仕事も人生も楽しむ、イタリア的生活

2010/6/15 Tuesday

夢中になれるもの、夢中で過ごす時間

Filed under: - site admin @ 1:06

140文字のツイッターは、ワールドカップの声援を送るに、手頃な長さだ。無駄なことは書かなくても、実況が伝わればいい。4年前のドイツ大会のときは、なかったのだから、考えてみれば不思議な話だ。

日本中の家庭がサッカーを見ていて、声援が聞こえた日韓共同大会から、8年になる。あのときは、昼間の試合なのに、高校の進路指導の三者面接と重なって、一試合、見逃してしまった。ベトナムのフエでは、従業員たちがテレビに釘付けで、料理がなかなか出てこなかった。

ドイツ大会のときは、試合経過をどうしていたのだろう。4年前のことなのに記憶は朧げである。初戦は薄氷を踏むような思いで、それでも勝利は勝利である。第二試合に、夢や希望を繋ぐ人も多いだろう。

4年に一度の大会のために、予選があったり、交流試合があったりして、人は夢中になれるものに飛びつく。夢中で過ごせる数時間があれば、あとは、多少眠くても仕事をすればよい。

2009/1/12 Monday

高校サッカー決勝戦@国立競技場

Filed under: - site admin @ 23:34

高校時代の同級生が集まって、サッカー観戦をしているが、この日は14名で参戦した。昨年は地元の千葉流通大が優勝したので、それなりに楽しかった。だが、今年は満足度の高い、よい試合を見せてもらった。

なにしろ、選手やチームことはまるで知らないのに、得点となったゴールのすばらしさ、精度の高さに驚かされる。一緒に見ていた仲間が、これは「ブラジル対イタリアの試合だ」という。鹿児島城西がブラジル、広島皆実がイタリア、奇しくもユニフォームは逆である。3-2と一点差で勝ったのも、イタリアらしい。皆実の守備はすばらしかった。

寒い中の観戦も、若い人々の走り回る姿を見ていると元気づけられる。

終了後は、ほぼ全員で新年会に移動する。龍樹といういつもの店で、美味しいものをいただき、別れた。来年もぜひ、参戦したいと思う。 

龍樹 (りゅうじゅ)[ 中華 ] 東京都渋谷区千駄ヶ谷4丁目19-12
電話 03-3479-3474

2008/12/7 Sunday

12/6ジェフ千葉、奇蹟のJ1残留

Filed under: - site admin @ 20:50

千葉市在住で、ジェフユナイテッド市原・千葉のファンです。五井の臨海球技場から観戦し、フクアリにも出かける。オシムが去っても、そして、最下位でも、千葉のサポーターは優しい。

そんな中、ついにJ2へ降格かと危ぶまれた最終戦の試合で見事4点を取り、土壇場で踏みとどまった。この日はうれしいメイルがあちこちから飛び交い、SNSの書き込みも400件を越えた。これでやっと新年が迎えられる。

(サンケイスポーツ - 12月07日 08:03)

 J1最終節(6日、フクダ電子アリーナほか=9試合)ミラクル残留だ! 千葉が0-2の後半29分から、12分間で1点を奪う大逆転勝利。自動J2降格の17位から15位に浮上し、J1残留を果たした。川崎に0-2で敗れ、17位に落ちた東京Vが1シーズンで自動降格。磐田は大宮に0-1で敗れて16位に下がり、J2・3位仙台との入れ替え戦(10日・ユアスタ、13日・ヤマハ)に回った。

2008/5/3 Saturday

千葉ダービー@フクアリ

Filed under: - site admin @ 23:45

朝から激しい雨が降っていたが、午後は細かな雨に変わっていた。今日は千葉ジェフと柏レイソルの試合、千葉ダービーの日だ。仲間六人と観戦する。今年のジェフは主力選手の移籍が続いたせいか、あるいは監督交代のせいか、まだ一勝もできていない。勝ち点2という、ぶっちぎりの最下位。

それでもサポーターはみな優しい。最後まで声援を送っていた。わたしも特製JEF帽子を冠り、みなそれぞれにテーマカラーで出かけたのに、今日も1対0の試合に泣く。ゴールまで向かうのにシュートできない。残留争いにならずにすむように、ファンとしてはなんとか流れを変えてほしいと思う。

2008/1/14 Monday

高校サッカー決勝戦@国立競技場

Filed under: - site admin @ 23:16

本日、成人式の良き日に、寒さにも負けず、高校サッカーの決勝戦に行ってきました。
優勝候補と騒がれていた初出場の流通経済大学付属柏高校と、5度目で37年ぶりの優勝をねらう静岡県立藤枝東高校

開始一時間前から千駄ヶ谷のホームは人で溢れ、すべてのチケットは完売。ダフ屋もいない試合である。かわりに若い男性が、並んで、チケット余っていたらくださいと、叫ぶ姿があちこちで見られた。三連休最後の日だが、熱気が違う。昨年は、こんなに混んでいなかったというから、千葉と静岡という近さもあるのだろう。

高校サッカーは、爽やかだ。日頃見慣れているJリーグに較べて、髪型も真面目だし、一生懸命走る。だが、神様は流経大柏に微笑んだ。4回の見事な得点。キーパーの気をそらせて、一気に押し込む。藤枝東もよいチームだが、流経大柏の方が、圧倒的に強い。すべての試合運びに余裕が感じられた。

寒い中、若い人が多いのは心強い。サッカーは頭脳のスポーツである。今や幼稚園から少年チームがあって、十年以上、修業してきた実力は相当なものだ。

終了後は、観戦チーム10名で新宿まで移動して、反省会および千葉ジェフの今後を議論する。

この店が美味しい。名物京風おでんと地鶏の店 とく一 03-3340-5557。

2008/1/4 Friday

仕事始めと高校サッカー

Filed under: - site admin @ 23:21

朝一番で郵便局に振込に行く。都心に向かう電車は結構混んでいた。仕事をしている人と、休みの人が半々くらい。まだ都内は正月が続いているようだ。福袋の狂騒とは無縁だったが、長時間並んで中身の分からないものを手に入れる勇気に感心する。

欲しいのはサッカー観戦の福袋かな。年間パスが当りに入っていたら嬉しい。年末から盛り上がっている高校サッカー、今年の目玉はなんといっても、都立三鷹だ。進学校でサッカーが強いというのは、すばらしい。明日の試合は市原臨海競技場、元JEFのスタジアムだ。

1/14の国立競技場での決勝戦には行くことにしているので、どんなチームが残っているのか、こちらも楽しみである。日本代表になるような選手が続々と誕生すればいいと思っている。

仕事始めは、海外サイトのチェックから。日本にいると、案外、アメリカからの情報が入ってこない。どこかでフィルタリングされているのだ。

2006/9/20 Wednesday

ジェフ千葉、2年連続でナビスコカップ決勝戦へ

Filed under: - site admin @ 23:32

ジェフ千葉は、ヤマザキナビスコカップ決勝戦に2年連続で進出。

決勝戦は11月3日(金・祝)に国立競技場にて、鹿島アントラーズと対戦する。ヤマザキナビスコカップの決勝戦は、Jリーグの主催試合となりま、チケット購入方法など詳細については、Jリーグ公式サイトをご参照ください。

前半2点リードで、楽勝ムードもあったが、たちまち同点にされ、厳しいゲーム展開となった。その中で延長後半 14分 阿部勇樹が貴重なシュートを決め、逃げ切った。これで文化の日が楽しみである。昨年も国立まで応援に出かけて、初優勝の感激を味わった。

27 queries. 1.177 seconds. Powered by WordPress ME