com site.

2005/1/17 Monday

Apple As Big Brother

Filed under: - site admin @ 22:03

ここ数日間、どこにいってもアップルの話題で持ち切りだ。イタリアサイトでも特集をしていたから、世界的な現象なのだろう。アメリカと日本に於ける評判を測るとき、イタリアサイトを覗いてみる。そこでも同じような評価をされているなら、かなり正しい。マーケティングで新製品のブロモーションをするとき、静岡がよく使われた。調査対象が適度にまとまっていて、調べやすい。ここで出た結果をもとに東京地区でいっせいにブロモーションするのだ。

webの世界も、アメリカからの情報発信だけみていると、偏向させてしまう。第二外国語というのは、こういうために学んでおくのかもしれない。

イタリアサイトからお薦めのアメリカの記事InfoWorldに行くと

Apple As Big Brotherというブログを見つけた。
InfoWorld Media Group は IDG の1ディビジョンである。

以下はイタリアサイトからの引用だ。
Apple is doing a great job marketing their bigger asset: their brand. They must use a very tight control on their communication to manage it and so far they have been very successful.

This of course means no weblogs, which sounds weird today.

2005/1/15 Saturday

GIZMODO

Filed under: - site admin @ 22:56

GIZMODOというのは、ニューヨークにある新進のwebマガジンである。小型機器、新製品、先進の民生機器に関するニュースをとりあげている。特にその感度が高いので、最新ニュース、新製品レビューには大勢の人が見に来ている。

それからもう一つ、有名人インタビューが人気の的になっている。たとえば、あのビルゲイツ。特にIBMが500以上の特許を解放したとき、それをcommunist だと言ったとか、言わなかったとかで注目が集まっている。

Gizmodo: When you talked to CNet (I believe that was yesterday), you sort of ticked off some of the blog world with some of the comments… a specific comment that was made, about some of the IP advocates―people that are advocating more… not necessarily open source, but Creative Commons and things like that. A less restrictive IP environment. You made an analogy and called them “communist.”

Do you feel that’s necessarily a fair judgment to make, to call those people ‘communists,’ as opposed to someone who adopts DRM as maybe… a ‘capitalist?’ (I don’t know what you’re thinking the opposite would be).

Gates: No, no, no. I didn’t say those people were ‘communists.’ I did say that they’re… The question is: what incentive systems should exist in the world? Call ‘communism’ a system where [in] the extreme case you believe that the idea of the individual getting lots of wealth in return for the things they do… that that’s wrong. If you have no incentive for individual excellence and it’s just sort of, you know, banned. All the way up to an extreme that nobody would believe in, that there’s no redistribution of wealth and that’s there’s no expiration of rights and control. So you have this huge spectrum.

話題性があると、ブログは大きく変化する。
イタリアのサイトだが、ランキングが載っていてなかなか興味深い。正面から見ないで脇からみると、世界は違って見える。

それにしてもApple mini で盛り上がっていますね。

2005/1/14 Friday

ビジネスブログはレンタルか、自前か

Filed under: - site admin @ 22:53

昨日のセミナで、『ビジネスブログを始めるとき、レンタルブログがいいのか、自前のものを構築した方がいいのか』という質問が出た。ブログは簡単に始められるので、とりあえず無料ブログで始めて、そのトラフィクや効果をみて、自社ブランドに格上げしたい。そのときにデータをすべてスムーズに移行するには、どんな方法がよいのかという質問である。

その答えになっているか分からないが、気になる新製品ニュースをいくつか紹介したいと思う。

  • 2005/01/12 21:23 更新 ITmediaニュース

    スカイアークシステム、企業向けブログ構築サービス開始

    スカイアークシステムは、Blog構築、デザイン制作、サーバー、運営サポート、更新ソフトをパッケージングしたサービスを提供開始した。このサービスはBlog構築に関わるデザイン制作、サーバ構築、運営サポート、更新ソフトをパッケージングして提供するというもの。これまでWebサイト構築、運営の経験がなくても可能なよう配慮されているという。

  • これまでのblogツールとはひと味違う、便利な機能が盛りだくさんのblogツール「a-blog」の特徴をご紹介いたします。a-blogで、あなたのblogライフをより楽しいものにしてみませんか?

    一般のレンタルblogの場合には、カスタマイズの幅が狭く他の利用者と同じようなものになってしまい、ビジネスでの利用を考えた場合、自社のデザインに合わせた、より統一感のあるものにすることが大切です。

    また、一般的な利用の場合でも、見せたくないプライベートな内容のものは、あらかじめ設定したユーザーのみ閲覧できるようにもできます。レンタルblogから、一歩すすんだ機能が盛りだくさんのa-blogにしてみませんか?

2005/1/13 Thursday

第一回ビジネスブログセミナ、ご参加ありがとうございました

Filed under: - site admin @ 23:31

本日、1/13 第一回のビジネスブログセミナが開催された。ご参加された方にこの場を借りて御礼申し上げます。

ビジネスブログに関して、やはりアメリカが先んじていて、日本に伝わっていないことがたくさんあることがわかった。
SunがeBayに出店していることや、それをブログで紹介していることなどは、やはりみな知らない。

そういう意味でもていねいに米国サイトから最新情報を見つけ出して来なければと思った。これが結構楽しみになっている。

2005/1/12 Wednesday

ビジネスブログを公開している企業

Filed under: - site admin @ 22:24

ビジネスブログを公開している企業の一部をご紹介します

2005/1/11 Tuesday

lessig blog

Filed under: - site admin @ 22:00

Stanford Law School 教授のLawrence Lessigのブログ
カリフォルニアスタイルとでもよぼうか、オシャレで知的なサイトである。 (ここはプロが関与して、お金もかけている)

1/11のニューヨークタイムズの記事でIBMが500のパテントをオープンソースのために解放するという発表についての感想が載っている。これに対するコメントも興味深い。

making good

IBM has announced the pledge of 500 patents to a “patent commons” for “open source” software development. That means people developing software licensed under a license certified by the Open Source Initiative can be assured that IBM will not assert these 500 patents against them – at least so long as they don’t sue IBM or another open source developer for patent related issues. (Steve Lohr’s got a piece in the Times.)

2005/1/10 Monday

ブログは誰でも作れるからフィルターが必要

Filed under: - site admin @ 22:48

昨年のデータだが、日本におけるブログの数は日々増えているが、まだ100万には達していないらしい。それでも50万以上のブログがあるので、その中から自分がほしい情報を見つけるには、ある種のコツが必要だ。24時間、ブログを見張っていることのできない人は、フィルターとよばれる(昔のMKTG用語ではオピニオンリーダー)そのトピックスの専門家から情報を得る方が効率的。

さて、その人を見つけるのはまず、自分の感性にあったブログ、考え方の共感できるものが多い人を選んでおく。途中で変えることはできるのだから、しばらくはそこからのリンクを辿って行くと面白い経験ができる。ちょうど山登りのルートを専門家の後について回るようなものだ。

一人でも登頂できるかもしれないが、あるときは遭難したり、挫折したりしなければいけない。ブログを読む愉しさは、発見の連続なので、体力もある程度必要だ。語学も少し分かっていた方がいい。アメリカのニュースは、編集され、かなり遅れて伝わることが多い。

ブログの中でも読みやすい英語の書き手を探せば、ある程度は理解できるはずだ。斜め読み、飛ばし読みも結構。ただ、それを引用するときは、再度読み直してください。

2005/1/9 Sunday

ブログは本当にだれでも作れるのか

Filed under: - site admin @ 22:48

ブログについて、調べているといくつかのキーワードが見えてくる。

1. オンライン・データベースになっていて、日付順、カテゴリー順に整理されて保管
2. 毎日書き込んでいれば、意識しなくてもそれなりのアーカイブになる。特に専門(趣味も含む)についての記述はすばらしい資料になる
3. RSS(RDF Site Summanry) により、複数のサイトのようやく一覧を作ったり、何かのキーワードを常に監視し、関連情報が発信されるのを機械的に見つけることができる
4. TB(Truck Back) 逆リンクにより、そこそこのトラフィックを集めることもできるし、有名サイトの筆者とのインタラクションが発生することもある
5. 旅行中でも持参したノートPCから、日記を更新することができる。FTPのときは設定が難しいすぎて諦めていたが、こちらはインターネット接続環境があればどこからでもできる

いいことづくめのようなブログであるが、実際にあらゆる時間にアクセスしてみると使えない時間帯があることに気づく。休日の夜9時半からは、アクセスが集中して、サイトを表示できないこともある。

キーワードは毎日更新すること、データベースとはそういうものである。

2005/1/8 Saturday

1/13『ビジネスブログの研究」

Filed under: - site admin @ 16:57

『ビジネスブログの研究」1/13、1/20

  • ブログとは何か
  • なぜ急速に流行ったのか
  • ブログのもつ大きな特長
  • 本当に使いやすいのか
  • 何ができるのか
  • ビジネスに向いているのか
  • ビジネスブログを公開している企業例
  • 企業として公開するためには

このような内容のセミナを実施しますので、ご興味のある方はお早めにお申込ください。
申込方法など

2005/1/7 Friday

情報感度

Filed under: - site admin @ 21:40

日経BPのビジネスイノベーター(要会員登録)でりんしこうさんが情報感度について連載している。情報におぼれず、流されず、センスを磨くにはどうしたらよいか。

『膨大な情報を集めていく中で、集めた情報は何に使われるのかを意識していくことが大切だ。

 個人の趣味で情報を集めるのならば、どのようなアプローチでもよい。しかし、それを有効に使えるようにするには、付加価値を付けていくことを意識しなければならない。すると、個人として集めた情報も利用価値が増え、やがて第三者の使用に耐えうるものになる。』

わたしの場合、感性の似ている人から参考にすることが多い。以前、イタリアサイトからブログを眺めていると書いたことがあるが、そこからのリンクを辿って行くと秀逸なサイトに出会う。彼が1つのフィルターになって、余分な情報を落としてくれるのだ。

siliconvalley.comにはコラムニストが3つのブログを書いていて、それがトップに紹介されている。ここを見ると、シリコンバレーで起きているホットな話が並んでいる。

2005/1/6 Thursday

Top 10 Web Companies to Work For

Filed under: - site admin @ 21:53

Digital web magazineNick Finck
2005年1月1日に発表したwebカンパニートップ10である。

1. Google
2. 37signals
3. Adaptive Path
4. Ludicorp
5. Amazon.com
6. Second Story
7. Yahoo!
8. Happy Cog Studios
9. frog design & Six Apart (a tie)
10. Cuban Council

ここから議論は始まって、だれに質問したのか、どうやって集計したのか、自分ならこんなベスト10を発表するなどと次々とコメントを書き込んでいる。
これに対してニックは誠実に応答しているが、さまざまな意見がでて、批判もされ、でも最後には分かり合ってクロージンクしている。わずか5日間のドラマだが、これがブログを読む愉しさなのだ。

本当にトップ10なのかは、すぐにはコメントできないが、ここに登場する会社を1つ1つじっくりと訪問してみたい。アメリカでの人々の何気ないやりとりや、どんなことが話題になっているのか知ることは、日本との距離を忘れさせる。

2005/1/5 Wednesday

Big Blog Boom

Filed under: - site admin @ 22:19

今日届いたSix Apart Professional Network を見ていたら、Pew/Internet research report の記事が紹介されていた。

これによれば、米国では成人のインターネット利用者1.2億人のうち、その7%がブログまたはwebベーズの日記を作成している。27%の人がブログを読んでおり、これは2月時点での17%を大幅に更新し、2004年終わりには3200万人がブログの読み手になるということを意味している。

さらに5%のインターネット利用者はRSS収集系すなわちXMLリーダーを使ってニュースやブログから配信される他の情報を読んでいる。

この記事は今朝の日経BP「米国ブログ読者数、9カ月で6割増の3200万人」、米調査でも取り上げていたが、まちがいなく2005年はブログが飛躍する年である。

昨年末に BOXERTALK の小川浩さんが2005年のBlogビジネスの予想をしていたが、それによれば

1. 企業サイトがBlogフォーマットを続々と採用する

社外に広く公開している、企業のWebサイトは、大企業の場合であればCMS(コンテンツマネージメントシステム)を使って制作されているか、Web制作会社に制作や運営を委託しているケースが多い。こうしたサイトは、続々とBlog化する。

-中略-
1000万円以上する高価なCMSとあまり変わらない機能を持つBlogソフトを使えば、サイトの更新の簡便さや、RSS対応、自動的にアーカイブ作成、読者とのコミュニケーション機能といった優れたパフォーマンスを備えたWebサイトを手に入れることができる。これに目を付けない企業は無い。

ということである。

だれでも使うことができるものを、ビジネスに結びつけ、収益が出る構造にするには柔軟な発想が必要だと思う。

webよりも簡単なブログ作成

Filed under: - site admin @ 22:05

知合いの女性が2月開業のために、日々準備に追われている。その奮闘記をblog で公開しているのだが、予想したものとは別のものがアメリカから送られてきても落ち込んだりしないで、オリジナルの商品化を実現している。

BlogならHTMLもタグも、デザインも知らなくても、ちゃんと自分の意見を発信することができるのだ。すばらしいと思った。webページ作成に挫折した人も、ブログで再チャレンジしてみませんか。

2005/1/4 Tuesday

本年もよろしくお願いいたします

Filed under: - site admin @ 17:19

2005年が始まった。毎日、アメリカの最新状況を見ていると愉しいこととたくさん出会う。一週間でどんどん新しい情報が入ってくる。アメリカのサイトを眺めていると、速さや勢いが感じられる。

一方、日本ではどんな状況だろうか。
Nikkeibp.jp編集長の田邊 俊雅さんが、新年のあいさつでこう語っていた。

また2004年は、blogとRSSが広く認知された年でもありました。この両者によって、ネットメディアを取り巻く環境は激変した、と言っても過言ではないと思います。nikkeibp.jpでも、blogテクノロジを利用した連載を既に何本か始めています。「楽天消費動向研究所」や「ロック、あの頃、そして今」などがそれです。blogとRSSは、今後ますます広まっていくでしょう。

ブログを語るには自分もブログを始めないとその面白さが分からないのかもしれない。

さて、そのblogであるが、定義するとどうなるか。あまりにあちこちで語られ尽くしているが、ここではこんなふうに定義したい。

Blog、あるいはweblogとよばれるものは、インターネット上のオンライン・データベースである。それは特定の話題ついてフォーカスした情報が基本になっている。これらの情報は、アーカイブされており、トピックスごとに簡単に検索することができる。

ここで大切なことは3つある。

  • 毎日新しい情報が提供される
  • インターネット上の情報をこまめに見てまわった情報がある
  • 特定の話題にフォーカスしたもので、情報を簡単に検索できる
  • その結果、次のような要素が重要になってくる。

  • 人々が毎日来て読みたいと思う
  • 人か話題か何かしらの求心力がある
  • これらの特徴を活かしたものが、ビジネスブログとなりうる。

2004/12/31 Friday

XPLANEのブログ

Filed under: - site admin @ 20:04

XPLANEは、1993年にセントルイスで設立された The visual thinking company である。主な仕事はコンサルタントなのだが、クライアントには米国有名企業が名を連ねている。

ここでもブログが用意されているが、面白いのは、ビジネス系デザイン系に分かれていることだ。もともとはデザインを重視したコンサルタントなので、こういうすみわけになっている。

アメリカのサイトの中でも上品にまとめられているので、つい見に行ってしまう。情報もカテゴリー別に分けられていて一目でわかり、むだがない。めざす方向が似ているので、いろいろと参考にさせていただいている。

2004/12/30 Thursday

Six Apart が提供するTypePad

Filed under: - site admin @ 22:25

Six ApartはBenと Mena Trott夫妻によって2002年にカリフォルニアに設立されたweblog toolを提供している会社である。老舗といってもいい。TypePad は同社の製品で個人向けにblog作成、写真管理などを行なうツールとして作られた。今まで個人向けにフォーカスしていたsix apartであるが、ブログの急速な発展に合わせ、ビジネス・ブログに対応するパッケージ・サービスを開始した。日本でも12月よりビジネス向けのTypePadを販売している。また、これに合わせてビジネス・ブログの情報ポータルサイトBlog on Businessも新たに開設し、ビジネス向けの支援を行なっている。

2004/12/29 Wednesday

米国のビジネスブログ

Filed under: - site admin @ 10:00

Business Blog Consulting is a site devoted to demonstrating how effective weblogs can be for communicating with customers and marketing to new customer prospects.

米国のビジネスブログについて調べていると、豊富な情報量に驚かされる。セミナ情報から、仕事のこと、自分のことに至るまで、コンパクトにまとめて情報提供をしている。そして、ブログがその形式にびったりとマッチしているのだ。

2004/12/28 Tuesday

映画のブログ

Filed under: - site admin @ 12:06

海猫という映画で、ブログを使って主催者が宣伝を行なっていた。ブログサイト自体はすでに終了しているが、キャンペーンのいくつかは有効な手法である。

試写会招待、ただし、gooブログを開設している方、ブログを持っていない方もこの機会にどうぞ、という案内がある。数は少ないがお客さまからのコメント、トラックバックもあって、今後の発展が期待できる。
umineko

2004/12/27 Monday

マーケティングの基本

Filed under: - site admin @ 21:14

Blogはアメリカから始まったのだから、最新動向についてアメリカのサイトをチェックするのが早い。Web Marketing Center で blog で検索すると 74件もヒットした。この中から面白そうなタイトルを斜め読みして、これだと思ったらじっくりと読み直す。中にはユーザ登録しないと読めない記事もあるが、それもお好みでどうぞ。

読んだ内容は情報のひとつであって、事実確認というか、さらなる分析は必要だ。マーケティングとは最終的に製品やサービスを売るために、お客さまを誘導させるようなところがある。データという数字もくせ者だ。報告者は選択してデータを見せることがあるから、新しい技術や動向について、こちらでも最低限の知識をもっていることが基本だ。

2004/12/26 Sunday

アメーバブログ

Filed under: - site admin @ 1:26

アメーバブログは、ランキング・システムをもった新しいブログサービス。気軽に自分のブログが作れるのはもちろん、ランキング上位の人気アメーバブログには賞金が与えられるのが特長です。

無料ブログはたくさんあるが、ランキングで賞金をゲットという売り方は面白い。作家ブログに知合いを発見する。編集長の山川健一氏は『「インターネットの感動をあなたの本棚に」を合言葉に、株式会社アメーバブックスという出版社をつくりました。「本と友達カフェ」は、アメーバブックスが作るblog雑誌(購読無料)で、このなかから単行本を出版していこうと思ってます。』と語っている。ブログを通して読者からの感想をもらい、書評つながりでもり立てていくのも楽しい。ブログを利用して本を宣伝するのだ。

書評がブログになっているサイトもあった。ふつうなら読んだ本の感想を載せた日記なのに、ランキングが表示されると、意気込みが違うだろう。

2004/12/25 Saturday

Blogger

Filed under: - site admin @ 12:27

The story of Blogger in 273 words

Blogger was started by a tiny company in San Francisco called Pyra Labs in August of 1999. …
Things were going well again in 2002. We had hundreds of thousands of users, though still just a few people. And then something no one expected happened: Google wanted to buy us. Yes, that Google.

We liked Google a lot. And they liked blogs. So we were amenable to the idea. And it worked out nicely.
なんて分かりやすくてすてきなストーリーなのだろう。

excite blog

Filed under: - site admin @ 10:07

Googleの設定はイタリア語にしたまま、『ブログ 最新』と入れて検索すると、トッブはexcite blog だった。
ブロガーズというのは、どのくらい通用することばなのだろうか。

2004/12/22 Wednesday

ビジネスブログの研究

Filed under: - site admin @ 14:18

日経イベント宛に『ビジネスブログの研究、いかにビジネス効果をあげるか』のセミナ要項を送る。自分が知り得たことを、いかに人にわかりやすく伝えるか、そこがいちばん大切だと思う。

知合いの講師の先生は3時間のセミナのために二週間くらいの準備期間をかけるといわれたが、そのくらいの覚悟がないとつまらない話を聞くことになる。開催まで後三週間だ。どれだけの資料が集められるか、それを加工できるか、ベストを尽くすつもりである。

会社勤めをしていたときは、社内プレゼンのために割けるのはわずか数日だった。それでも結果を出すために報告書をまとめたのだから、それに較べれば優雅なものである。ただし、正月休みは返上かもしれない。

2004/12/17 Friday

ビジネスブログのセミナ

Filed under: - site admin @ 22:30

スタッフと来年のセミナ計画について打合せをする。外資系半導体企業に23年いたキャリアを活かしたセミナとなると、やはり知っていることしかいえないので、インターネット関連、マーケティング関連の話になってしまう。

何が今いちばんホットなのか、何を知りたいと思っているのか、いろいろとブレーンストーミングした。お金儲けが主眼ではないので、受講された方に満足度が高いものがよいと思った。話しているうちに浮かんで来たのが、ビジネスログについてのセミナである。ずっと気になっていたものだから、もう少し探求して、時系列的に調べて、情報を整理してみようと思った。

情報を集めるのは比較的たやすいが、その中から必要なもの、あまり必要でないもの、いらないものに分けて、さらに再構成して分析するというのは、ある種のセンスがいる。
nBOX

2004/12/16 Thursday

社長の日記

Filed under: - site admin @ 22:20

古川亨さん マイクロソフト株式会社 執行役 最高技術責任者 11月28日より更新なし、真面目な方なので、しっかりと書きたいのでしょうね、それにしては忙しい過ぎる。

熊谷正寿さん GMO・グローバルメディアオンライン株式会社 代表取締役会長兼社長 11月18日より更新なし、くまがいさんの誠実な人柄がよくわかる。

livedoor 社長日記 堀江貴文さん、ほぼ毎日更新、アバターもあり、本の宣伝も多数。しっかりここでビジネスをしている。

山村幸広さん エキサイト社長、料理についてうんちくを傾け、11月2日にジャスダック市場へ上場。感謝の気持ちが溢れている。

2004/12/15 Wednesday

外資系ブログ

Filed under: - site admin @ 21:54

MSN Spaces–FREE、日本語版MSN スペース: MSN Spaces の 各サイトの容量は 10 MB です。ブログ (オンラインで公開する記事やその仕組み。多くの場合、オンラインの日記を書くために使ったり、気になったニュース記事などへの Web リンクを紹介するために利用されています (ウェブログ (weblog) の省略形)。 ) に投稿する文字ではサイトの容量を使用しませんが、ブログ記事またはフォト アルバムに追加した画像ファイルはサイトの容量を使用します。容量の上限を超えないようにするためには、定期的に古い画像ファイルを削除することをお勧めします。

Blogger(google): Create your Blog Now – FREE

What are the limits on my Blogger account? Note: Users of the discontinued BlogSpot Plus service have a slightly different set up. Since these accounts included full FTP access, they were limited to either 25 MB or 100 MB, depending on which type of upgrade they had. In these cases, if you fill up your allotted space with images or other files, then you may not be able to upload new posts. To get around this, you will need to remove unused files from the account in order to free up more space.

AOL Journals:
You can think of a journal, often called a “blog,” which is short for “weblog,” as a kind of dynamic home page. It’s a place in AOL where you can keep a diary on almost any subject, adding comments and commentary as you go. You can illustrate your Journal with pictures from YGP or Hometown, and you can let your readers know how you’re feeling–even what kind of music you’re listening to.
Guidelines

2004/12/9 Thursday

木曜倶楽部

Filed under: - site admin @ 20:12

第二回目はブログに関連してソーシャルネットワーキングシステム(SNS)を取り上げた。これらのソーシャルサイトは中にいる人からの招待で構成されていて匿名性が排除されていると言われているが、問題はなにも起こらないのだろうか。Mixiの中で知り合った人から仕事をもらったとか、旅行先で親切にされたとか、身近な人からは楽しい話しか聞かない。

2004/11/9 Tuesday

無料のブログ

Filed under: - site admin @ 21:36

ココログはniftyの会員なら無料で始められるが、それ以外だと月額263円、年間3156円が必要となる。無料で使えるディスクは30MBまで。有料版だと50MBまで月額450円、年間5400円。

ライブドアはデータ容量は無料サービスで30MB。100MBまで使える有料版は月額250円、年間3000円とココログを意識した価格になっている。

はてなダイアリーは無料だが、『ブラウザから簡単に更新や画像アップができるウェブ日記。日記中の言葉をキーワード化することにより、共有の辞書のように使う事も可能。2003年3月13日より正式リリース。Wikiがベース? 』と書いてあるが使える容量は不明、写真は1日1枚載せることができる。有料版もあって、月額180円(ポイントをコンビニなどで購入する)。

ウェブリブログ(BIGLOBE)は、BIGLOBE会員向けに無料で30MB、会員でない人もBIGLOBEカフェ(無料)に登録することで30MBまで無料で使える。

この30MBまで無料というのが現時点でのスタンダードになっているが、では、30MBでどんなことができるのか。文章を書き込む場合、それほど制限はないが、問題は画像である。デジタルカメラで取った写真が高画像のものだとそれだけで溢れてしまう。

掲載できるのは、gifやjepgに制限されている。自分のブログにたくさんの写真を掲載するために、画像の規定がきびしくない別のブログサイトを倉庫代わりに使って、リンクさせている人もいる。

JUGEM(じゅげむ)は現在、無料会員を受付していない。

2004/11/8 Monday

日本におけるブログ

Filed under: - site admin @ 15:41

NiftyのココログlivedoorBIGLOBEはてなダイアリーJUGEM(じゅげむ)、大手のブログサイトをのぞいてみた。ブログという概念をどのように捉えているのかを知りたかったのだ。アメリカで生まれたものは、日本に来て必ず変容する。日本人のもつ特性のようなものだ。控えめででも知的好奇心は旺盛の国民にとって、ブログはどんな意味をもつのか。各サイトではブログについて、独自の解説を付けていた。

共通項としては、だれでも手軽にできます と強調している。これまでHTMLを駆使してwebページを作ることができなかった人にとって、文章を打ち込むだけで、きれいなページができたら、それはすてきなことだ。新らしい表現の場がまた一つ増えることになる。

2004/11/7 Sunday

ブログとはなにか

Filed under: - site admin @ 15:43

ブログとはweblog の略で、Wikipedia によれば、Weblog(ウェブログ)の定義は多々あるが、その一つとして、一つ一つの記事でウェブページへのポインタを示し、それについてのコメントの集合としてのウェブサイトというものがある。そのほかの定義にしても、一つ一つの項目の集合体という認識では共通している。Web LogからWe Blogへと綴りを変えて、Blog(ブログ)とも略す。

それぞれの項目にはタイトルがつけられ、時間軸やカテゴリで投稿を分類する構造となっている。用途は広く、日記的なものから、手軽な意見表明の場として、時事問題などについて論説するものもある。そのため、ブログ界(Blogosphere)とも呼ばれる。

日本では、ブログといえば日記のことを指しているが、本来の使い方には時系列に参照するということがあった。アメリカの大統領選ではたくさんのblogが立てられた。ブッシュとケリーの両陣営とも新しいシステムによる闘いがあった。

2004/11/3 Wednesday

blog事始め

Filed under: - site admin @ 10:57

blogについて、もう少し総合的に考えてみたいと思った。いつも参照しているのはイタリア語のblogで、主にイタリア語の文章を勉強するためである。そんな使い方をしている人はあまりいないだろう。

blog というのはみんなが自由に書き出して始まったものだから、それをどう利用しようと制限はないはずだ。何にでも使えるものというのは、逆に使い方がわからない人が出てくる。このあたりをもう少し詳しく知りたいと思った。ブログの成り立ちや各企業の取り組み方を調べてみると、今まで、何気なく接していて、もやもやしていたものが少しだけ晴れたような気がする。

256 queries. 8.278 seconds. Powered by WordPress ME